把瑠都(バルト)選手、格闘技転身!相撲時代の功績をまとめました

元大相撲力士で
総合格闘家に転身されたバルトさんの

関取時代の功績や幕内での優勝経験、
横綱白鵬関との戦績などについてまとめました。

スポンサードリンク

2012年1月場所、優勝

力士時代の名は、把瑠都凱斗(ばると かいと)さん。
総合格闘家としての名前は、ホーヴェルソン・カイド選手。


彼は身長198cm、体重(関取時代)189kgという恵まれた大きな体で
大相撲時代、素晴らしい功績を挙げてきました。

まず、昇進するまでのスピードがとても早かった
というのが特徴の1つとして挙げられます。


初土俵からたったの8場所のみで新十両に昇進したのですが、
これは当時、小錦(こにしき)氏と並ぶ3位タイという
スピード出世
でした。


そして2012年の初場所で、
最終日に白鵬関に1敗を喫したのみの
14勝1敗という、圧倒的な戦績で幕内優勝を飾りました。


やはり、大関まで上りつめた人というのは
持ってるものが違います。


総合格闘家としてのキャリアはまだ浅い訳ですが
関取時代の「スピード出世」という経験を聞くと、
MMAでも飲み込みが早く、どんどん上達していけるのではないかという
期待が持たれます。

スポンサードリンク

横綱白鵬に3度勝利したパワー

強さの代名詞とも言える「白鵬関」に対し
彼は3度の白星
をとっています。

通算戦績でいえば白鵬関の方が勝っているのですが(3勝25敗)、
それにしたって、並みの人が横綱に勝てる訳は無いのですから
3度も勝ったという実績は本物です。


彼の大きな武器は「体格」と「体力」
体も大きいですし、途中でバテてしまうということがほとんど無いのです。

握力は90を超えていて、
2014年の年末に行われた腕相撲をするテレビ番組では
元プロ野球の清原和博さん、K-1のジェノムレバンナさんに対し
数秒で腕相撲で勝ってしまうパワーがありました。


それだけの圧倒的な力があれば、
他の競技に転向しても、大きな武器になることは間違いありません。




終わりに

事実だけでいえば、角界から総合に転向し
大きな団体でチャンピオンになった選手は
僕が記憶する限りまだ出てきていません。

それだけに、これだけ恵まれたものを持っている彼が
どのくらい活躍してくれるのか、
とても楽しみです。


相撲だけでなく、柔道のバックボーンもあり、
18歳の時にジュニアで優勝
した経験もあるのです。

本当に格闘技が好きで
チャレンジ精神が旺盛な方なんですね。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績また、彼の握力がどれくらい規格外なのか

記事を読む

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む

no image

京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン 京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。さらに、K-1で活躍していた頃の 僕が思う彼

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と 元K-1ファイターの魔裟斗さんの、格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

記事を読む

no image

ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の 引退試合について・現在の活動・ それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さ

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手の 近年の活動をまとめました。2013年に行われた 高山選手とのリマッチについても書いています

記事を読む

no image

アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。引退後も精力的な活動をされています。ジ

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑