ポケモンのカラカラとガラガラの泣ける話。骨のお面やお墓について

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
シオンタウンのイベントにあった、
カラカラとガラガラの悲しい話
覚えているでしょうか?

初代ポケモンで
一番怖い部分かもしれません(^_^;)


記憶力のいい人や
今もリアルタイムで初期の方のポケモンやっている人は、
特に懐かしい情報でも無いでしょうが、

しばらく触れていない人なんかだと、
151以上いるモンスターのエピソードなんて
忘れてしまいますよね。

スポンサードリンク

ただ、2013年に放送された
「ポケットモンスター ジ・オリジン」では、
わざわざシオンタウンのガラガラ達のストーリーを
盛り込んで描いていた
のが印象的でした。

さすがはポケモンスタッフ。
オレ達の良きトラウマを理解してるぜ、
って感じでしたわ(^o^)丿


さて今回は、
カラカラにまつわる物語のまとめと、
彼等の「うた」にまつわる都市伝説をまとめました。




悲しい生い立ち

カラカラは、「こどくポケモン」と名付けられている通り、
悲しい運命を背負っているモンスターとして生み出されています。


シオンタウンの街の少女の話によると、
カラカラの母にあたるガラガラが、
ロケット団によって命を奪われてしまった
と言います。


その母は、
ポケモンタワーで幽霊として現れ、
ゲームとしては、
戦闘で倒さなければ次に進むことができません。

そんなモラルなんて考えなければ、
サクッと倒して終わりなんですけど、
感傷的にプレイしていたら、
なかなか後味の悪いバトルとも言えます。


カラカラのかぶっている骨は、
お母さんの骨を被っている
のです。

ポケモンタワーという、
お墓のある場所に生息しているのもそのためです。



あと、あげ足とりみたいになっちゃいますが、
金銀シリーズ以降で、タマゴから生まれた奴も、
普通に骨を被って生まれますけど、

タマゴから生まれた場合は、
お母さんは普通に生きてるんですけど、
なんでそれでも被ってるんでしょうね(^_^;)


まあ、初代の段階では「タマゴ」という概念自体なかったので、
後付け設定だからしょうがないんですけど(^_^;)


スポンサードリンク

ニビシティバッジで、彼等のBGMが聴ける?

彼等にまつわる、ある都市伝説があります。

それは、とあるバグを使い、
道具からニビシティのグレーバッジを「つかう」を選択すると、
とても悲しげな音楽が流れてきます。

それが「カラカラのうた」ではないか
という噂が定着しています。


僕も聴きましたけど、
たしかにシンプルで悲しい音でした。


で、これの真相なのですが、
マサラタウンにて、
オーキド博士が主人公を呼びとめる時のBGM。

これをベース音だけにして、
スロー再生させると、
全く同じ音になるのです。


個人的には、
「その関連でなんでカラカラ?」
とも思いましたが、
とても悲しげなメロディだったためと思われます。



この都市伝説の信憑性は、
個人的には3%くらいかな、
と思っています。


少なくとも、
ミュウの裏ワザみたいに
製作者が意図的に入れ込んだものなら、
もっとシオンタウンやポケモンタワーに関連する物にするはずので、

「ニビシティ」「マサラタウン」「オーキド」
という、関連性の低い物に使う事は無いでしょう。


もちろん、
信じるか信じないかはあなた次第ですが。


スポンサードリンク

おわりに

初代の赤緑バージョンの時は、
時間という概念は無く、
通常「宿屋」でHPを回復するのがRPGのセオリーですが、
それもありませんでした。


なぜかというと、
あれは「少年の夏の日の1日」を描いた物語だから。

つまり、
主人公は永遠に年をとらない存在なわけです。


でも、ポケモン達は進化をする
それはある意味で、
成長するという事であり、
年を重ねていると捉えることもできます。


そしてポケモンタワーで、
モンスターの命の果ての形があります。


ずっと夏の日の1日を続けていて、
年はとらないという設定と、
時間の流れを感じさせるポケモン達の姿。

設定としては、
ある意味矛盾があるのかもしれませんが、
僕はこの矛盾が結構好きだったりします。


ポケモンをやっている子供達もいつかは大人になり、
いつかは大切な人との別れも経験する。


そんなことをそっと伝えている気がするからです。



その他ポケモンの関連記事一覧

以上です。
読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:ポケモン  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ