幽遊白書の強さランキングベスト15。主要キャラのみで選びました

幽遊白書の登場人物たちの
強い奴ランキング
独断でつけてみました。

「こいつとこいつならどっちが上?」とか、
考えると面白いです。


今回は、メインのキャラクターのみで、
モブキャラ(主に雷禅の旧友たち)は除外して選びました。

まずは、ざっと15位から11位まで。

スポンサードリンク

15位~11位


15位 陣

蔵馬に鍛えられる前の暗黒武術会時で判定しました。

同程度の戦闘力のキャラに、
酎・死々若丸がいますけど、

トーナメントでは、
酎のチームよりは上位の扱いで組まれていましたし、

幽助が霊丸を決めた後、
「できれば寝ててくれ」と思ったほどですから
あたま0.3個分くらい陣が上かなと判断。



14位 鴉

蔵馬との戦いを見る限り、
妖孤に戻った蔵馬相手でも、
そこまで引けを取らないくらいの戦闘力
だったので、
(やや妖孤の方が分があったと思うけど)

少なくとも陣よりかは、
幾ばくか上だと思いました。



13位 戸愚呂兄

純粋な戦闘能力自体はかなり高いと思いますし、
ほぼ不死身でいられる特性も長所だと思いますが、
あんまり頭のいい闘い方をしていなかったのでこの順位

ただ、登場人物の中で、
かなりの外道なので、
誰だろうが容赦しないという意味では結構怖い存在かも。

まあその分、
桑原や蔵馬や弟の怒りを買ってしまい、
かませ犬になってしまいましたけど(^_^;)



12位 幻海

死々若丸を圧倒しているので、
トーナメント序盤で闘った相手との間には
かなりの差があると思います。

お婆さんの状態でなら、
鴉よりは下かもしれませんが、
少女幻海なら普通に勝つと思います。


戸愚呂兄も、
若かりし頃の幻海は強かったと認めています
から、
この順位になるでしょう。



11位 桑原和真

そして11位が、
永遠のわき役(?)桑原。

主人公達が居なければ相当できる奴なんですけど、
引き立て役に回されています。


僕は、若かりし頃の幻海よりも、
終盤の桑原の方が上
と判断しました。

3対1とはいえ、
仙水相手に結構生きながらえてましたし。



さて、
ここから10位です。

スポンサードリンク

ベスト10

では、僕が勝手に選んだランキングですが、
トップ10の発表。



10位 戸愚呂弟

中盤では盤石のパワーを見せましたけど、

バトル漫画ではよくある
「強さのインフラ」のおかげで、
結果そこまで凄くない奴になってしまいました(^_^;)


ただ、ドラゴンボールのフリーザ様同様、
戦闘力ではそこまでではなくても、
「人気」という意味では
戸愚呂編が一番
だったと思いますから、

そういう意味では一番かも?


あと、僕の中では
「桑原よりも格上」って印象なんですけど、
終盤は桑ちゃんのが上なのかな?

……そうだったら、
なんかちょっと悲しいかも。



9位 修羅

黄泉の息子です。

出番は多くはなかったですけど、
さすが魔界統一寸前だった男の子供だけあって、
即行で妖力アップしましたね。

10年後くらいには、
めっちゃめちゃすごくなってるんじゃないかな。


ただ、作中では実践での経験値がまだ少なかったのでこの順位。



8位 仙水忍

純粋な妖力だけなら
修羅の方が上だと思いましたが、
もし2人が闘ったら、
経験値で仙水が圧倒する
と予想。


あと、物語の進行上だと、
多重人格のミノルとカズヤのあとに出てきたことで、
シノブの能力が一層引き立ちました。

しかも、
力を取り戻した飛影・蔵馬にも圧倒してるし。



7位 北神

正直あんまり凄い奴って印象はなかったんですけど、
数百年続く、3妖怪のにらみ合いの中、
雷禅の2番手をキープしていた訳ですから、
相当な戦闘力なのでしょう。


でも、僕が印象に残っているのは
装置を付けて人間界に行き、
幽助におもちゃのナイフでチェックメイトしたのと、

走るので幽助に負けてたこと、
1年で幽助にあっさり追い抜けれたこと。


…強い印象が無い!!


いや、間違いなくすごい奴なんですけど、
桑原同様、いい引き立て役になっているというね。



6位 妖孤蔵馬

ここで本命馬登場!

蔵馬は、良い時とそうでない時でムラがあるという印象。


人間界でも何度か妖孤に戻っていましたけど、
あの時は多分B級の下の方だと思います。

で、界峡トンネルが開いた直後はA級。

最後の方はS級になったと。


彼は心身ともにムラのあるキャラでしたねー。



さて、次からベスト5です。

スポンサードリンク

5位 飛影

一般的に飛影と蔵馬って、
どっちが上と思われてるんですかね?

あくまで僕の印象ですが、
魔界トーナメントで闘えば飛影。
命を懸けた戦いなら蔵馬
って印象。


命を懸けない闘いだと、
蔵馬は完全な本気は出せない性格かなと。

でも、命がけなら、
彼には守るべき人(母親)がいるので、
冷酷に徹することができる蔵馬が勝つだろうと。


でもでも、
そんな闘いを彼等がする事はないだろうと思い、
飛影を上位に置きました。



4位 浦飯幽助

主人公は4位にしました。


純粋な戦闘能力自体は、
やはり飛影・蔵馬と同程度。

でも、「バトル愛」「追い込まれた時の底力」を考えると、
幽助が一番
だと思いました。

特に、戸愚呂編の危機迫る気力を見ていたら、
一番怒らせたら怖いのはこいつだよなー
としみじみ思ったのでね。



3位 黄泉

4位と3位の間にはかなり差があるでしょうね。

でも、彼が3位止まりだったのは、
あんまり「特別な力」を感じられなかったので。


「頭の良さ」を駆使して、
魔界のトップ戦線まで登りつめたという印象なので、
純粋な強さで「圧倒的な力」はあまり感じなかったです。

でも、魔界トーナメントで修羅と闘っている彼は、
「息子だろうと容赦しない」という、
冷たさに磨きがかかった
印象だったので、
あの時は精神的にも怖さがありました。



2位 躯(むくろ)

「父親への憎しみ」で、
相当力を付けたキャラです。

飛影との痴話ゲンカ(?)で見せたパンチは、
恐らく幽白全巻を通して、
一番破壊力のある攻撃だったことでしょう。


なので文句なしに黄泉より上の順位を付けたのですけど、
飛影のおかげで、
父親の偽の記憶を解除されたので、
もう大きな怒りや憎しみは感じられないのかもしれません。

それで穏やかになった躯は、
少なくとも戦闘面に関しては、
少し弱くなるのかな?



1位 雷禅 

まあ、ここは言わずもがなですかね。

でも、作中に「全盛期の雷禅の力」は描かれてないので、
実際どんなものだったのかは計りかねるところですが。

唯一描かれている昔の雷禅は、
人間の女にイチコロにされている場面ですしね。


ただ、彼の昔の旧友はとんでもない妖力で、
その彼等が「勝てなかった」と言っていますし、
衰退した状態でも
躯・黄泉に匹敵するくらいの戦闘力だった訳ですから、

全盛期の彼は
描かれてはいないもののめっちゃめちゃ強かったんだろうなー
という、
幻想があります。




まとめ

僕が思うランキングは以上です。

あらためて順位をまとめると、
1位 雷禅
2位 躯
3位 黄泉
4位 浦飯幽助
5位 飛影
6位 妖孤蔵馬
7位 北神
8位 仙水忍
9位 修羅
10位 戸愚呂弟
11位 桑原和真
12位 幻海
13位 戸愚呂兄
14位 鴉
15位 陣
という感じです。


順位を決める際、
1位の雷禅とかはブッチギリで強いので簡単だったんですけど、
結構能力が拮抗している奴らもいたので、
悩みながら付けたというのが正直なところです。


順位に納得してもらえたかは分かりませんが、
個人的なランク付けなので
その辺はご了承をお願いします<(_ _)>

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

幽遊白書の蔵馬の性格4つの特徴、妖孤時とも比較、幽助との違いなど

蔵馬が人気の理由って、 見た目のキレイさや戦闘の強さだけでは無く、内面的な魅力が大きい と思うんです。もちろん、人気

記事を読む

no image

幽遊白書の躯:過去のエピソードや飛影との関係から、人気理由を推察

幽白の中で躯が好き!って人、 多いと思います。登場シーンは多くないんですけど、 少ない場面の中に 不思議な魅力を感じました。

記事を読む

no image

幽遊白書の幽助、蛍子へのプロポーズや、覚醒時の性格からキャラ考察

浦飯幽助って、 幽白の中ではあまり人気ないですけど、 魅力がたくさんあります。今回は、幽助の魅力について、 色々書いてみました

記事を読む

no image

仙水忍と樹の人格から2人の内面を考察&好きなセリフ8つ~幽遊白書

仙水と樹の関係って、 とても独特でしたよね。バトル漫画としてきちんと成立しているんだけど、 ラブな要素もあったり。今

記事を読む

no image

幽遊白書の雷禅の旧友・喧嘩仲間たち、強さの順位付けなど

幽白の終盤に出てきた、 雷禅の超強い友人たち。「最後の最後に強い奴ら登場しすぎだろ」 「こんな強い奴ばっか出たら、戸愚呂の立場は

記事を読む

no image

幽遊白書の雷禅とくだくすしの妻女の関係を考察。幽助とは親子?

マンガ家、冨樫義博さんが描く女キャラに、 不思議な魅力を感じてしまうのは 僕だけではないはずです。「いい女ってこういうこと」を感

記事を読む

no image

幽遊白書の最終回までのあらすじを「魔族との関係」という観点で見る

幽白を全巻呼んでいる人の多くは 感じているでしょうが、最初の方と最後の方で、 同じ作品とは思えないくらい 方向性が変わってまし

記事を読む


Comment

  1. ななし より:

    まぁ、戦闘描写が少なすぎる雷禅の旧友達いれたらややこしくなりますからね

    • サイト管理人 より:

      ななしさん

      ですねw
      あまりにもちょっとしか出てこないから、覚えてる人も少ないでしょうし。

  2. 面白かった! より:

    とぐろ弟の強さの「インフラ」で死ぬほど笑いましたw
    ネタなのかマジなのか判断が難しかった…

    • サイト管理人 より:

      ウケたなら良かったw
      まあ、ネタですけどややマジって感じですねw

  3. より:

    A級クラスの桑原がB級とぐろより下って

    • サイト管理人 より:

      あさん、

      ここは悩んだんですよねー。
      はっきりと桑原がA級クラスだと断言できるシーンがなかったので。

      物語の流れで考えれば、
      たしかに彼はA級クラスだった可能性が高いかもですね。

  4. 戸愚呂妹 より:

    黄泉の旧二番手、シャチが入っていないですね。
    仙水の上に来るはずですが…。

    • サイト管理人 より:

      戸愚呂妹さん、その通りですね。

      シャチは知名度が低いと思い、
      主要キャラではないと判断したため入れていないのですが、
      仙水よりも強いキャラだと思います。

  5. 柘榴 より:

    躯の旧二番手、麒麟が入っていないですね。
    仙水の上に来るはずですが…。

    あと、躯の77戦士で一番弱い時雨と仙水ならどちらが上でしょうか?

    • サイト管理人 より:

      柘榴さん、おっしゃる通りですね。
      奇淋は主要キャラクターではないと判断し除外していますが、
      間違いなくこのランキングに入るべき強さです。

      時雨と仙水の強さですが、
      あくまで個人的予想ですが、

      「時雨=終盤の飛影=終盤の幽助」
      くらいと思っていて、さらに

      「魔界に来た時の幽助≦仙水<終盤の幽助」
      と僕は思っているので、
      時雨の方が強いと予想しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑