時をかける少女ネタバレ(原作小説)&アニメ版との3つの繋がり

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
筒井康隆さんの
「時をかける少女」のあらすじをまとめました。

また、アニメ映画版と原作小説の繋がり
3点紹介します。

スポンサードリンク


原作のあらすじ

筒井先生の小説は、
アニメ映画のそれとはほとんど別の作品と言えるくらい違います。

あらすじをまとめてみます。



ヒロインがタイムリープ

ヒロインは、おしとやかな雰囲気の芳山(よしやま)和子(15歳)、
ヒーローは、細身で長身の深町一夫
ずんぐりむっくりの浅倉吾朗

彼等は理科室で掃除をしていて
ヒロインの和子がゴミ捨てに行った際、
理科の実験室から物音が聞こえた。


入ってみると、さらにガラスの割れる音が。
「誰なの!」と叫んで確認するが、そこには誰の姿もなかった

そして、ラベンダーの匂いを感じたかと思うと彼女は気を失った。


その後、大きな地震が起き、さらに吾朗の家が火事になる。
しかしその翌日、和子以外の人間はその事を覚えていなかった。

危機的な状況が起こったため、
彼女だけが過去にタイムリープしていた。



理科の先生に相談。和子は再び過去へ

一夫と吾朗が、彼女がタイムリープしたことを納得したのち、
理科の先生に彼等は相談した。

先生は彼らの話を信じてくれて、
最初の原因である「ラベンダーの匂いがした実験室」のあの日に
彼女が戻れば事件は解決する
と提案。


そして鉄骨が彼女の上から落ちてきた。
危機的な状態になった彼女は再び過去に飛ぶことに成功した。


飛んだ先の日にちを確認し、
再度「あの日の実験室」にタイムリープ。

侵入者が入ってくるのを待つことに。


スポンサードリンク


犯人の告白

そこに現れたのは、仲間の一人である深町一夫だった。


彼はそこで、自分は未来人であること、
未来に戻るための薬の調合をここでしていたこと、
本名は「ケン・ソゴル」という名であること、
年齢が本当は11歳であること、

そして和子に恋心があることを告白


さらに、未来の法律に殉ずるため、
和子達の記憶から、自分の情報を消す必要があることを告げる。

きっとまた会いに来るという約束をし、
記憶を消したあと、彼は未来へと帰って行った。





原作とアニメ版の繋がり

アニメ版の方は、
原作から20年後の世界という設定。

基本的に接点は少ないですが、
でも2作は全く関係性が無いという訳ではありません。

今回はそれを3つ紹介します。



①「和子」と「魔女おばさん」

作中のヒロイン和子は、
アニメの方の魔女おばさんと同一人物


そして、
真琴ほど行動的なキャラクターではないものの、
彼女と似ている部分も強く感じます。

魔女おばさん=真琴の未来の姿に近い存在
と思うこともできる
訳です。


そりゃあ例えば、もう結婚して子供もいて、
学生時代に出会った彼のことは、
すっかり思い出として過去のものになっている。

って設定だったとしたら、
なかなか主人公2人の恋心に水を差す存在になってしまいますし(^_^;)



②千昭と一夫の未来

一夫は、2600年より先から来た未来人


そしてタイムトラベルのやり方は、
原作はラベンダー、
アニメ版はクルミを使ったやり方。

恐らく、
アニメ版の方がより進化したやり方なので、

もし原作とアニメの時系列に繋がりがあるのだとすれば、
千昭がいる未来も、2600年以降の世界なのだと思われます。


千昭のいる未来は、
「大飢饉」を感じさせるセリフがありましたが、
一夫の未来は全然そんな感じではありませんでしたので、
個人的には、千昭は2700年以降の世界から来たのだと思っています。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

③和子の記憶は消されていた

小説の方では、ラストに主人公達はみんな記憶を消されてしまいます。

でも、振る舞いから察するに、
魔女おばさん(アニメの方)は記憶が戻っていましたよね。

しかも、彼女を含めた3人の写真が飾ってあるという。


「細かい矛盾点が全くないアニメ」という作り方ではなかったと思っているので
設定としては「まあなぜか記憶が甦ったんだね」
くらいの感覚で見ると良いのだと思っているのですが、

映画の真琴も記憶を消されてはいませんし、
将来は魔女おばさんのような感じで
それでいて真琴らしいやり方で
千昭を想っていてほしい
なーと思います。




終わりに

筒井先生のこの作品は、
実に7作品以上も映像化されています。

こんなにいろんな角度からリメイクされる作品も珍しいですよね。

それだけこの作品には、
時代を超えて愛される普遍的なものがあるのだと思います。

まさに時をかけているってことか!
(別に上手くない)



関連記事

時をかける少女(アニメ版)考察。「未来で待ってる」の4つの解釈など


「サマーウォーズ」と「デジモンぼくらのウォーゲーム」の8つの比較

「おおかみこどもの雨と雪」感想。ヒロインの13年間の成長など

以上です。読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク


  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:作品  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ