ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた
ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績

また、彼の握力がどれくらい規格外なのか
まとめました。

スポンサードリンク

キック&総合格闘技の戦績

K-1などの立ち技のリングで一躍脚光を浴びた彼ですが、
通算戦績は10勝12敗

総合は11勝18敗という結果。


2006年以降の戦績のみ言えば、
総合は19戦3勝16敗。
立ち技では0勝6敗。


かなり負け越している戦績と言えます。


ただ、僕の個人的感想を言わせてもらえば、
彼は、エンターテイナーとして我が道を進んでいるプロと言えると僕は思っています。



インタビューの中で彼はこう言っています。

「格闘技ビジネスにおける成功は収入が全てだと思ってる。

たとえたくさんノックアウトされても、
KO決着でエキサイティングできると思ったプロモーターは
試合を組もうとする
ものだ。」
引用:http://sadironman.seesaa.net/article/221358961.html



まさにその通りで、
彼は全盛期の2000代初頭の頃と同じくらい
試合数をこなしている時期もあったほど。

「1週間で3試合」という、
格闘技の常識からすると「マジ?」という強行スケジュールで
試合をしていた時もあるのです。

それでも、地方の小さなイベントで
サップ選手が登場してくれるとなればチケットも売れますし、
彼に勝ったとなれば、勝利した相手選手の知名度もアップする訳ですから
彼は彼の役割を果たしていると言えます。



日本の試合でいえば
元ボクシングのチャンピオンの西島洋介さんという方の
引退試合も相手を勤めていましたし、

プロレスでは、K-1MAXの日本王者の
長島☆自演乙☆雄一郎選手とも対戦。


どちらも相手選手が勝利していますが
「サップがやる」となると、どんな決着を見せてくれるのか楽しみ
思わず見てしまいます。


一番最近試合をしたのは2014年12月31日。

アントニオ猪木さん主宰のIGFというイベントで
アステカイザーという選手と対戦しました。

スポンサードリンク

現在の4つの活動

一般的には「ザ・ビースト」という言葉の通り
リングで派手に試合をしているイメージが強いと思いますが
それ以外にも彼は色々活動をしています。


① 引退した選手の支援活動

格闘技というスポーツの都合上、
どうしても試合の後にダメージが残る場合があります。

そういった選手の支援を積極的に行う姿勢を彼は見せているのです。

ともに同じ時代を戦った
ゲーリー・グッドリッジ選手やアレクセイ・イグナチョフ選手などの
サポートを主に行っています。



② 催眠術

今は日本だけでなく、韓国のメディアに出演する機会が多く、
そこで催眠術を披露する事がたびたびあります。

催眠術って、メンタリストのDAIGOさんのような
シュッとした感じの人がやるイメージなのですが、
(あくまでも僕のイメージです)

彼ほど体の大きな人がそれをやると
ギャップがあって面白いですね。



③ 動物行動学を学ぶ

自宅でも猫や大きな犬を飼っていますし、
動物は大好きなんだそう。

小型の動物だけじゃなく大型の動物のお世話も
あれだけ大きな恵まれた体を持っていれば
有利に働くでしょうね。



④ 格闘技団体の広報部長

2015年5月より「ROAD FC」という韓国の総合格闘技の団体で
国際広報部長に就任

前述でも書きましたが
韓国でもタレントとして知名度がありますし
日本でもアメリカでも知られている存在なわけですから

自分自身の知名度も使った広報というのは
まさに適任だと思います。

スポンサードリンク

握力がすごい?

インタビューによると彼の握力は
「調子がいいと右は90kg。普段は大体85〜88kgくらい」
とのこと。

20代の成人男性の握力の平均が48くらい。
女性だと28程度が平均です。

そう考えると、
90って相当すごいですよね。


なお全盛期は98kgまであったそうです。

さすがはビースト。
もうすぐ100に届きそうってケタが違いますね。




終わりに

2000年代前半、
アーネストホースト選手に2度も勝利したり
総合ルールでノゲイラ選手をあと一歩のところまで追い込んだり
規格外のパワーを見せてくれてました。

アンディフグさんがいなくなってから
なかなかK-1の顔と呼べる外国人が少なかったのですが
彼の登場で一躍格闘技人気が再浮上しました。

曙選手との大晦日の試合は
紅白の視聴率を超えるという快挙
も成し遂げましたし
日本格闘技界を盛り上げてくれてありがとうという気持ちです。


これからも格闘技に深く関わっていってもらえてら嬉しい限りです。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と 元K-1ファイターの魔裟斗さんの、格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手の 近年の活動をまとめました。2013年に行われた 高山選手とのリマッチについても書いています

記事を読む

no image

把瑠都(バルト)選手、格闘技転身!相撲時代の功績をまとめました

元大相撲力士で 総合格闘家に転身されたバルトさんの関取時代の功績や幕内での優勝経験、 横綱白鵬関との戦績などについてまとめました

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む

no image

アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。引退後も精力的な活動をされています。ジ

記事を読む

no image

京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン 京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。さらに、K-1で活躍していた頃の 僕が思う彼

記事を読む

no image

ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の 引退試合について・現在の活動・ それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さ

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑