ポケモン初代の最強パーティ6匹はこれ&ミュウツーが強い3つの理由

初代ポケットモンスター151匹の中で
最強だと思う6匹のパーティを紹介します。

また、伝説のモンスターである
ミュウツーの3つの強さについても書きました。

スポンサードリンク

公式リーグ覇者のパーティ

90年代に、渡辺徹さん司会の、テレビ東京「64マリオスタジアム」という子供向け番組をやっていました。

そこで、64ソフト「ポケモンスタジアム」を使用した対決企画をやっていたのですが、
そこで登場し、さらにポケモンスタジアムの関東地区優勝キャラクターとして
ゲーム中にも登場している「アイゼンヴォルフ」の藤田美蘭さんのパーティ、
僕はこれが当時の最強なのではないかと思っています。


今回はそれを紹介します。


① ダグトリオ

かげぶんしん じしん きりさく いわなだれ

・すばやさが高い
・「じしん」「きりさく」をレベルアップで自然に覚える



② サンダース

かげぶんしん はかいこうせん でんこうせっか 10まんボルト

・すばやさととくしゅが高い
・「でんじは」「かみなり」を自然に覚える



③ スターミー

かげぶんしん ふぶき サイコキネシス 10まんボルト 

・すばやさととくしゅが高い
・「じこさいせい」「ハイドロポンプ」を覚える



④ ケンタロス

かげぶんしん ふぶき 10まんボルト はかいこうせん

・すばやさとこうげきが高い
・ノーマルタイプ属性



⑤ フリーザー

かげぶんしん れいとうビーム そらをとぶ ふぶき

・とくしゅが高い
・「れいとうビーム」「ふぶき」を自然に覚える



⑥ ラプラス

ハイドロポンプ れいとうビーム なみのり かいりき

・HPが高い




彼女は何より「かげぶんしん」をしっかり利用している技編成ですね。
使っているタイプもバラバラなので
「当てさせないで、自分の攻撃だけを当てる」ことが可能なチームです。


格闘家の人がよく
「本当に強くなると自分の攻撃だけが当たるようになる」と言っているのですが

当時の彼女は、番組での闘いを見る限り、
ポケモン交換のタイミングが絶妙
相手の攻撃を「効果が無い」「効果がいまひとつ」に変えながら
確実に自分の試合を展開していくスタイルが印象的でした。


ただ、藤田さんは常識的に有効とされている技で入れていないものもありますね。
スターミーに自己再生とか、サンダースにでんじはとかは
忘れさせてるというのもミソ。


このパーティ他にも、さいみん系、かみなり、のしかかり、はかいこうせん推しなどのパーティが強かったです。
でも個人的には、この「かげぶんしん」戦略が最強だと思っています。

スポンサードリンク

やっぱり最強は「ミュウツー」?

初代で最も強いのは、やはりミュウツーだと思います。

理由は3つあります。


① 能力値が圧倒的に高い

攻撃も防御もすばやさも低い種族地のものが1つもなく、
特に「とくしゅ」が圧倒的に高かったんです。

タイプ1である「エスパー」の「サイコキネシス」を攻撃すると
それはもう圧倒的に強かった!!


その他のポケモン達の種族地の平均より
倍くらいの数値でしたからね(^_^;)



② 覚えられる技が強い

自力で覚えられる技は

・サイコキネシス
・じこさいせい
・どわすれ


など、相当強力な技なうえ、

・ふぶき
・10まんボルト


などの強い技も覚えさせることが可能。


圧倒的なとくしゅの高さで、かつどわすれでとくしゅを上げる事で
もう無双ですね(笑)



③ 初代はエスパー対策がほとんどできなかった

エスパーが最強ではなくなったのは、
「あく」「はがね」タイプが登場してからで
それが出て来ない赤緑版は「これをすればエスパーを止めれる!」
というものがいまいちなかった
んです。

フーディンであればぼうぎょ力が低かったので
ノーマルの強力な技のごり押しで行ける時もあるのですが
ミュウツーは別に普通の攻撃技もそんなに効きませんから。



簡単に言っちゃうと
ミュウツーは「反則級に強い」ってことですね(^_^;)




終わりに

ここで書いた情報は、
初代ゲームボーイ版のことなので、リメイクやその他ソフトでプレイされている場合は
覚えられる技など多少変わっていますことをご了承ください。


他にも強いと思うポケモンもたくさんいます!

・カビゴン
・ラッキー
・ガルーラ
・ゲンガー
・カイリキー
・ゴローニャ
・リザードン
・ナッシー
・ルージュラ
・マルマイン
・ギャラドス



是非ぜひ、自分が「こいつだ!」と思うモンスターを
手塩をかけて育ててみて
下さい。

そして通信対戦も思いきり楽しんで!!


★ニンテンドー2DS『ポケットモンスター』限定パック 赤・緑・青・ピカチュウ 
4バージョンの楽天リンクはこちらからどうぞ★



関連記事
ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

初代ポケモンを攻略するための6つのポイント。赤緑青ピカチュウ版



以上です。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、 ミュウツーの逆襲。今見返しても シビれるセリフがいっぱいです。

記事を読む

no image

ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

ポケモン映画「水の都」を見て、 「オシャレな街並み!」と思った人、 多いのではないでしょうか。内容はもちろんですが、 映像の美

記事を読む

no image

ポケモンのカスミ、別れの理由&サトシへの恋心&トゲピー登場の意味等

ポケモン無印時代のヒロインカスミの、 出会いと別れのシーンとかって覚えていますか?途中から見出したり、途中から見なくなったり、

記事を読む

no image

ポケモンサトシの父親は何をしている?過去の話も紹介

サトシのお父さんが何をしている人なのか それとゲームとの関連性も合わせて紹介します。また、サトシの過去のエピソードも書きました。

記事を読む

no image

ポケモン裏設定6つをアニメから厳選。サトシのママ・父親の話など

アニメ版ポケットモンスターの裏設定を6個まとめました。個人的に「へえ、そうだったんだ」と 思えるものだけを厳選しました。で

記事を読む

no image

タケシがポケモンを降板した理由・再登場シーン・ブリーダーについて

アニポケを見ていた人で、 タケシを知らない人ってまずいないです。一時的に抜けたりはしたものの、 1997年から2010年までの約

記事を読む

no image

ポケモン「コジロウ」過去のエピソード4つ。すごい家柄だった!?

ポケットモンスターの敵役、 コジロウの過去のエピソードについてまとめました。また、原作者の方のロケット団への想いも 合わせて紹介

記事を読む

no image

ポケモン赤緑、リメイク版とGB版の4つの違い。技の増加など

「ポケモン赤緑シリーズをもう一回やりたい!」 って衝動に駆られた人、 多いんじゃないかと思います。僕もその一人です!ミュ

記事を読む

no image

ポケモン「ムサシ」の過去のエピソード4つ。母親についてなど

アニメポケットモンスターの敵役、 ムサシの過去のエピソードについて4つまとめました。原作脚本家の首藤さんのお話も合わせて紹介します

記事を読む

no image

ポケモンタケシの年齢や手持ち・おねえさん好きの理由など

タケシに思い入れのある人って 地味に(?)多いでしょう。約13年という長い期間、 アニメシリーズを牽引してきたキャラクターですし

記事を読む

no image

ポケモンのカラカラとガラガラの泣ける話。骨のお面やお墓について

シオンタウンのイベントにあった、 カラカラとガラガラの悲しい話、 覚えているでしょうか?初代ポケモンで 一番怖い部分かもしれま

記事を読む

no image

ポケモン裏話4つ、金銀編より。サカキの息子についてなど

ポケモンの都市伝説や裏話などを4つ 個人的に特に良いと思ったものをまとめました。金銀シリーズでの設定を集めたので、 読んでみて下

記事を読む

no image

ホウオウとルギアの関係性は、ポケモン金銀の「昼と夜」をイメージ?

ポケモンの金銀や、 ハートゴールド・ソウルシルバーを象徴するポケモンの、 ホウオウとルギア。彼等2匹の「関係性」について 知っ

記事を読む

no image

ポケモン「ムサシ」の声優について。7回だけ別の人が声当てをしてた

ポケットモンスターの敵役、 ムサシの声優さんについてまとめました。また別の声優さんが代役として起用された話も紹介します。声

記事を読む

no image

ポケモンが海外で人気になった理由。カードと訴訟問題など

ポケモンといえば、 日本が世界に誇る作品ではないでしょうか。「キャラクター」という意味では、 ハローキティやトトロにも匹敵してい

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想&6つの魅力

僕はこの映画をよく見るんですが、 何度も見返してる人は多い と思いますし、初見で見たばかりの人には、 いつか見返してほしい作品

記事を読む

no image

おはスタのレイモンドの事件の噂と、その信憑性についてまとめてみた

ネット上で、 「レイモンドが事件を起こした」的な噂が流れてますね。どんな噂か知らない方もいると思うので、 その内容と、信ぴょう性

記事を読む

no image

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察。アイツーについてなど

僕がこの映画を観に行ったのは、 サトシと同い年の10才の時。以来、定期的に見返しては、 大切なものを再発見できる映画です。

記事を読む

no image

「ジャリボーイ」の意味について。サトシという名前から由来

サトシがロケット団に「ジャリボーイ」 と呼ばれているその由来について、 2つの仮説があるのでそれをまとめました。また、サトシのロ

記事を読む

no image

ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性。 この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて 印象が薄くなっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑