ポケモンショック事件の原因について&ポリゴンのアニメでのその後 

ポケモンショック(ポリゴンショック)と言われる騒動の
その原因、その後のポリゴンのアニメとの関わり方
についてまとめました。

また、それによって
映画にも影響があったことにも触れました。

スポンサードリンク

ポケモンショックの原因

視聴者の小さいお子さんを中心として
発作や不快感、頭痛や吐き気を感じる人が出ました。

これは
光過敏性発作が原因とされています。


この発作は
視覚に入って来た光の刺激が原因で体調を崩してしまうという病。

てんかん発作という
神経疾患の一種ではないかと唱える人もいます。


ポケモンの場合は、
1秒以上の激しい光の点滅が25回ほど描かれていて、

小さいお子さんを中心に
異変を感じた方が750人、
入院をしたのは135人
になりました。


僕もこの時は小学生で
リアルタイムでこの回も見ていましたが、
特に具合が悪くなることもなく、
翌日には普通に学校に行きました。

この回は300万人以上が視聴していたと言われており
その中の750人程度ですから
割合で考えればほとんどの方が平気だったということでしょう。
(だから許されるという意味ではありません。念のため)



以後テロップが表示されるようになる

近年のアニメでは、冒頭で

「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください」
「(子供向けに)部屋を明るくして離れてみてね」

と表示されるのが当たり前のこととなっていますが、

それを義務付けられるようになったのは
このポケモンショックがあってからのこと。


それ以前にもNHKの『YAT安心!宇宙旅行』というアニメでも
同じ症状の出たお子さんが複数名いたのですが
大きな問題となったのはポケモンからであり、
よってテロップの表示がされるようになりました。

良くも悪くも
ポケモンの影響力って偉大だなと思います。


これを読まれた方は、
過去のこととして扱うのではなく
そのテロップの注意を守ってテレビ鑑賞してもらいたいと思っています。

スポンサードリンク

アニメでの「ポリゴン」の関わり方

この回は「38話 でんのうせんしポリゴン」という回だったのですが
この騒動があったため、
ポリゴンがアニメの中で登場することはなくなりました。


その進化系のポリゴン2やポリゴンZは、
映画などで少々登場することはあったものの
テレビアニメでの登場はその後ずっとありません。


やはり「あのイメージが浮かんでしまう」というのは
良くはないことなのでしょう。

僕はポリゴンは外面もゲームキャラとしても好きなんですが
登場しないというのは少し寂しい気がします。


ネット上では「ポリゴンはわるくない!」という言葉までできています。

たしかに、この騒動は
ポリゴンが悪いと言うと相当な語弊がある
のは間違いないと思います。




騒動の影響で「ミュウツーの逆襲」の内容も変更

この騒動があった約半年後に
初めてのポケモン映画「ミュウツーの逆襲」が公開を控えていました。

そして、
映画の内容の序章をテレビ版で放送する予定だったのです。


その事について
当時のアニメ・映画の脚本家であった首藤剛志さんは
自身のコラムでこう書いています。

この映画では、
TV版でミュウツーはすでに紹介されているはずだったのだ。

それが、ポケモン事件で、放送が4ヶ月遅れ、
ミュウツーの登場する回が作れなくなってしまった。

となると、ミュウツー紹介のシーンが必要になる。
タイトル前の数分にミュウツー紹介シーンが必要になった。

引用:http://www.style.fm/as/05_column/shudo167.shtml


テレビでもミュウツーが見られる予定だったんですね。
見たかった~~(まあどうしようもなかった訳ですが)


映画ではサトシのライバルのシゲルの手持ちポケモンの
ウインディとニドキングがミュウツーによって
宙に浮かばされるシーンがあったのですが、
恐らくあのシーンもテレビでもっとじっくり描かれる予定だったのでしょう。

僕はこの映画が大好きなのですが
内容も変わったと考えると、当初予定していたバージョンで見てみたかったなー
という気持ちもあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上を簡単にまとめると
・ポケモンショックの原因は光過敏性発作

・当時750人の人に異変があった

・その後テレビではポリゴンは登場していない

・ミュウツーの逆襲の序章部分が変更された


というかんじです。



色んな人に話を聞いてみると
ポケモンにまったく興味のないお父さんお母さんも
この騒動のことは結構知っているんです。

「ポケモン金銀?なにそれ?」という方でも
「あー放送されなかった時期あったねー」
という反応が来ることに、
この事がどれだけ当時色んな人を巻き込んだのかが伝わります。


以降のポケモンアニメは大きな問題もなく
順調に放送していますね。

雨降って地固まるという言葉が相応しい話だったと思います。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ポケモンクイズ:初代ゲーム編13問。比較的簡単な4択問題

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウバージョンに関する クイズを13問用意しました。すごく簡単な訳ではありませんが 前半は初級、後

記事を読む

no image

おはスタのレイモンドの現在。ゾナー・番長・ジムナスひかる等も

おはスタに出ていた人で 「あの人は今どうしてるんだろう?」 って方々が、何人かいらっしゃいます。特に印象的だったのがレイモンド。

記事を読む

no image

「ニャースのあいうえお」でしゃべるようになった由来があった

アニメのポケモンのニャースが 言葉を話せるようになった理由についてまとめました。アニメでの展開上の理由と 脚本家の立場からの理由

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、 ミュウツーの逆襲。今見返しても シビれるセリフがいっぱいです。

記事を読む

no image

ホウオウとルギアは「昼と夜」がモチーフ?製作者の言葉から考察

ポケモンの金銀や、 ハートゴールド・ソウルシルバーを象徴するポケモンの、 ホウオウとルギア。彼等2匹の「関係性」について 知っ

記事を読む

no image

ポケモンのカラカラとガラガラの泣ける話。骨のお面やお墓について

シオンタウンのイベントにあった、 カラカラとガラガラの悲しい話、 覚えているでしょうか?初代ポケモンで 一番怖い部分かもしれま

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:アニメ無印編15問。比較的簡単な4択問題

アニメポケットモンスターの無印編に関するクイズを 15問用意しました。4択問題なのでそこまで難しくはありませんが そこまで簡単で

記事を読む

no image

ポケモン金銀の最強パーティ6匹を考察&カビゴンが強い4つの理由

ポケモン金銀バージョンの中で、 これは強い!と思うパーティ6匹を厳選して選びました。さらに、金銀の中で最強とも言われている カビ

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」キスはカノン?それとも?

ポケモン映画「水の都」のラストの キスシーン。あれはカノン?それともラティアス? って疑問に思いませんでしたか?公式に出

記事を読む

no image

ポケモン金銀2つの違いと特徴&ホウオウとルギアの技も解説

ポケモン金・銀バージョンの それぞれの違いや特徴を2つ紹介します。さらに、ホウオウ・ルギア、 最初の御三家の、チコリータ・ヒノア

記事を読む

no image

ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

ポケモン映画「水の都」を見て、 「オシャレな街並み!」と思った人、 多いのではないでしょうか。内容はもちろんですが、 映像の美

記事を読む

no image

ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

日本での累計売り上げ本数1300万本以上、 世界では4600万本以上という、 世界一売れたゲーム、初代ポケットモンスター。すごい

記事を読む

no image

ポケモンの都市伝説5つ。ゲンガーの話など赤緑編から厳選

ポケットモンスター赤緑で言われている都市伝説を 5つ厳選してまとめました。メジャーな話からマイナーなものもありますよ。では

記事を読む

no image

ポケモン金銀クイズ17問。比較的簡単な初級4択問題

ゲーム・ポケットモンスター金銀に関する4択クイズを 全部で17問用意しました。初級の問題が10問、中級問題が7問です。一度でもプレ

記事を読む

no image

ポケモンタケシの年齢や手持ち・おねえさん好きの理由など

タケシに思い入れのある人って 地味に(?)多いでしょう。約13年という長い期間、 アニメシリーズを牽引してきたキャラクターですし

記事を読む

no image

ポケモンサトシの父親は何をしている?過去の話も紹介

サトシのお父さんが何をしている人なのか それとゲームとの関連性も合わせて紹介します。また、サトシの過去のエピソードも書きました。

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察。アイツーについてなど

僕がこの映画を観に行ったのは、 サトシと同い年の10才の時。以来、定期的に見返しては、 大切なものを再発見できる映画です。

記事を読む

no image

ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性。 この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて 印象が薄くなっ

記事を読む

no image

タケシがポケモンを降板した理由・再登場シーン・ブリーダーについて

アニポケを見ていた人で、 タケシを知らない人ってまずいないです。一時的に抜けたりはしたものの、 1997年から2010年までの約

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑