「不思議の国のアリス」の全あらすじ&主要な登場キャラクターも紹介

100年以上不朽の名作として愛されてきた
「不思議の国のアリス」ラストまでのあらすじをまとめました。

さらに、そこで紹介しきれなかった
主要な登場人物も補足で説明します。

スポンサードリンク

ストーリー

早速あらすじを紹介します。


① うさぎを追いかけていたら、不思議な国へ!

ある晴れた秋の日、
主人公のアリスは、お姉さんと一緒に
木の下で本を読んでいました。

するとそこに、
服を着たオスのうさぎが慌てた様子で走って行きました。

「あんなうさぎは初めて見た!」と思ったアリスは、
そのうさぎを追いかけることを決意


するとその彼は、
地面にあった穴の中に飛び込んで行きました。

好奇心旺盛なアリスも
すぐさまその後を追いかけます。


しばらく穴から落下し続けて、
勢いよく地面に落ちましたが、なぜか痛みは全くありません。

そこは洞窟のような場所で
ふと横を見ると、あのうさぎがまた走っていくのを見つけました。



② 体が小さくなり、うさぎを追い続ける

その彼を追ってみたものの、
次にあった入口のスペースがとても小さく
彼女の体では通り抜けることができません。


途方に暮れ、思いきり泣いていると
近くにビンに入った飲み物があり
「どうぞ飲んで下さい」という文字が。

試しに飲んでみると、
なんと彼女の体がみるみる小さくなっていきました。


彼女は、自分が泣いた涙の池に浸かり、
そこから上がると
またしてもうさぎが遠くにいたので、
それを追いかけました。



③ うさぎに化けもの扱いされてしまう

彼を追いかけて入ったとある家の中、
テーブルの上には、またしても飲み物が。

飲んでみると、今度は体が大きくなりました!


大きくなったため、家から出られなくなってしまったのですが、
それを見つけたうさぎは、
彼女を「バケモノがいた」と叫び、

近くにいた数人の動物たちと、彼女に小石を投げ付けたのです。


するとなぜか今度は、彼女はまた小さくなってしまいました。



④ さらに数々の不思議な出会いが!

慌てて逃げた彼女はキノコの裏に隠れました。

そこにいる青虫に大きくなる方法を尋ねたところ、
「キノコを食べると良い」とのこと。


早速食べてみると、
なぜか首だけがニョキニョキ伸びていき、
鳥達に蛇と勘違いされ威嚇されます。


もう一度キノコを食べたら元に戻りましたが、
その後も、ネズミ達の不可解なパーティに誘われたり、
トランプのハートの女王とクロッケーの試合をしたり、
不条理な裁判を見に行くことになったり、

不思議な体験を次々に行います。



⑤ 実は全部夢だった?

「アリス!起きなさい!」という声で彼女は目覚めました。

見ると、最初にいた木の下で、
お姉さんが彼女に声をかけてくれていました。



「さあ、お家へ帰りましょう」
そう言われて、彼女が家路につきました。

スポンサードリンク

個人的感想

僕が読んだ感想ですが、
「寝ている時の夢のような話だなー」という印象を受けました。

まさにお話のラストも夢オチだった訳で、
特に子供の頃、こういう不思議な夢って見るよなーっていうのを
僕は思い出しましたね。


「この設定が後で伏線になって出てくる」
みたいな、ち密に計算された類のものではなく、
特につじつま合わせなどは無いまま展開していくというのは
現代の作品だとあまり見ないスタイルなので

ある意味の新鮮さがありました。


登場キャラの「うさぎ」とか
結局何で急いで走っていたかもわからないし、
アリスがなぜうさぎ探しを執拗に続けたのかも「?」って感じだけど、
でもそのいい意味でのふわっとした感じが、このお話の良い所でもありますから。

文字で読んでいるのに、
理屈ではなく感覚で落としこんでいくこの感じ
僕は結構好きですね。


強いて言うならですが、
日本の作品だとジブリ映画の「千と千尋の神隠し」に
雰囲気が似ている印象
も受けました。

「和」か「洋」かの違いはもちろんありますが、
雰囲気で感じ取る作品って部分で。

スポンサードリンク

絵本には出てこない登場人物

上記のあらすじでは、
日本で発売されている子供用の絵本の物語を元に
「アリス」と「うさぎ」をメインに書きましたが、

当然あらすじ以外の部分では
細かく色んなキャラが登場してきます。

それらを紹介しますね。


① 「公爵夫人」と「チェシャ猫」

夫人は非常に態度が悪く、
赤ん坊のお守りを突然アリスに頼んで出ていったり、
横暴な言動が目立つキャラ。

チェシャ猫は夫人に飼われている猫で、
顔を分解したり、体のしま模様を動かしたりしながら、
アリスを混乱させたりします。



② ハートの女王

わがままで傍若無人な存在。

「わたしのパイを食べた」というだけの理由で
ハートのジャックという人物を重罪に処そうとしたりする、
こちらもとても横暴な言動が目立ちます



③ 「三月ウサギ」と「帽子屋」と「眠りネズミ」

作中に「狂ったお茶会」というものが開かれるのですが、
そこで出てくるのがこの3キャラ。

ウサギは、そこにありもしない飲み物を勧めてきたり、
帽子屋は「6時のお茶の時間」から出られなくなった存在で、
ネズミはティーポットに詰め込まれたりします。


抜粋して書くと
なんのこっちゃって感じですね(^_^;)

きちんと知りたい方は
是非ぜひ原作の本を読んでみて
下さいね。




終わりに

今でこそ「夢オチ」というものが
1つの定番のパターンとして定着していますが、
当時1800年代としては定着はしていなかったわけです。

僕は大人になるまでこの作品の詳細は知らなかったので、
ある意味で夢オチの原点とも言える物に触れられて
なんか妙な感動がありました。


「どうやってここから脱出するんだろう?」
と思っていたら、「しないんかい!」みたいな(笑)

いや、夢から覚めるってことをしたから、
一応脱出したことにはなるのか。




以上です。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

「ヘンゼルとグレーテル」の全あらすじ。本当は怖い話だった?

グリム童話の代表作「ヘンゼルとグレーテル」の 全あらすじをまとめました。さらに、本当の原作で描かれていたとされる 少々怖い設定を

記事を読む

no image

「おむすびころりん」のあらすじ&異なる3つの結末

日本昔話の1つ 「おむすびころりん」の結末までのあらすじと、 ラストの異なる3つの終わり方をまとめました。忘れてしまった方、読ん

記事を読む

no image

「オズの魔法使い」ストーリーの全あらすじ&主要な登場人物を紹介

世界の名作文学「オズの魔法使い」の 物語の全あらすじと、主な8人のキャラクターを簡単に紹介します。今回紹介するのは、 映画の方で

記事を読む

no image

「100万回生きたねこ」のあらすじと感想&ラストの3つの解釈

「100万回生きたねこ」は、 幼い子供はもちろん、 大人が読んでも感動できる 絵本です。僕自身、感動しました。今回

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑