「100万回生きたねこ」のあらすじと感想&ラストの3つの解釈

「100万回生きたねこ」は、
幼い子供はもちろん
大人が読んでも感動できる
絵本です。

僕自身、感動しました。


今回は、そのあらすじと感想、
ラストシーンの3つの解釈を紹介します。

スポンサードリンク

ストーリー

あらすじですが、
主人公の名前は「ねこ」


彼は100万回も生まれかわりを繰り返していました。

ある時は王様に飼われている猫だったり、
船乗りに飼われていたり、
サーカス用だったり、泥棒だったり、
お婆さんに飼育されていたり。

100万人の人と共に暮らしました


飼い主になった人はいつもねこが好きで、
彼が亡くなる度に、
みんな悲しくて涙を流しました。

でも、ねこはただの一度も
飼い主を好きになりませんでした



そしてある時、
彼は初めて、誰にも飼育されていない「のらねこ」になりました。

立派なとらねこに生まれかわったため、
たくさんのメスねこ達が彼の元にやってきて、
仲良くしようとしました。


でも、彼が好きになったのは、
自分のことを見向きもしなかった白いねこ



彼等は両想いになって、
子供も育てました。

でもある日、
白いねこは静かに動かなくなりました。

彼は初めて涙を流し、
彼もまた、彼女の隣で、
静かに動かなくなりました。


そしてねこは、
もう生まれかわることはありませんでした。


スポンサードリンク

読んで思ったこと

僕が読んで感じたのは
いい意味で「寂しいな」という気持ちです。


心が温まると感じる人も多いでしょうから、
こう感じるのは少数意見なのかもしれませんけど、

「最後に愛を知ったねこは、
 生まれかわるのをやめちゃうんだな」
と思うと、
切ない気持ちが溢れてきました。


僕はこの作品を、大人になってから初めて読んだので、
子供が読んだり、子供の頃に読んだ事がある人とは
少し感じ方が違ったかもしれません。


子供はこれから成長していきますから、
多くの子は、序盤の主人公のような
「傲慢な自分」も経験する事でしょう。

もちろん、大人になったって傲慢になることは誰にだってあります。


でも、本気で誰かを好きになる経験をする前と後とでは、
この絵本に対しての見方も変わる
のではないでしょうか。

少なくとも僕は、
愛や恋を知る前の、幼少期にこれを読んでいたら、
今とは違う感じ方をしたと思います。


また、シンプルな内容であるだけに、
自分の人生の中で「命」に関わる、
どんな経験をしてきたか
(あるいはしなかったか)
によっても、

感じ方は大きく変わる作品でしょう。

スポンサードリンク

最後の場面の3つの解釈

ラストシーンは、
「白いねこと共に、ねこも亡くなり、
生まれかわりをやめる」
という展開ですが、

なぜ主人公はその選択をしたのか、
人によって意見が違うでしょう。


ここでは、3つの解釈を紹介しますね。


① 白いねこの居ない世界なら、
生まれかわる意味がないと思ったから。

作中の言葉で、

ねこは、白いねこといっしょに、
いつまでも生きていたいと思いました。

という言葉があります。

裏を返せば、
彼女の居ない世界に転生したって
毎日が虚しいだけかも
しれません。


彼女が本気で好きだったのなら、
他の誰かを本気で愛することはできないかもしれませんし。



② 初めて、自分のことを愛してくれた、
100万人の人間の気持ちがわかったから。

言いかえれば「精神的に成長したから」とも言えますね。

初めて涙を流す側の気持ちを知って、
100万人の飼い主のみんなに感謝ができた事で、
100万回の転生に意味を見出すことができたのなら、
「もう十分」と思えたかもしれません。



③ 最愛のねこを亡くして、
もう生まれかわる気持ちになれなかったから。

① と似ていますが、
これはもう少しネガティブな理由。


「もう彼女を愛せたから、
 生まれかわる必要はない」
みたいな悟りの気持ちではなく、

「もう生まれかわるのが辛い」
深い悲しみの中での決断だったのかもしれません。


上の2つと比べちゃうと
あんまりいい理由ではないかもしれませんけど、
僕がねこの立場で転生をやめるとしたら
この理由かもしれない(^_^;)




どれが正解かはわかりませんし、
どれも不正解かもしれません。

でも、それぞれの読者が思った解釈を
大事にしてほしいと個人的には思っています。




おわりに

海外の名作映画「スタンドバイミー」は、
「人生で2度観る映画」と称されているんですけど、
この絵本にも、それと同じことが言えそうです。


僕は残念ながら
子供時代には読んでいなかったのですが、
大人になってから読んでもそう感じましたし、
人生の節目でもう一度読みたい本だと思いました。


あらすじだけでなく
きちんと読んでみたいという方は、
ご購入されたり、
図書館で借りて読まれることをオススメしますよ。




以上です。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

「ヘンゼルとグレーテル」の全あらすじ。本当は怖い話だった?

グリム童話の代表作「ヘンゼルとグレーテル」の 全あらすじをまとめました。さらに、本当の原作で描かれていたとされる 少々怖い設定を

記事を読む

no image

「不思議の国のアリス」の全あらすじ&主要な登場キャラクターも紹介

100年以上不朽の名作として愛されてきた 「不思議の国のアリス」のラストまでのあらすじをまとめました。さらに、そこで紹介しきれなか

記事を読む

no image

「おむすびころりん」のあらすじ&異なる3つの結末

日本昔話の1つ 「おむすびころりん」の結末までのあらすじと、 ラストの異なる3つの終わり方をまとめました。忘れてしまった方、読ん

記事を読む

no image

「オズの魔法使い」ストーリーの全あらすじ&主要な登場人物を紹介

世界の名作文学「オズの魔法使い」の 物語の全あらすじと、主な8人のキャラクターを簡単に紹介します。今回紹介するのは、 映画の方で

記事を読む


Comment

  1. キキ より:

    私は読み終えて安堵と幸せを感じました。
    彼は最後とても幸せだったと思います。
    動物本来のあるべき姿、真実の生き方にやっとたどり着けたからです。

    • サイト管理人 より:

      キキさん、コメントありがとうございます。

      真実の生き方。
      なるほど、そうなのかもしれませんね。

      これだけ長く愛されている作品ですから
      きっと幸せだったと感じる人が多いのだと思います。

  2. にゃーん より:

    絵本を買い、作者の真意は一つに違いないと答えを探すため、数回読み返してみました。

    何度も
    「○○なんか きらいでした。」
    と書かれており、これがポイントだと当たりをつけました。

    ”ねこは他を愛する事が出来ないせいで成仏できず、何度でも蘇ってしまった”という設定なのでしょう。これが100万回も生きた理由。

    そして最後に白いねこと子供たちを愛する事でこの世でやるべきことを達成して成仏し、二度とこの世に戻ってくることはなかった。

    ”自分だけでなく、他人をも愛する事がこの世でやり遂げるべき事である”

    という作者のメッセージを表現したのがこの絵本なんでしょう。

    これ子供が読んで作者の意図がわかる訳ないだろ(笑)
    大人ですら意図を読み取るのが難しいのだから。

    ロングセラーに違わず、良い作品でした。

    • サイト管理人 より:

      にゃーんさん、コメントありがとうございます。

      >”自分だけでなく、他人をも愛する事がこの世でやり遂げるべき事である”
      たしかに、この解釈が一番しっくりくる気がします。
      「きらいでした」のくだりを考えれば、
      そういう意図なんだろうな、と納得しますね。

      絵本や児童文学でありながら、大人が読んでも難しい作品が時々ありますが、
      この作品が最たる例かもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑