アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた
アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。

引退後も精力的な活動をされています。

スポンサードリンク

ジム経営&キック興業運営

現在彼は、キックボクシングのジム
「アーネストホーストジム」を経営しています。

オランダに本拠地を置き
日本の名古屋に支部を置いているのです。


オランダ特有の立ち技を
あのミスターパーフェクトから学べるって
貴重な体験ですよね。


支部の名古屋と言えば
K-1MAXの佐藤嘉洋さんのジムもありますから
名古屋は東京近辺の次にキックが盛んな場所なイメージです。

日本の主要な場所で言えば、東京の次は大阪ですけど
長島自演乙選手はかつて大阪で練習していたのですが、
大阪だと練習相手がいなくて苦労していた話をしていたので
やはり2番は名古屋なのでしょう。



また、ホーストカップという
キックの大会も運営
しています。

上記の佐藤選手も自演乙選手も何度かメインイベントで参戦されていて
毎年盛り上がりを見せています。



佐藤vs自演乙というカードも組まれたのですが
MAXで見たかったけど見られなかったカードを組んでもらえて
僕としては大満足でした。


引退して、日本の格闘技人気が下火になってもなお、
一途に日本格闘技を盛り上げるため貢献している姿は
この人は本当に格闘技が好きなんだなーと感じさせてくれます

スポンサードリンク

2014年には現役復帰!

2006年にK-1のリングを降り
引退を表明したホースト氏ですが、
なんと2014年にリングに復帰しました。

復帰前のインタビューでは

「試合が決まって物凄く楽しみにしています。

またやれるのかどうかの自信はなかったが、
練習をやっていくうちに体はなまっていなかったので
今はリングに上がる自信があります」
引用:http://efight.jp/news-20140207_27925

と語り、意欲をのぞかせました。



それを見事勝利し、
2戦目の対戦相手はなんと、あのピーターアーツ

往年のレジェンド対決で、
見事ホースト選手が判定勝利。


全盛期のようなスピードやパワーは無かったかもしれませんが
卓越したコンビネーションの技術は健在でした。




終わりに

k-1全盛期には、数々の名試合がありましたね。

レイセフォー戦もジェノムレバンナ戦も白熱しましたし
レミーやシュルトに勝てなかったことには悲しさを感じました。


中でも爆発的な盛り上がりを見せたのは
2度のボブサップ戦
だったと思います。


ホースト氏は当時アトピーで
皮膚の状態が安定しない中での試合だったにもかかわらず、
あんな熱狂の試合をしてくれたのですから感謝感謝です。


見たことのない方、また見たい方は
是非DVDなどでご覧になってみて下さい。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手の 近年の活動をまとめました。2013年に行われた 高山選手とのリマッチについても書いています

記事を読む

no image

ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の 引退試合について・現在の活動・ それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さ

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

把瑠都(バルト)選手、格闘技転身!相撲時代の功績をまとめました

元大相撲力士で 総合格闘家に転身されたバルトさんの関取時代の功績や幕内での優勝経験、 横綱白鵬関との戦績などについてまとめました

記事を読む

no image

ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績また、彼の握力がどれくらい規格外なのか

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と 元K-1ファイターの魔裟斗さんの、格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

記事を読む

no image

京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン 京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。さらに、K-1で活躍していた頃の 僕が思う彼

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑