幽遊白書の躯:過去のエピソードや飛影との関係から、人気理由を推察

幽白の中で躯が好き!って人、
多いと思います。

登場シーンは多くないんですけど、
少ない場面の中に
不思議な魅力を感じました。

スポンサードリンク

今回は、むくろのキャラクターの特徴について
性別や4つの特性、
さらに4つの「二面性」についてまとめました。




性別はどっちなの?

まず性別の確認ですが、
これはそのまま女性です。


最初は覆面での登場で、
一人称も「オレ」なので、
始めは男だと思いますし、

女の姿が出た後も、
「ホントに女?」ってなりますよね。
女性で間違いないです。


なぜなら、作者の冨樫義博氏が、
「飛影が付き合うならどんな人だろう?」
というコンセプトで作ったキャラクターなので。


いわゆる普通の女性という感じではない訳ですが、
飛影と接していく中で、
女性的な面も色々出ていて、
魅力的です。




彼女の4つの特性

ムクロには4つの内面的特徴があります。


① 傷付いた少女

彼女の育ちはあまりハッピーなものではありませんでした。

魔界を支配できるくらい強い存在なのに、
どこか儚い印象を受けるのは、
この過去の傷が関係しているのでしょう。



② 反逆者

年に一度(誕生日近辺)、
昔のトラウマを思い出して荒れたりという
部分がありましたが、

きっとそれは、
① の「傷付いた少女」を未だ癒し切れていないためでしょう。


それを癒したのが、
飛影の氷泪石(ひるいせき)だったのだから、
運命的な話です。



③ 孤独なリーダー

躯には、77人の直属戦士を率いる
リーダー的ポジションにいる訳ですが、
それでも僕は、
彼女に「孤独さ」を感じました。


前述の通り、
飛影の恋人のイメージとして躯が生まれた訳ですが、
僕が、この2人に近しい匂いを感じました。

それは、
「一匹狼」のような生き方をしているから。


2人とも、たくさんの仲間がいるし、
頼りにもされています。

それでも、
孤独の寂しさをそっと分け合うような
緩やかな温かさ
を2人の間から感じるのです。



④ 乙女

自分と幽助が闘った時、
幽助につくであろう飛影の心理に対して、

ちょっとそいつが羨ましい

と言った彼女に、
ちょっと分かりづらいけど、
乙女の一面があるなーと思いました。


強さでは圧倒的に2人よりも上にいる訳で、
「お前ら俺の足もとにも及ばねえよ」
って一蹴したっていいところなのに、

そこに、強さだけでは計れない嫉妬心を抱いてるところが、
何とも言えず可愛いです(^o^)丿

スポンサードリンク

4つの「二面性」

ムクロの登場シーンは決して多くはありません。

セリフの量だけを考えれば、
単なるモブキャラの一人として片付けられても
おかしくない程度の露出度だったのですが、

今なお根強い人気がある理由の1つは、
印象に残る「ギャップ」があるからでしょう。


僕が感じた、
彼女の4つのギャップ(二面性)をまとめました。


① ミステリアスと素直さ

前述でも書きましたが、
登場シーンは覆面姿で、
一人称は「オレ」。


あんな怪しい感じで出てきたにも関わらず、
徐々に内面を紐解いていくうちに、
こと飛影に対しては、
「素直」な彼女の一面が垣間見えます。



② 美しさと醜さ

コミックス18巻で、
飛影に対して見せたのは、
キレイな姿

「女だったんかー」というツッコミと共に、
「み、右側こえー」とツッコみたくもなる、
大きな見た目のギャップ


でも、その穏やかな表情と飛影への想い。

そして、

「今ではこの右半身はオレの誇りだ 治す気もない」

という、悟りにも似たセリフから、
見た目だけでは計れない「美しさ」を感じ取れます。



③ 優しさと怖さ

勝負を行った飛影に対しての、
意識を通じてのやり取り。

「生きろ飛影」

という言葉。


氷泪石の癒しをくみ取ったようなそのやり取りに、
大きな優しさを感じる半面、

怒った時は超怖いですね。



④ 強さとかわいさ

最強とも言える強さは言わずもがなですが、
躯に「かわいさ」を感じるのって僕だけでしょうか。

いや、そんなはずはない、
みんな感じてるはずだ<(`^´)>


嫉妬してる場面もそうですし、
強さの裏側にある心の弱さとか、
一人で立とうとしているのに、
結局誰かの手を借りているところとか、

ツンデレという表現が正しいのか分かりませんが、
大きな魅力の1つです。




まとめ

以上の推察を簡単にまとめると、

・性別は女。飛影の恋人のイメージで生まれたキャラ

・内面的特性は、
 「傷付いた少女・反逆者・孤独なリーダー・乙女」の4つ

・「ミステリアスと素直さ」「美しさと醜さ」
 「優しさと怖さ」「強さとかわいさ」など、
 色んなギャップがある


という感じです。



冨樫作品の女性キャラは、
なんとも形容しがたい独特の魅力を持った人が多いイメージ。

特に躯のこの独特な感じは、
今なお魅力的です。


浦飯幽助が、
魔界トーナメントという提案で、
黄泉の部下は相次いで辞退したにもかかわらず、

躯の直属戦士は、
78人全員が参加表明
し、
特に辞退者が出たという事は書かれていません。


恐らくですけど、
この78人のうちのほとんどが、
躯を好いていたのだと思います。
(変な意味じゃなく)


本質は一匹狼のようなのに、
周りには人が集まってくる。

幽助とはまた違う
「人に好かれる才能」も感じます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

幽遊白書の幽助、蛍子へのプロポーズや、覚醒時の性格からキャラ考察

浦飯幽助って、 幽白の中ではあまり人気ないですけど、 魅力がたくさんあります。今回は、幽助の魅力について、 色々書いてみました

記事を読む

no image

仙水忍と樹の人格から2人の内面を考察&好きなセリフ8つ~幽遊白書

仙水と樹の関係って、 とても独特でしたよね。バトル漫画としてきちんと成立しているんだけど、 ラブな要素もあったり。今回は

記事を読む

no image

幽遊白書の強さランキングベスト15。主要キャラのみで選びました

幽遊白書の登場人物たちの 強い奴ランキングを 独断でつけてみました。「こいつとこいつならどっちが上?」とか、 考えると面白いで

記事を読む

no image

幽遊白書の最終回までのあらすじを「魔族との関係」という観点で見る

幽白を全巻呼んでいる人の多くは 感じているでしょうが、最初の方と最後の方で、 同じ作品とは思えないくらい 方向性が変わってまし

記事を読む

no image

幽遊白書の蔵馬の性格4つの特徴、妖孤時とも比較、幽助との違いなど

蔵馬が人気の理由って、 見た目のキレイさや戦闘の強さだけでは無く、内面的な魅力が大きい と思うんです。もちろん、人気

記事を読む

no image

幽遊白書の雷禅とくだくすしの妻女の関係を考察。幽助とは親子?

マンガ家、冨樫義博さんが描く女キャラに、 不思議な魅力を感じてしまうのは 僕だけではないはずです。「いい女ってこういうこと」を感

記事を読む

no image

幽遊白書の雷禅の旧友・喧嘩仲間たち、強さの順位付けなど

幽白の終盤に出てきた、 雷禅の超強い友人たち。「最後の最後に強い奴ら登場しすぎだろ」 「こんな強い奴ばっか出たら、戸愚呂の立場は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑