ポケモンショック事件の原因について&ポリゴンのアニメでのその後 

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
ポケモンショック(ポリゴンショック)と言われる騒動の
その原因、その後のポリゴンのアニメとの関わり方
についてまとめました。

また、それによって
映画にも影響があったことにも触れました。

スポンサードリンク

ポケモンショックの原因

視聴者の小さいお子さんを中心として
発作や不快感、頭痛や吐き気を感じる人が出ました。

これは
光過敏性発作が原因とされています。


この発作は
視覚に入って来た光の刺激が原因で体調を崩してしまうという病。

てんかん発作という
神経疾患の一種ではないかと唱える人もいます。


ポケモンの場合は、
1秒以上の激しい光の点滅が25回ほど描かれていて、

小さいお子さんを中心に
異変を感じた方が750人、
入院をしたのは135人
になりました。


僕もこの時は小学生で
リアルタイムでこの回も見ていましたが、
特に具合が悪くなることもなく、
翌日には普通に学校に行きました。

この回は300万人以上が視聴していたと言われており
その中の750人程度ですから
割合で考えればほとんどの方が平気だったということでしょう。
(だから許されるという意味ではありません。念のため)



以後テロップが表示されるようになる

近年のアニメでは、冒頭で
「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください」
「(子供向けに)部屋を明るくして離れてみてね」
と表示されるのが当たり前のこととなっていますが、

それを義務付けられるようになったのは
このポケモンショックがあってからのこと。


それ以前にもNHKの『YAT安心!宇宙旅行』というアニメでも
同じ症状の出たお子さんが複数名いたのですが
大きな問題となったのはポケモンからであり、
よってテロップの表示がされるようになりました。

良くも悪くも
ポケモンの影響力って偉大だなと思います。


これを読まれた方は、
過去のこととして扱うのではなく
そのテロップの注意を守ってテレビ鑑賞してもらいたいと思っています。


スポンサードリンク

アニメでの「ポリゴン」の関わり方

この回は「38話 でんのうせんしポリゴン」という回だったのですが
この騒動があったため、
ポリゴンがアニメの中で登場することはなくなりました。


その進化系のポリゴン2やポリゴンZは、
映画などで少々登場することはあったものの
テレビアニメでの登場はその後ずっとありません。


やはり「あのイメージが浮かんでしまう」というのは
良くはないことなのでしょう。

僕はポリゴンは外面もゲームキャラとしても好きなんですが
登場しないというのは少し寂しい気がします。


ネット上では「ポリゴンはわるくない!」という言葉までできています。

たしかに、この騒動は
ポリゴンが悪いと言うと相当な語弊がある
のは間違いないと思います。




騒動の影響で「ミュウツーの逆襲」の内容も変更

この騒動があった約半年後に
初めてのポケモン映画「ミュウツーの逆襲」が公開を控えていました。

そして、
映画の内容の序章をテレビ版で放送する予定だったのです。


その事について
当時のアニメ・映画の脚本家であった首藤剛志さんは
自身のコラムでこう書いています。

この映画では、
TV版でミュウツーはすでに紹介されているはずだったのだ。

それが、ポケモン事件で、放送が4ヶ月遅れ、
ミュウツーの登場する回が作れなくなってしまった。

となると、ミュウツー紹介のシーンが必要になる。
タイトル前の数分にミュウツー紹介シーンが必要になった。

引用:http://www.style.fm/as/05_column/shudo167.shtml

テレビでもミュウツーが見られる予定だったんですね。
見たかった~~(まあどうしようもなかった訳ですが)


映画ではサトシのライバルのシゲルの手持ちポケモンの
ウインディとニドキングがミュウツーによって
宙に浮かばされるシーンがあったのですが、
恐らくあのシーンもテレビでもっとじっくり描かれる予定だったのでしょう。

僕はこの映画が大好きなのですが
内容も変わったと考えると、当初予定していたバージョンで見てみたかったなー
という気持ちもあります。


スポンサードリンク

まとめ

以上を簡単にまとめると
・ポケモンショックの原因は光過敏性発作

・当時750人の人に異変があった

・その後テレビではポリゴンは登場していない

・ミュウツーの逆襲の序章部分が変更された


というかんじです。



色んな人に話を聞いてみると
ポケモンにまったく興味のないお父さんお母さんも
この騒動のことは結構知っているんです。

「ポケモン金銀?なにそれ?」という方でも
「あー放送されなかった時期あったねー」
という反応が来ることに、
この事がどれだけ当時色んな人を巻き込んだのかが伝わります。


以降のポケモンアニメは大きな問題もなく
順調に放送していますね。

雨降って地固まるという言葉が相応しい話だったと思います。


スポンサードリンク

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:ポケモン  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ