コブクロファン投票ランキング、3万人が選んだトップ10

約3万人が選んだ、コブクロのA面曲で好きな曲ベスト10。春の曲、切ないバラードなど、コブクロの王道とも言える曲もあり、逆に夏っぽい曲や、疾走感あふれる曲もランクインした。



1998年に結成し、
2001年にメジャーデビュー。
 
15年以上も音楽活動を続けているコブクロ。


2006年に発売されたベストアルバム、
「ALL SINGLES BEST」は、
累計売上枚数300万枚を超えるメガヒットを記録しています。
 
 
僕自身、
コブクロメジャーデビューした2001年からコブクロファンになり、
彼らの曲に泣いたり笑ったり、
勇気をもらいながら成長してきました。

 
2013年に、レコチョクが約3万人に実施したアンケート
コブクロの歴代A面シングルの人気楽曲」より、
トップ10を紹介します。

スポンサードリンク

コブクロの好きなA面シングルランキング

 

第10位 君という名の翼。

コブクロの歌は「春」「バラード」のイメージが強いですが、
これは青春時代の「夏」をイメージした「アップテンポ」な曲。

テンションを上げたい時や、
何かを頑張る情熱が欲しい時、
僕はよく聴いてます。
 
 

第9位 永遠にともに。

パートナーシップについて歌った曲。

相手と向き合っていこうと思う歌詞に共感を覚えたり、
実際同じような体験をした人も多いはずです。
 
 
以前、コブクロが番組の企画で、
新郎が新婦のために、結婚式にコブクロを呼んで、
永遠にともにを歌ってもらうという企画をやったのですが、

その新郎のスピーチでも、
「最近は仕事で忙しくて、週1日の休みも結婚式の準備に追われ」
という、1番の歌詞と同様の事を話していたのが印象的でした。
 
 

第8位 風(4.4%)

まだ肌寒い春の、
恋人との別れを綴った一曲。

まだ、コブクロが爆発的なヒットをする前の曲なので、
隠れた名曲と位置づけられることも多いです。
 
 
当時、僕の周りにはコブクロを聴いている人がいなくて、
「なんでこんないい曲聴かないんだろうなー」
と思っていました。
 



第7位 YELL ~エール~(4.6%)

コブクロのメジャーデビュー曲
門出に立っている人の背中を押してくれるような曲。
 
 
高校受験、大学受験の前日に、
この曲を何度も聴いて、
一歩前に出る勇気をもらったのを覚えています。
 
 
そういえば、4月の初旬、
バスに乗っていた時、

隣の高校1年生と思われる人が友達に、
「今日YELL聴いてきたさ!」
とこの曲の話をしていました。

門出の時期に聴くと、
勇気もらえるのは僕だけじゃないみたいです。
 
スポンサードリンク

第6位 轍-わだち-(5.1%)

ライブ感あふれるアップテンポな元気ソング

コブクロのライブでは、
ほぼ必ずと言っていいほど演奏されます。
 
 
2番の間奏終わりの、
「そんな~、時は~♪」
を何度も繰り返しみんなで大合唱してる時が、
 
「コブクロのライブに来た~!」
って一番思える瞬間です。




10位から6位まで。

全体的に、
「コブクロが好きなら知ってる曲」
が多かった印象です。


売上的にも、
大ヒット曲ではなく、
スマッシュヒットって感じの曲や、
ロングセラーが多かった印象です。


コブクロをこれから聴こうと思ってる人は、
知らない曲、そんなに聴いてない曲もあったかと思います。



第5位 Million Films(6.1%)


永遠にともにと両A面で発売され、2曲目に収録された
秋の優しさを感じる曲。
 
 
A面ではありますが、
2曲目なのでカップリング的な立ち位置でもある曲ですが、
ベスト5に入りました。


コブクロの曲の特徴の1つなんですが、
彼らは「シングルA面用の曲」「カップリング用の曲」
っていう計算がない場合が多いので、

シングルの2曲目、3曲目に、
ビックリするほどの名曲が入っていたりします。

これもその1曲ですね。


実際の結婚生活などは、
大変なことも多いと思いますが、
小渕フィルターを通してみると、
そんな大変な毎日さえも美しいものに感じてしまいます。
 


第4位 流星(7.8%)

 
ランキングの中では、一番新しい曲です。
 
 
上記でも、コブクロは春歌のイメージが強いと書きましたが、
この曲はひんやりした空気が伝わってくる冬ソング


また、
この曲の評価レビューを見ていると、
ドラマにすごくマッチしていて好きになった
という感想が多かったです。

竹野内豊さん、上戸彩さん主演の
「流れ星」というドラマを見た上でこの曲を聴くと、
一層歌の世界感が深まるかもしれません。

スポンサードリンク

第3位 ここにしか咲かない花(9.6%)


コブクロがブレイクするきっかけとなった曲
 
 
それまで、周りにコブクロを聴く知人がいなかったのですが、
この曲をきっかけに、
カラオケでコブクロを入れる人が多くなった印象があります。


曲調は今までにないくらい壮大な感じなのに、
歌詞は変わらず、身近なものを大切にしたいという優しさに溢れていて、

コブクロらしさを貫きながら、
たしかに成長した彼らを感じられる1曲。



第2位 桜(14.9%)


言わずと知れたコブクロの代表曲であり、
コブクロが「できちゃった結成」と言っている第一子のような曲。


3位の「ここにしか咲かない花」の次にリリースされた曲で、
1曲ヒットしたことで、メジャーシーン行きの『切符』は手に入れた。
 その切符でどこへ行くべきか
と考えたとき、

次に出す曲は、
原点の「桜」しか浮かばなかったと言います。


僕もインディーズ時代の桜から、
幾度も聴いてきましたが、
こんなにいろんな世代の、いろんな場面に寄り添えるような曲は、
そうそうないと思います。



第1位 蕾(21.4%)


小渕さんが、亡き母を想って作った曲
 
 
インディーズ時代のファーストアルバムにも、
「遠くで…」という母に向けた曲が収録されているのですが、

それから8年の時間が経ち、
そこから更に歩いてきた道のりと、
それによって強くなれた自分を綴った歌です。


僕はこの曲が発売される前、
正直、あまり期待してはいませんでした。

ここにしか咲かない花、桜という名曲が生まれ、
これ以上の曲をコブクロに求めるのはどうなんだろう?
とあまりハードルを上げないようにしていたのですが、

発売前、ラジオから流れてきたその曲を聴いて、
「発売日まで待てねえ~!」
というくらい感動したのを覚えています。

スポンサードリンク

まとめ


あらためて、
ランキングはこうなりました。
 

1位 蕾(21.4%)
2位 桜(14.9%)
3位 ここにしか咲かない花(9.6%)
4位 流星(7.8%)
5位 Million Films(6.1%)
6位 轍-わだち-(5.1%)
7位 YELL ~エール~(4.6%)
8位 風(4.4%)
9位 永遠にともに(3.8%)
10位 君という名の翼(2.6%)


参考サイト:http://pollsblog.dailynews.yahoo.co.jp/archives/261470/

 
 
知らない曲もあったかもしれませんし、
コブクロ好きなら、
「なんであの曲入ってないの?」
と感じるところかもしれません。



個人的には、おおむね納得な順位です。

コブクロ好きからしたら、
1位2位の「蕾」「桜」あたりはベタな感じもしちゃいがちですが、

それでも、本当にコブクロで好きな曲を選べと言われたら、
この2曲が上位に来るのは納得
せざるを得ません。


そして、コブクロが今ほどはメジャーになっていなかった頃の、
YELL」「轍-わだち-」「」なども入っているあたり、
分かってるねーコブクロファン!」って思いました。
(上から目線ですいませんm(_ _)m)


あと個人的には、
初期の隠れた名曲の「宝島」や、
ポップで優しい気持ちになれる「Blue Bird」なんかも、
入って欲しかったですけど。



ちなみに、
CDの累計売上枚数ランキングも、

1位 蕾(50.6万枚)
2位 桜(43.4万枚)
3位 ここにしか咲かない花(40.7万枚)


と、3位まで同じ順位でした。


CDが売れない時代と言われて久しい昨今なので、
長く活動しているミュージシャンは、

必ずしも
CDが売れてる曲=人気のある曲
とはならないのですが、

コブクロは、
人気曲ほどCDが売れるという、
シンプルな比例をしていますね。


インターネットが普及し、
着うたなどの便利なツールができても、
本当に心に響く歌は、CD・着うたなどのジャンルは関係なく、
欲しいと思うものです。



また、上位3曲とも「花」を比喩にした歌でもあります。


花という生き物が持つ、

冬の寒さを越えていける強さ、
どんな場所でも咲ける強さ、
柔らかさ、儚さ、個性を、

自分に照らし合わせながら聴ける楽曲ですね。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

音楽クイズ8問。有名なJ-POPに関する4択問題を紹介

有名な邦楽音楽に関する4択問題を 全部で8問用意しました。かなり有名な歌やアーティストばかり集めたので ほとんどの方は、4つの選

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑