ポケモンのリメイクレッド・グリーンの4つの変更点、バグの改善など

ゲームのリメイクって結構出ていると思いますが、
いろいろな点が変更するので、
ためらうことってありませんか?

その逆に、変更してくれて、
より遊びやすくなった・楽しくなったということもあると思います。

スポンサードリンク

今回は、
ゲームボーイ版の、初代ポケットモンスター赤緑(青ピカチュウ)と
ゲームボーイアドバンスのファイアレッド・リーフグリーンの、
ソフト・ハードが変更したことによる違いを4つ紹介します。




1.映像の綺麗さ

ポケモン赤緑は、
1996年にゲームボーイソフトとして発売されました。

ファイアレッド・リーフグリーン(FR・LG)は、
それから8年後2004年に、ゲームボーイアドバンスソフトとして発売。


やはり、8年の時間差があると、
ゲーム映像は相当進化しています。

アドバンスも、
3DSの映像美と比べてしまえば月とスッポンかもしれませんが、
それでも、綺麗な映像でやりたいならリメイク版を選びましょう


まあ個人的には、
GB版の、あの何とも言えない殺伐とした雰囲気も好きなんですけど。



2.バグが少ない

初代赤緑シリーズは、
バグが多いことでも有名だったりします(^_^;)

当然といえば当然ですが、
そういう事はほとんど起こらないようになりました。
(とはいえ、ちょっとはあるのですが)


でも、ミュウを出現させる裏技など、
バグがあったからこそ良かった事もあったと思います。

その裏技がなければ、
ポケモンは全部で150匹で、
ミュウとミュウツーが闘う映画も作られなかったかもしれませんから。
(そんなことはないか?)

スポンサードリンク

3.ゲームキューブソフトと連動

赤緑シリーズでは64の「ポケモンスタジアム」シリーズが連動していましたが、
リメイク版は、ゲームキューブ
ポケモンコロシアム」「ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア」と連動。


ポケスタ同様、
テレビゲーム上で育てたポケモンの対戦ができますし、
ダブルバトル(2 vs 2 バトル)も可能。


さらに、ストーリーモードもあるので、
「ポケモンXD」のエンディング後には、

GBAで育てたモンスターを、
物語の世界に連れてくることもできます。




4.3DSなどのソフトにも連れて行ける


ポケモンの醍醐味の1つは、
育てたポケモンを他のソフトに連れて行くことだと思いますが、
残念ながら、ゲームボーイシリーズのポケモンは、
GBA以降のソフトに連れて行くことはできません。


逆を言えば、
GBA以降のモンスターもゲームボーイ版の方には行けないので、
分離した世界のどっちが良いか決めておいた方がよいでしょう。


リメイク版であれば、
3DSのソフトに連れて行くことも可能です。


ただし、
ワイヤレスアダプタ・アドバンス用通信ケーブル・ゲームキューブの連動ソフト
のどれかが必要ですし、
ルビー・サファイアや、DSのソフトを経由する必要があります。




やはり8年という時間差があるだけに、
良くなかったところは改善され、
新しい要素が随所に詰め込まれています。


なので、機能性だけを考えればリメイク版が良いと思いますが、
個人的には「どっちも捨てがたい」って感じです。

初代をやっていた方が、
「故郷に帰って来た」みたいな安らぎもあるのでね。


つまるところ、
新しいワクワク感が欲しいならリメイク版が良いですし、
変わらないものに触れたいなら初代が良いと思います。

やる気のある人は、
初代をやってからリメイク(またはその逆)をやって、
違いを肌で感じてみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

他のシリーズとは違う空気感の赤緑シリーズ

「リメイク版も赤緑シリーズの1つ」と考えると、
現在6バージョンのポケモンシリーズが出ているのですが、

赤緑シリーズが一番好き」って人は多いと思いますし、
僕もこのシリーズが一番好きです。


理由は人それぞれ、
「一番最初にやったポケモンだから」とか、
「ポケモンといえば151匹」など、
色々あると思いますが、

個人的に、
(リメイク版も含めて)赤・緑シリーズが他の5シリーズと一番違うと感じるのは、

時間という概念がないことです。



その事について、
畠山けんじさん・久保雅一さんの著書、
「ポケモン・ストーリー」の中で語られています。

ポケモンセンターって、
普通のRPGでは宿屋になるんですよ。

で、なんで宿屋にしないでポケモンセンターなんだ
っていうのがあったんです。

そうしたら、田尻さん(ポケットモンスター原案者)は、
あれは少年の夏の日の1日のお話なんだっておっしゃったんですね。

自分が子供の頃、
夕暮れになると非常に淋しくなった。
夜になるのが非常に悲しい。
遊んでた時間が、永遠に続けばいいのにって思うんですよ。

それをポケモンで表現したかったって言うんですね。

だからあれは、実は夜がないんですね。



金銀バージョン以降、昼・夜の概念ができたので、
夜しか出現しないモンスターなども出てきて、
やり込み要素が増えたわけですが、

逆を言えば、
ずっと昼の状態なのは初代シリーズしかない訳で、
あの、ずっと夏の1日が続くような空気感が僕は好きです。


世界を救うとかそんな大それた目的じゃなく、
夏休みに自転車を漕いで
遠くの公園や、隣町に遊びに行くような、
ちょっとワクワクする冒険の続きを感じられるので。


どんどん新しく面白い要素を取り入れているポケモンシリーズですが、
夜がなかったり、行ける地方の数が少なかったりする、
要素が少ないからこそのメリットもあるのではないでしょうか。




まとめ

以上をあらためてまとめると、

・映像が綺麗になっている

・バグが大幅に修正されている

・ゲームキューブソフトと連動

・他のソフトにも連れて行くことができる

という感じです。



今回はソフト・ハードが変更したことによる違いを紹介しましたが、
もっと具体的な、
ゲーム内容の違いについては別の記事で書きました。

よかったらこちらから見てください。


その他ポケモンの関連記事一覧

以上です。
読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ポケモン「コジロウ」過去のエピソード4つ。すごい家柄だった!?

ポケットモンスターの敵役、 コジロウの過去のエピソードについてまとめました。また、原作者の方のロケット団への想いも 合わせて紹介

記事を読む

no image

ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

日本での累計売り上げ本数1300万本以上、 世界では4600万本以上という、 世界一売れたゲーム、初代ポケットモンスター。すごい

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲完全版序盤のセリフ集、我ハココニ在リの名言も紹介

ミュウツーの逆襲、映画館で上映された本編も素晴らしいですが、完全版の序盤部分と 続編の「我ハココニ在リ」まで見ると、物語の

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想&6つの魅力

僕はこの映画をよく見るんですが、 何度も見返してる人は多い と思いますし、初見で見たばかりの人には、 いつか見返してほしい作品

記事を読む

no image

「ニャースのあいうえお」でしゃべるようになった由来があった

アニメのポケモンのニャースが 言葉を話せるようになった理由についてまとめました。アニメでの展開上の理由と 脚本家の立場からの理由

記事を読む

no image

ホウオウとルギアは「昼と夜」がモチーフ?製作者の言葉から考察

ポケモンの金銀や、 ハートゴールド・ソウルシルバーを象徴するポケモンの、 ホウオウとルギア。彼等2匹の「関係性」について 知っ

記事を読む

no image

ポケモンショック事件の原因について&ポリゴンのアニメでのその後 

ポケモンショック(ポリゴンショック)と言われる騒動の その原因、その後のポリゴンのアニメとの関わり方 についてまとめました。また

記事を読む

no image

おはスタのレイモンドの現在。ゾナー・番長・ジムナスひかる等も

おはスタに出ていた人で 「あの人は今どうしてるんだろう?」 って方々が、何人かいらっしゃいます。特に印象的だったのがレイモンド。

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:アニメ無印編9問。比較的簡単な4択問題

アニメポケットモンスターの無印編に関するクイズを 9問用意しました。4択問題なのでそこまで難しくはありませんが そこまで簡単でも

記事を読む

no image

スーファミの名作のおすすめソフト5つ。アクション系など

スーパーファミコンの中で 「今やっても面白い」 と思うソフトを、厳選して5つ紹介します。紹介するのは ・アクション

記事を読む

no image

ポケモン赤緑、リメイク版とGB版の4つの違い。技の増加など

「ポケモン赤緑シリーズをもう一回やりたい!」 って衝動に駆られた人、 多いんじゃないかと思います。僕もその一人です!ミュ

記事を読む

no image

「おはスタ」山ちゃんが卒業。その19年の歴史をまとめました

約19年間、山寺宏一さんが司会を務めたおはスタの歴史を 僕の感想を交えながら簡潔にまとめました。また、番組をやる上で掲げていた山寺

記事を読む

no image

ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性。 この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて 印象が薄くなっ

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

ポケモン金銀2つの違いと特徴&ホウオウとルギアの技も解説

ポケモン金・銀バージョンの それぞれの違いや特徴を2つ紹介します。さらに、ホウオウ・ルギア、 最初の御三家の、チコリータ・ヒノア

記事を読む

no image

ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

ポケモン映画「水の都」を見て、 「オシャレな街並み!」と思った人、 多いのではないでしょうか。内容はもちろんですが、 映像の美

記事を読む

no image

ポケモンのカラカラとガラガラの泣ける話。骨のお面やお墓について

シオンタウンのイベントにあった、 カラカラとガラガラの悲しい話、 覚えているでしょうか?初代ポケモンで 一番怖い部分かもしれま

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:難しい上級問題10問。初代ゲーム&アニメ無印編

ポケットモンスターの 赤緑青ピカチュウ版と、無印編のアニメに関するクイズを 全部で10問作りました。難易度はかなり高めに設定して

記事を読む

no image

「ポケモン無印編」を視聴できるAmazonビデオの、料金や利用方法など

サトシ・カスミ・タケシが旅をしていた 279話までの無印編がAmazonビデオにて配信開始!その料金や視聴方法、 また神回と言わ

記事を読む

no image

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察。アイツーについてなど

僕がこの映画を観に行ったのは、 サトシと同い年の10才の時。以来、定期的に見返しては、 大切なものを再発見できる映画です。

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑