コブクロファン投票ランキング、3万人が選んだ1~5位

2013年に、約3万人に実施したアンケート
「コブクロの歴代A面シングルの人気楽曲」
トップ5です。

(10位から6位はこちらで紹介しています。)

スポンサードリンク

コブクロの好きなA面シングルランキング

 

第5位 Million Films(6.1%)


永遠にともにと両A面で発売され、2曲目に収録された
秋の優しさを感じる曲。
 
 
A面ではありますが、
2曲目なのでカップリング的な立ち位置でもある曲ですが、
ベスト5に入りました。


コブクロの曲の特徴の1つなんですが、
彼らは「シングルA面用の曲」「カップリング用の曲」
っていう計算がない場合が多いので、

シングルの2曲目、3曲目に、
ビックリするほどの名曲が入っていたりします。

これもその1曲ですね。


実際の結婚生活などは、
大変なことも多いと思いますが、
小渕フィルターを通してみると、
そんな大変な毎日さえも美しいものに感じてしまいます。
 



第4位 流星(7.8%)

 
ランキングの中では、一番新しい曲です。
 
 
上記でも、コブクロは春歌のイメージが強いと書きましたが、
この曲はひんやりした空気が伝わってくる冬ソング


また、
この曲の評価レビューを見ていると、
ドラマにすごくマッチしていて好きになった
という感想が多かったです。

竹野内豊さん、上戸彩さん主演の
「流れ星」というドラマを見た上でこの曲を聴くと、
一層歌の世界感が深まるかもしれません。


第3位 ここにしか咲かない花(9.6%)


コブクロがブレイクするきっかけとなった曲
 
 
それまで、周りにコブクロを聴く知人がいなかったのですが、
この曲をきっかけに、
カラオケでコブクロを入れる人が多くなった印象があります。


曲調は今までにないくらい壮大な感じなのに、
歌詞は変わらず、身近なものを大切にしたいという優しさに溢れていて、

コブクロらしさを貫きながら、
たしかに成長した彼らを感じられる1曲。


第2位 桜(14.9%)


言わずと知れたコブクロの代表曲であり、
コブクロが「できちゃった結成」と言っている第一子のような曲。


3位の「ここにしか咲かない花」の次にリリースされた曲で、
1曲ヒットしたことで、メジャーシーン行きの『切符』は手に入れた。
 その切符でどこへ行くべきか
と考えたとき、

次に出す曲は、
原点の「桜」しか浮かばなかったと言います。


僕もインディーズ時代の桜から、
幾度も聴いてきましたが、
こんなにいろんな世代の、いろんな場面に寄り添えるような曲は、
そうそうないと思います。


第1位 蕾(21.4%)


小渕さんが、亡き母を想って作った曲
 
 
インディーズ時代のファーストアルバムにも、
「遠くで…」という母に向けた曲が収録されているのですが、

それから8年の時間が経ち、
そこから更に歩いてきた道のりと、
それによって強くなれた自分を綴った歌です。


僕はこの曲が発売される前、
正直、あまり期待してはいませんでした。

ここにしか咲かない花、桜という名曲が生まれ、
これ以上の曲をコブクロに求めるのはどうなんだろう?
とあまりハードルを上げないようにしていたのですが、

発売前、ラジオから流れてきたその曲を聴いて、
「発売日まで待てねえ~!」
というくらい感動したのを覚えています。
スポンサードリンク

まとめ


あらためて、
ランキングはこうなりました。
 

1位 蕾(21.4%)
2位 桜(14.9%)
3位 ここにしか咲かない花(9.6%)
4位 流星(7.8%)
5位 Million Films(6.1%)
6位 轍-わだち-(5.1%)
7位 YELL ~エール~(4.6%)
8位 風(4.4%)
9位 永遠にともに(3.8%)
10位 君という名の翼(2.6%)


参考サイト:http://pollsblog.dailynews.yahoo.co.jp/archives/261470/

 
 
知らない曲もあったかもしれませんし、
コブクロ好きなら、
「なんであの曲入ってないの?」
と感じるところかもしれません。



個人的には、おおむね納得な順位です。

コブクロ好きからしたら、
1位2位の「蕾」「桜」あたりはベタな感じもしちゃいがちですが、

それでも、本当にコブクロで好きな曲を選べと言われたら、
この2曲が上位に来るのは納得
せざるを得ません。


そして、コブクロが今ほどはメジャーになっていなかった頃の、
YELL」「轍-わだち-」「」なども入っているあたり、
分かってるねーコブクロファン!」って思いました。
(上から目線ですいませんm(_ _)m)


あと個人的には、
初期の隠れた名曲の「宝島」や、
ポップで優しい気持ちになれる「Blue Bird」なんかも、
入って欲しかったですけど。



ちなみに、
CDの累計売上枚数ランキングも、

1位 蕾(50.6万枚)
2位 桜(43.4万枚)
3位 ここにしか咲かない花(40.7万枚)


と、3位まで同じ順位でした。


CDが売れない時代と言われて久しい昨今なので、
長く活動しているミュージシャンは、

必ずしも
CDが売れてる曲=人気のある曲
とはならないのですが、

コブクロは、
人気曲ほどCDが売れるという、
シンプルな比例をしていますね。


インターネットが普及し、
着うたなどの便利なツールができても、
本当に心に響く歌は、CD・着うたなどのジャンルは関係なく、
欲しいと思うものです。



また、上位3曲とも「花」を比喩にした歌でもあります。


花という生き物が持つ、

冬の寒さを越えていける強さ、
どんな場所でも咲ける強さ、
柔らかさ、儚さ、個性を、

自分に照らし合わせながら聴ける楽曲ですね。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

音楽クイズ8問。有名なJ-POPに関する4択問題を紹介

有名な邦楽音楽に関する4択問題を 全部で8問用意しました。かなり有名な歌やアーティストばかり集めたので ほとんどの方は、4つの選

記事を読む

no image

コブクロ好きな曲ランキング、レコチョクが集計した6~10位

1998年に結成し、 2001年にメジャーデビュー。   15年以上も音楽活動を続けているコブクロ。2006年に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑