顔のほてりの原因と、解消する2つの方法。「靴下を変える」など

顔が火照って
耳や頬が真っ赤になるのって嫌ですよね。

恥ずかしいし、
ニキビなど肌荒れの原因にもなるので。

スポンサードリンク

僕自身も、特に冬場は火照り顔になりやすく、
温度の高い部屋にいると
すぐに顔が赤くなってしまうのがコンプレックスでした。


でも、それって決して治らない症状ではないんです!

今回は、
顔が熱くなるその原因と、
2つの改善法についてまとめました。




原因は何?

まず、顔が熱くなる根本的な原因は、
体温を調整している自律神経の機能低下です。


簡単に説明すると、
体が熱を外に出そうとするために
毛細血管が拡張し、
血液の送りが活発化してしまうのです。

この場合は、
決して「血の巡りが良くなる」という話では無く、
むしろ巡りが良くない人が、
その場しのぎで血を送っているため
と考えて下さい。


僕もそうなんですけど、
顔が熱くなりやすい人の多くは、
手足の末端冷え性になりやすいのはこのためです。




何をすれば解消される?

で、ポイントは「どうすればそれが改善されるか?」ですが、

ズバリ根本的な方法としては、
お腹から下を温めること
です。


これは、
全身の血のめぐりが良くなるからです。



例えばですが、
お風呂のお湯って
熱いお湯が上部に来て、熱くないお湯は下に行きますよね?

あれって、熱い物の方が重さが軽くなって、
上に行きやすくなる
法則があるからなんです。

「水」を温めた「水蒸気」は軽く、
冷たくした「氷」が重いということを考えてもらえれば
もう少し分かりやすいかもしれません。


同じように、体の血液もまた、
放っておくと熱い物の方が上に上がってくる傾向にあります。


それを解消するために必要なのが、
体の下の方をきちんと温めるということ
なんです。



では、具体的に何をしていけばいいのか、
2つ紹介しますね。

スポンサードリンク

① 服装を変える

まずは服装を、
「上は薄着で下が厚着」にするとよいです。


一番大事なのは靴下

当然、体の一番下の部位である足もとが、
一番冷たくなりやすい場所です。

そこをしっかり温めるために、
できれば靴下を重ね履きしましょう。


理想は片足に付き4足以上重ねて履く事ですけど、
「さすがに4足は…」という人は、
2足からやってみてもいいですから、
とにかく今以上に足を冷やさない事を意識して下さい。



新しく靴下を買おうと思う人は、
5本指の天然素材の物を選ぶと良いです。


あまり知られていませんが、
特に夏の暑い日では無くても
毎日足からはコップ1杯以上の水分が出て行っています。

それをしっかり放出するためにも、
通常の物よりも5本指の方が、
ポリエステルなどの化学繊維は避けた方が、
より良い効果が期待できるのです。


また、スカートやハーフパンツなどはできるだけ着る回数を減らし、
腹巻きやももひきなどを内側に着るとよりグッドです。



② 半身浴をする

お風呂に入りすぎてのぼせた経験って
ほとんどの人がしていると思いますけど、
あれってほとんどの場合、
長時間全身浴をしている時になりますよね?


お風呂に長く浸かる事自体は体に良い訳ですけど、
全身浴を長くしてしまうと
上半身に血が上りやすい体質になってしまい

結果として火照り顔になりやすくなります。


なので、
できるかぎりお風呂は半身浴を心がけましょう。

15分以上が理想的ですが、
最初はもっと短くてもいいので、
まずは少しずつ習慣づけてみましょう。



とはいえ、冬の半身浴は寒く
風邪をひいてしまいやすいので、

全身浴も多少混ぜながら
お腹より上(胸部)は極力長く浸からせず、
お腹から下をしっかり温める
ことを意識して下さい。



僕もこれを続けているんですけど、
徐々にではありましたが
暖房の効いた部屋にいても顔がほてりにくくなってくるのを
実感できました。


いかんせん「体質改善」って時間がかかるので
明確な効果が出るまでにタイムラグがあるんですけど、
だからこそ長く続けて行くことが大切になります。


スポンサードリンク

まとめ

以上を簡単にまとめると、

・火照り顔は、血のめぐりが良くない人がなりやすい

・改善するためには、お腹から下を温めること

・上半身は薄着で、
下は靴下や腹巻き、ももひきなどを着用する

・半身浴も効果的


という感じです。



その他にも、
温かい物を食べたり、漢方薬を使ったり、
乾燥しないように保湿をしたりなど、
効果が見込めることはいくつかあるんですけど、

「お腹から下を温める」という知識が無いと、
それらも焼け石に水になってしまう
かもしれません。


是非、ここで書いたことを基本に
やってみて下さい。 

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

背中にしこりが!腫れて痛いその原因は?何科に行くべき?

背中にしこりができた時の 主な2つの症状の種類と、何科に診察に行くべきかを 紹介します。突然大きなできものができると

記事を読む

no image

顎のしこりができて痛い時は何科に行くべき?よくある症状も4つ紹介

突然顎にしこりができていたら 驚きますよね。顔や、顔付近にできたものだと、 外見的に気になりますし。今回は、 顎付

記事を読む

no image

セドナメソッド応用編。健康・人間関係に効果アリ!

セドナメソッドの応用編を紹介します。今回紹介するのは、 健康面と、人間関係をよくするための方法です。 是非お試しください。

記事を読む

no image

耳の後ろにしこりができて腫れてる。その原因は?何科に行けばいい?

突然、耳にしこりができていたら ビックリしますよね。そういう事に知識も無いと、 「これ大丈夫なの?」 とパニックになりますし。

記事を読む

no image

セドナメソッドのやり方と効果&実践し続けるためのコツ

セドナメソッドのやり方と効果を 簡潔にまとめました。さらに、 この方法を習慣化して実践し続けるためのコツも紹介します。

記事を読む

no image

ストレス度チェック。20の質問から健康状態を診断

ストレスがどれくらいかかっている状態なのか 20個の質問からチェックしてみましょう。初期に現れる症状と 慢性的ストレスの症状も4

記事を読む

no image

耳の中がかゆい3つの原因。アレルギーやイヤホンなども関係してます

耳の中が痒くなっているなら、 主な原因は3つほど考えられます。今回はその3つと、 簡単な対処法について説明します。主な原

記事を読む

no image

後頭部にしこり(こぶ)が!痛みがあってかたい。その原因と対処法

自分の体に突然異変が起きた時って、 結構パニックになりますよね。僕は、夜寝ようと枕に頭をつけようとしたら、 後頭部に明らかな違和

記事を読む

no image

首のしこりの原因を5つ紹介。何科を受診すべき?

体の中で、いくつか腫瘍ができやすい場所があるんですけど、 「首付近」のその1つなんです。その原因と、 どこの病院に行くべきかを解

記事を読む

no image

「喉が鳴る」原因3つとその治し方。呑気症などの病気かも?

喉が鳴りだして治まらない その主な3つの原因と、その対処法を紹介します。僕もこの症状にかかったので、 それもふまえてまとめてみま

記事を読む

no image

悪性の可能性のあるしこりの特徴。「○○だから良性」とは限らない

しこりができた時、 悪性かどうかが気になりますね。今回は、悪性かもしれない 腫瘍の特徴ついてお話します。ほとんどのし

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑