「オズの魔法使い」ストーリーの全あらすじ&主要な登場人物を紹介

世界の名作文学「オズの魔法使い」
物語の全あらすじと、主な8人のキャラクターを簡単に紹介します。

今回紹介するのは、
映画の方ではなく原作の文学のストーリーです。

スポンサードリンク

内容を知りたい方、忘れてしまっている方は
参考にしてもらえたら嬉しい限りです。




8人の主要キャラクター

まずは、物語に登場する
8のメインキャラを最初に紹介しておきます。

あらかじめ分かっておいた方が
話が簡単に入ってくるはずなので。


主人公

ドロシー:この物語のヒロイン。
子犬のトト:序盤から一緒にいます。


途中で仲間になる3人

かかし
きこり
ライオン


その他の人物

北の魔女:味方
西の魔女:敵
オズ:願いを叶えてくれる??


では、ストーリーを紹介しますね。




全あらすじ


① 竜巻に巻き込まれ、異世界へ

ヒロインのドロシーは、
おじさん・おばさん・そして子犬のトトと一緒に暮らしていました。

そしてある時、
彼女の住む場所にそれはそれは大きな竜巻が起こりました


彼女は、おじ・おばに連れられて地下に避難しましたが
子犬のトトが見当たらないため、
2人を振り切ってトトを探しに!

トトはすぐに見つかりましたが、
竜巻が彼女たちのいた家ごと飛ばしてしまいました。



気がつくとそこは花畑の見えるキレイな場所。

そしてそこにいたのは「北の魔女」

彼女はドロシーに「東の魔女をやっつけてくれてありがとう!」
と感謝を告げます。


後ろを振り返ると、
悪い東の魔女が、彼女の家の下敷きになっているではありませんか。



北の魔女はドロシーに、
その東の魔女が履いていた銀の魔法の靴を履かせ、
そして東の彼女は消えていきました。


ドロシーが「家に帰りたい」と告げると、
北の魔女は、オズの魔法使いの元に行き、
願いを叶えてもらう
ようアドバイスしました。



② 3人の仲間と出会う

オズの元に向かう道中、
かかし・ブリキのきこり・ライオンの3人(匹)に出会いました。


かかしには「本当の脳みそ」、
きこりには「心を持てる心臓」、
ライオンには「弱さを治す勇気」をオズに授けてもらおうと思い、
トトと5人旅を共にします。


オズのいる場所に着くと
「魔法の靴を履いている」ことが評価され、
彼女達は建物の中に入ることを許可されます。



③ 願いを叶えてもらうため、西の魔女討伐へ!

オズは「大きな顔のみ」の存在でした。

それぞれの叶えて欲しい願いを伝えると、
「西の魔女を退治することが条件」と言われ、
一行は西へ向かいます。


それを知った魔女は怒り、手下達に彼らを攻撃させ、
さらに「その魔法の靴をよこせ」と要求


ドロシーがそれを断ると、
彼女はドロシーを、自分の奴隷にしてしまったのです。


そんな奴隷の日々が続いたある時、
魔女はドロシーの足を引っ掛けて転ばせ、
そのすきに脱げた靴を奪い取ります


それに怒ったドロシーは、魔女にバケツの水をふっかけます。
すると魔女は、水が弱点だったようで、
みるみるうちに溶けてなくなって
行きました。



④ 無事に元の家に帰還

オズの元に行き、魔女を退治したことを告げましたが、
その時に、実はオズの正体は、特殊な力を持っていない
ただの人間のお爺さん
だということが判明。

「大きな顔」の存在はダミーで
裏でそのお爺さんが操作しているだけだったのです。



約束のものを渡すことはできませんでしたが、
彼はそれぞれに「おがくずの脳みそ」「布切れの心臓」「勇気の出るジュース」、
そしてドロシーには「気球」をプレゼント

気球に乗って元の場所に帰ろうとしたのですが、
トトがそのタイミングで逃げ出してしまったため
乗れないまま気球が飛び立って行ってしまったのです。


落ち込む彼女のところに
再び、最初に出てきた北の魔女が現れ、
「魔法の靴を3回打ち鳴らしてごらん」と言います。

言われて通りにすると、
なんとあっという間に元いた世界に戻ることができたのでした。

スポンサードリンク

個人的な感想

僕の感想ですが、「良く出来た作品だなー」という気持ちです。

日本昔話は、比較的内容が少なくて分かりやすいものが多いのですが
この作品は、異世界に行って仲間を見つけるだけにとどまらず、
魔女の討伐や魔法の靴の意味などの後半意味をなしてくる展開で、
中身の詰まった話だと言えます。


日本の作品でも「桃太郎」という不動の名作がありますが、
3匹の仲間を作ったり、敵を倒しに行く展開は一緒ですが、

あらすじでは端折りましたが
3匹それぞれにスポットが当たる展開もあったり、
魔女が東西北と出てきたりして
よりこちらの方が奥行きのある感じがしました。


大人になった今読み返すと、
こちらの方が読み応えがあって面白かった半面、

これを初めて絵本で読んだ幼稚園生の時は
内容が当時としては難しくて入ってこなくて、
「オズは読みたくない」となっていた記憶があります。


もし小さなお子さんに読み聞かせるなどの機会がある方は
この作品をお子さんが理解するには
もしかしたら難しいかもしれない
、ということも知っておいてもらいたいです。




終わりに

映画化やミュージカルとしても演じられてる名作ですし、
あまり知られてはいないかもしれませんが
全52話でアニメ化もされています。


今回紹介したのは「原作の児童文学」ですので
それらとは内容が少々異なるかと思います。

もしご興味を持たれましたら、
上記の作品もふれてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

「ヘンゼルとグレーテル」の全あらすじ。本当は怖い話だった?

グリム童話の代表作「ヘンゼルとグレーテル」の 全あらすじをまとめました。さらに、本当の原作で描かれていたとされる 少々怖い設定を

記事を読む

no image

「おむすびころりん」のあらすじ&異なる3つの結末

日本昔話の1つ 「おむすびころりん」の結末までのあらすじと、 ラストの異なる3つの終わり方をまとめました。忘れてしまった方、読ん

記事を読む

no image

「不思議の国のアリス」の全あらすじ&主要な登場キャラクターも紹介

100年以上不朽の名作として愛されてきた 「不思議の国のアリス」のラストまでのあらすじをまとめました。さらに、そこで紹介しきれなか

記事を読む

no image

「100万回生きたねこ」のあらすじと感想&ラストの3つの解釈

「100万回生きたねこ」は、 幼い子供はもちろん、 大人が読んでも感動できる 絵本です。僕自身、感動しました。今回は、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑