彼の気持ちが知りたい時、確かめるべき3つのポイント

好きな人と両想いになりたい!
片思いをしている時、誰しもが思うことです。

闇雲に玉砕覚悟で突っ込んでいくのは怖いことですし、かといって、チャレンジしなければ何も起こりません。


今回は、
片思いの彼がどれくらい自分に気がありそうなのか、チェックすべき3つのポイント、
そして、
片思いをしない人の3つの特徴を紹介します。

スポンサードリンク

彼の気持ちを知るポイント


① 彼から連作先を聞いてきたか

相手から連絡先を聞いてくるということは、
少なからずあなたに興味を持ったということ。
ただ、だから絶対恋愛に発展できるということではなく、「最初のハードルはクリアした」ということです。

連絡先を聞くかどうかというのは、
彼があなたと一生関わらなくてもいいと思ったかどうかの見極めになります。


もちろん、聞きたいけど草食系男子で聞けなかったという場合もありますから、一概に聞かれなかったから脈がないとは言い切れません。
ただ多くの場合、相手は自分に興味がないのだけど、自分からデートに誘っても、彼から「また会いたい」という連絡が来る可能性は低いです。



それを確認するためにも、気になる人が現れたら、別れ際ギリギリまで、自分からは相手の連絡先を聞かないというスタンスを取るのも1つの方法ですよ。

スポンサードリンク

② 彼のことが好きだとバレてるか

残念ながら、彼が好きだという自分の気持ちを知られているのに付き合ってくれない状態なら、脈がある可能性は低いです。


好きがバレることによって、相手に好意を持ってもらいやすくなるというメリットがあります。
誠実な関わり方で、自分のことを好きと言われたら、多くの人は嬉しいものです。
その勢いで、相手を好きになってしまうこともあるものです(特に、女性との縁が少ない男性はその傾向にあります)。

ただ、それでも好意的な反応がないということは、本当に興味を持っていないのかもしれません。



また、恋愛的に好きじゃなくても、下心ゆえに態度が変わる男性も中にはいます。
そういう意味でも、
貴女の気持ちを知ったうえでの行動なのか、という部分も見極める必要があるのです。



③ 距離が縮まりそうなのか

恋愛にはいくつかの段階があります。

たとえば、
顔見知りの段階なのか
→友達というほどではない知人なのか
→がっちり友達なのか
→友達以上恋人未満なのか
→恋人なのか

です。

1つずつ距離を縮めようとした時、彼がそれを受け入れてくれるかどうかで、
彼があなたにどの段階での関係を望んでいるかが分かります。


いきなり一足飛びに「顔見知り→告白!」としても、成功確率は低いでしょう。
1つずつステージをクリアしようとしながら、「この段階を受け入れてくれるのか」「もっと仲良くなってもいいのか」を見極める努力をしてみましょう。

相手の気持ちがある程度察せるはずです。

スポンサードリンク

片思いをしない人の3つの特徴

片思いをせず、両思いの恋ばかりしている人には、3つの特徴があります。
それは

1. 彼がどういうタイプでどんな性格の人なのかを正確に把握できる
2. 彼が自分にどのくらい脈があるのかを正確に把握できる
3. 自分に脈がない人にたいして自然と興味や関心がなくなる


引用:大好きな人がどんどん好きになってくれる本 ANNA著



もう少し短く言うと、
「付き合えるかが正確に分かり、無理だったらすぐに引ける」状態であることです。

恋愛をすると、自分の気持ちばかりが膨らんでいってしまいがちですが、
一方で「彼は自分と合うのだろうか」という視点でも見れるようになると、いけるかどうかの判断がしやすくなります。

それを重ねていくことで
「この人は自分と合うだろう」という嗅覚が研ぎ澄まされ、両想いになれる確率が上がっていくのです。



とはいえ、誰しも最初から上手くできるわけではありません。

例えば、バスケ部のあこがれの先輩がいても、そこから徐々に距離を詰める方法なんて中々浮かびませんよね。
ただ遠くから眺めていても、いきなり告白をしても、よほどの魅力ある人でない限りはOKはもらえません。


失敗を重ねながら、少しずつ上達していくのは恋愛も同じなんです。

     

まとめ

以上を簡単にまとめると

・彼の気持ちを知るポイントは、彼から連作先を聞いてきたか

・自分の好きが相手にバレているか

・距離を縮めることを受け入れてくれるかどうか

・両想いになりやすい人は、付き合えるかどうかが分かり、無理なら引ける人


です。



恋愛をしていれば、上手くいくこともあれば、当然上手くいかないこともあります。

どのくらいの脈があるかを見極め、行くなら行く、無理なら諦めるという選択をはっきりとれるようになりましょう。



参考文献:大好きな人がどんどん好きになってくれる本 ANNA著

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

記事はありませんでした















Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑