おはスタのレイモンドの現在。ゾナー・番長・ジムナスひかる等も

おはスタに出ていた人で
「あの人は今どうしてるんだろう?」
って方々が、何人かいらっしゃいます。

特に印象的だったのがレイモンド

スポンサードリンク

朝の頭が回らない時に、
陽気によく分かんないことをしてる黒人の人は、
やっぱり印象に残ります。


今回は、
他にもゾナー・おはスタ番長・中村名人などなど、
当時の方々の近況について、
色々まとめてみました。




十数年経っても相変わらずの陽気さ

画像などではちょこちょこ
誰かのブログ等に登場していたりしたのですが、
動画で2014年のレイモンドを見れたのは嬉しかったです。

それがこの動画↓

イマクニ氏のアイスバケツチャレンジの動画に、
突然出てきた!!!


恐らく、
「イマクニ氏も知らなかったホントのサプライズ!」
って訳ではなく、
演技でやっているのでしょうが、

そのおふざけ感も含めて面白い。
ちょっと温かい気持ちになりました。


そして、こんな感じのことを
いい年して(失礼)笑ったり驚いたりしながら
はしゃいでる2人の変なおじさんに、
変わらない少年っぽさを感じました。



最後にレイモンドが、
「また10年ぶりくらい!」
って言ってますから、
多分10年ぶりくらいの再会だったんでしょう。


別に、
プライベートでも仲が良い
って訳じゃないんですね。

そこは少しだけ残念。


あと、大人の事情で無理なのかもですけど、
次のアイスバケツは山ちゃんに回してほしかったなw



ちなみに、別の記事でも書いたんですけど、
現在レイモンド氏は、
ダンスの振り付けとレストラン経営をしていて、

ツイッターもやっています。
(アカウントはこちら

たまにしかツイートしないですけどね(^_^;)

スポンサードリンク

その他の出演者達の近況は?

初期のおはスタと聞いて、
まず浮かぶのは山ちゃんとレイモンドだと思いますが、
他にも個性的なキャラの人達が色々出ていましたね。


ミサイン団こと雨上がり決死隊や、
よゐコーンことよゐこ、
英語の発音を教えてくれたベッキーなどは
今も頻繁にテレビで見かけますけど、

ほとんど見かけないから
今がどんな感じか分からない人もいます。


その方々が気になるところですので、
6人ほど紹介します。



① イマクニ?

まずは動画で登場したイマクニ氏。

僕は、レイモンドだけでなく、
イマクニ氏を映像で見たのも久々だったので
嬉しかったのですが、


そんな彼は
グラフィックデザイナーや、
イラストレーターをされています。

というか、
黒タイツ着ていた当時から
すでにやってた
みたいですけど。



元々「おはスタ」自体が、
小学館がメインで協力している番組で、

そこと関係のある人が
子供にもウケるようなキャラクターで
登場するというのが初期の頃の主流でした。


で、
彼はポケモンカードのデザイナーをやっていたので、
その流れで「ポケモン言えるかな?」
を歌う流れになった訳です。



そういや、
「ポケモンかけるかな?」という曲を
歌っていたのも彼ですもんね。

ある意味プロの犯行(?)だった訳ですな。



ちなみに、ツイッターもやっていて、
(アカウントURLはこちらから
こちらは結構まめにツイートされています。


あと、
奥さんと娘さんがいて、
仲良く暮らしているようです
(日記などを読む限りでは)。




② ジムナスひかる

覚えてらっしゃるでしょうか?

「ジムナスティック」というコーナーで、
マクドナルドのドナルドと一緒に踊っていた
「ひかるクン」というちょっとマッチョなお兄さんを。


一時期は月曜レギュラーとして
後半の山ちゃん達のコーナーにも出演していました。



彼は元々「田中光」という体操選手で、
アトランタオリンピックにも出場していました。

現在は、
会員制の体操クラブのインストラクターをされています。

他にも、
大学客員教授をしたり、
執筆活動をしたりしています。


「0才からはじめる母と子の1分体操」など、
体操に関する子供教育の本も出版

マルチな人ですね。



イマクニ氏と違って、
元々がまともな人だと思うんですけど、
(イマクニをバカにしてる訳じゃないよ(^_^;))


当時は「ドナルドと序盤に踊ってる人」
ってイメージで、
ドナルドがなんかメイクとかが
ちょっと怖くて変な感じだったので、

そのギャップもあって、
「なんか真面目そうな人」ってイメージが
当時から僕はありました。




③ トム・バイヤー

「トムさんのサッカーテクニックス」というコーナーで、
ボールのコントロールの技術などを教えていた
外人のおじちゃんです。


現在も当時と変わらず、
少年少女達にサッカーを教えていました。



サッカーや体操は、
ワールドカップやオリンピック競技で、
絶えず需要のあるスポーツですけど、

それをずっと継続してるというのは
素直にすごいと思います。



ちなみに、
彼をおはスタに出演しないか誘ったのが、
誰あろうレイモンド
なのです。



番組内でサッカーのテクニックを教える
ワンコーナーをやる企画が持ち上がった際、
「トムをそのコーナーに使ってくれ」
と頼み、それが実現
しました。


日本に住んでいる外国人同士で、
そして、レイモンドの著書に書いてあったのですが、
レイモンドもまた、
「子供の教育」にすごく関心のあった人で、

個人的な予想ですけど、
サッカーを通じて子供を成長させようとしているその姿勢に共感し、
オファーを依頼したのではないでしょうか。




④ 中村名人

特別おはスタをメインに活躍してた人ではないですけど、
定期的に番組内で
ヨーヨーのデモンストレーションをしていたのが印象的でした。


2001年にヨーヨーのオンラインショップを立ち上げ、
2005年以降は、一般企業の会社員をされています。


ネットだと、
一時代を築いた人がそのジャンルから離れると、
「落ち目」的なことを言われがちですけど、

個人的には、
名人がヨーヨーに対して仕事を起こした
そのチャレンジは素晴らしいと思いますし、

赤字になっても無理に頑張るよりは、
「名誉ある撤退」をした方が健全な選択だと思います。



そして、
現在もヨーヨーのイベントには、
ゲストとして登場する事も多々あり、


僕が見た時は、
90年代にチャンピオンだった
「ワープスピード」ことアレックスガルシアと共演していました。


思わず、
同年代の友人とスカイプをしている時に、
その時の映像を紹介しちゃったくらい嬉しい共演でした。




⑤ 番長

学ランでおなじみの「おはスタ番長」は、
出演年数も長く、
約7年もの間番組に出続けていました。


彼の本名は「松風雅也」さんで、
声優業をメインに活躍されている方です。


近年の出演作品だと、
ハンターハンターの、キルアのお兄さんのイルミをはじめ、
ヨルムンガンド・ダンガンロンパ・コードギアスなどでも
声優を務めています。


あと、
彼のブログを読んでいて感じたのは、
プライベートでもすごく「漢(おとこ)」に憧れてる人なんだなー
としみじみ思いました。

BOOWYや長渕剛さんが好きな人で、
その魅力を熱弁してたりしたので。


彼をテレビで見ていた時僕は小学生でしたけど、
小学生ながらに番長を見ていて、
「こんなキャラやらされて嫌じゃないのかな?」
なんて余計な心配をしていましたが、

そんな心配は必要なく、
まさにハマり役。
元々ああいう気質の人なんですわ!!
(…それは言い過ぎかな?(^_^;))




⑥ 怪人ゾナー

ちょっと怖めのメイクで、
陽気になぞなぞを出してくるお兄さんってイメージです。


本名は「森久保祥太郎」さん。

当時から「レッツ&ゴー」シリーズのミニ四ファイターや、
「超速スピナー」の主人公、
「ミュウツーの逆襲」の子役のミュウツーなど、
子供向けアニメの声優をしている人でした。


山ちゃん然り番長然り、
おはスタは声優さんの起用が多いんですね。

当時は気付かなかった。


現在も声優業をメインに活躍されていて、
ナルトや薄桜鬼・ペルソナ4などに出演しています。




おわりに

レイモンドをはじめとして、
当時番組に出ていた人達の多くは
今も別の分野だったりで活躍されています。

当時は僕は子供だったので、
「おはスタに出てくるちょっと変な人達」
というフィルターでしか見ていませんでしたが、
それぞれ何かしらの関連があって出ていたのですね。


また、当時は分からなかった大人の苦労なんてのも
ちょっとは分かるようになりました。

そういった部分を踏まえて彼等に触れてみると、
また違った感情が芽生えてきます。


もし興味を持たれた方は、
これを機に彼等の活動に注目してみてはいかがでしょう。


以上です。
ありがとうございました。 



関連記事
「おはスタ」山ちゃんが卒業。その19年の歴史をまとめました

おはスタのレイモンドの事件の噂と、その信憑性についてまとめてみた

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ポケモン初代の最強パーティ6匹はこれ&ミュウツーが強い3つの理由

初代ポケットモンスター151匹の中で 最強だと思う6匹のパーティを紹介します。また、伝説のモンスターである ミュウツーの3つの強

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

タケシがポケモンを降板した理由・再登場シーン・ブリーダーについて

アニポケを見ていた人で、 タケシを知らない人ってまずいないです。一時的に抜けたりはしたものの、 1997年から2010年までの約

記事を読む

no image

ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

日本での累計売り上げ本数1300万本以上、 世界では4600万本以上という、 世界一売れたゲーム、初代ポケットモンスター。すごい

記事を読む

no image

ポケモン裏話4つ、金銀編より。サカキの息子についてなど

ポケモンの都市伝説や裏話などを4つ 個人的に特に良いと思ったものをまとめました。金銀シリーズでの設定を集めたので、 読んでみて下

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:初代ゲーム編10問。比較的簡単な4択問題

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウバージョンに関する クイズを10問用意しました。すごく簡単な訳ではありませんが 超むずでもない

記事を読む

no image

ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

ポケモン映画「水の都」を見て、 「オシャレな街並み!」と思った人、 多いのではないでしょうか。内容はもちろんですが、 映像の美

記事を読む

no image

ポケモン裏設定6つをアニメから厳選。サトシのママ・父親の話など

アニメ版ポケットモンスターの裏設定を6個まとめました。個人的に「へえ、そうだったんだ」と 思えるものだけを厳選しました。で

記事を読む

no image

「おはスタ」山ちゃんが卒業。その19年の歴史をまとめました

約19年間、山寺宏一さんが司会を務めたおはスタの歴史を 僕の感想を交えながら簡潔にまとめました。また、番組をやる上で掲げていた山寺

記事を読む

no image

芸能クイズ9問。人気ドラマ・映画・俳優さんに関する4択問題

人気ドラマ・映画・有名な俳優さんに関する 芸能クイズを9問出題します。4択形式ですので その中から選んで答えてください。

記事を読む

no image

おはスタのレイモンドの事件の噂と、その信憑性についてまとめてみた

ネット上で、 「レイモンドが事件を起こした」的な噂が流れてますね。どんな噂か知らない方もいると思うので、 その内容と、信ぴょう性

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:難しい上級問題10問。初代ゲーム&アニメ無印編

ポケットモンスターの 赤緑青ピカチュウ版と、無印編のアニメに関するクイズを 全部で10問作りました。難易度はかなり高めに設定して

記事を読む

no image

カスミのポケモンの手持ち・年齢など。ジムリーダーの話も

ポケモンのヒロインといえばカスミ って思う人、結構多いんじゃないかと思います。無印時代のポケモンを見ていた人にとって、彼女は外すこ

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」キスはカノン?それとも?

ポケモン映画「水の都」のラストの キスシーン。あれはカノン?それともラティアス? って疑問に思いませんでしたか?公式に出

記事を読む

no image

ポカリスエットCM出演者一覧。綾瀬はるか・たけしなど

当初から、2015年現在までの ポカリスエットのCMの出演者をまとめました。30年以上放送され続けているポカリスエットのCMも、

記事を読む

no image

「ポケモン無印編」を視聴できるAmazonビデオの、料金や利用方法など

サトシ・カスミ・タケシが旅をしていた 279話までの無印編がAmazonビデオにて配信開始!その料金や視聴方法、 また神回と言わ

記事を読む

no image

ポケモンショック事件の原因について&ポリゴンのアニメでのその後 

ポケモンショック(ポリゴンショック)と言われる騒動の その原因、その後のポリゴンのアニメとの関わり方 についてまとめました。また

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、 ミュウツーの逆襲。今見返しても シビれるセリフがいっぱいです。

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲完全版序盤のセリフ集、我ハココニ在リの名言も紹介

ミュウツーの逆襲、映画館で上映された本編も素晴らしいですが、完全版の序盤部分と 続編の「我ハココニ在リ」まで見ると、物語の

記事を読む

no image

「ニャースのあいうえお」でしゃべるようになった由来があった

アニメのポケモンのニャースが 言葉を話せるようになった理由についてまとめました。アニメでの展開上の理由と 脚本家の立場からの理由

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑