ポケモン赤緑、リメイク版とGB版の4つの違い。技の増加など

「ポケモン赤緑シリーズをもう一回やりたい!」
って衝動に駆られた人、
多いんじゃないかと思います。

僕もその一人です!

スポンサードリンク

ミュウツーがメインのポケモン映画、
神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」も公開されましたし、

ゲームのX・Yシリーズでは、
博士から初代御三家のヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネをもらえたり

赤緑シリーズを思い返してしまうような場面が多い気がします。


また、ポケモンアニメの特別版として作られた
「ポケットモンスター ジ・オリジン」の予告PVの、

『ポケットモンスター 赤・緑』を遊んだみんなへ

って入りに、

「自分のことだああああああああ」

って思った人が、いったい何人(何十万人?)いたことでしょう。


ちなみにこのPVです

「ポケットモンスター ジ・オリジン」プロモーション映像


ネット上の書き込みで、

「赤緑じゃなく青バージョンだった」
「ピカチュウ版だったけど」
ってコメントも多く見られましたけど、
まあそこは同じ意味ですやんw

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』を遊んだみんなへ
って読み上げてもゴロ悪いですしねw



で、気持ちが再燃したからやり直したい!と思った時に、

折角だから、アドバンスのリメイク版をやってみようか
やっぱり、原点のゲームボーイ版をプレイしようか
迷いはしませんか?


そこで、
『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』を遊んだみんなに
ゲームボーイ版とリメイク版の違いを、
具体的な設定内容の変更点から4つ解説します。




1.ポケモンの数が増加

リメイク版は、当然世界観は赤・緑ですが、
システム自体はルビー・サファイア版の仕様になっています。


存在しているポケモンは、
151匹ではなく386匹

本来は金銀バージョン以降で出てくる、
エンテイ・ライコウ・スイクンもゲットできます。


良く言えば、
初代よりたくさんのポケモンを使用できますし、
悪く言えば、
初代より図鑑の完成が難しくなっています。
(ただ、カントー地方は151匹のみで進みます)



2.使用可能な技も増加

技の種類は、
ルビー・サファイア以降のソフトをやってない人は
聞いたことのない技もいっぱい出てきますし、
ひでんマシンも5つから8つに増えています。


また、とくせい(特性)という、
そのポケモンの種類ごとに設定されている能力も追加されています。


例えば、
ピカチュウは全て「せいでんき」というとくせいを持っていて、
戦闘中にピカチュウを攻撃した相手の方
30%の確率でまひ状態になります。

また、ピカチュウを先頭にして草むらなどに行くと、
ビリリダマやエレブーなどの
電気タイプのポケモンに遭遇しやすくなります



新しい要素を楽しめる人は良いですが、
純粋な初代の世界観を楽しみたい場合は
ここら辺はしっくりこない部分かもしれません。



3.新イベントが追加されている

グレン島を越えたところで、
ナナシマ」という場所が出てきます。

そこを通らなければ全クリできないので、
おまけイベント」ではなく、
がっちり「必須の追加イベント」となっています。


また、ミニゲームなども追加されていますよ。



4.細かい設定の変更

モンスターの出現率や、技の命中率も一部変わっていますし、
四天王が使うポケモンのレベルなども若干異なります。


主人公の性別も選べるようになり、

自転車だけでなく、ランニングシューズという道具もあるので、
屋内でもダッシュができます


一度闘ったトレーナーとまた闘うことができる
バトルサーチャーという道具も増えました。

全部のトレーナーと戦い終えた後の、
あの廃人達(?)みたいな雰囲気を変えられるわけですw
スポンサードリンク

まとめ

以上の変更点をあらためてまとめると、

・存在しているポケモンは、151匹ではなく386匹

・技の種類や、とくせいなどの能力も増えている

・ナナシマなどの新たなイベントも追加

・ランニングシューズ・バトルサーチャーなど、細かい機能も追加

という感じです。


簡単に言うと、
大きな部分が同じで、細かい部分は結構変わってる
という事です。


その変更点が嬉しいか嬉しくないか、
気になるか気にならないかは人それぞれなので
一概には言えませんが、

個人的には、
技が増えてるってかなり気になりますねw


あと、追加イベントも「やってもやらなくてもクリアできる」
くらいの設定が良かったです。

あくまでも、
僕の感想ですが。



以上、設定の変更点でした。

他にも、
ソフト・ハードが変わったことによる変更点
についての記事も書きました。

こちらからどうぞ。


その他ポケモンの関連記事一覧

以上です。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想&6つの魅力

僕はこの映画をよく見るんですが、 何度も見返してる人は多い と思いますし、初見で見たばかりの人には、 いつか見返してほしい作品

記事を読む

no image

ポケモンが海外で人気になった理由。カードと訴訟問題など

ポケモンといえば、 日本が世界に誇る作品ではないでしょうか。「キャラクター」という意味では、 ハローキティやトトロにも匹敵してい

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:アニメ無印編9問。比較的簡単な4択問題

アニメポケットモンスターの無印編に関するクイズを 9問用意しました。4択問題なのでそこまで難しくはありませんが そこまで簡単でも

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

ポケモン裏設定6つをアニメから厳選。サトシのママ・父親の話など

アニメ版ポケットモンスターの裏設定を6個まとめました。個人的に「へえ、そうだったんだ」と 思えるものだけを厳選しました。で

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:初代ゲーム編10問。比較的簡単な4択問題

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウバージョンに関する クイズを10問用意しました。すごく簡単な訳ではありませんが 超むずでもない

記事を読む

no image

ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

ポケモン映画「水の都」を見て、 「オシャレな街並み!」と思った人、 多いのではないでしょうか。内容はもちろんですが、 映像の美

記事を読む

no image

ポケモン金銀クリスタルバージョン、それぞれの3つの違いと特徴

ポケモン金・銀・クリスタルバージョンの それぞれの違いや特徴を3つ紹介します。さらに、リメイク版である ハートゴールド・ソウルシ

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲完全版序盤のセリフ集、我ハココニ在リの名言も紹介

ミュウツーの逆襲、映画館で上映された本編も素晴らしいですが、完全版の序盤部分と 続編の「我ハココニ在リ」まで見ると、物語の

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、 ミュウツーの逆襲。今見返しても シビれるセリフがいっぱいです。

記事を読む

no image

「おはスタ」山ちゃんが卒業。その19年の歴史をまとめました

約19年間、山寺宏一さんが司会を務めたおはスタの歴史を 僕の感想を交えながら簡潔にまとめました。また、番組をやる上で掲げていた山寺

記事を読む

no image

ポケモン裏話4つ、金銀編より。サカキの息子についてなど

ポケモンの都市伝説や裏話などを4つ 個人的に特に良いと思ったものをまとめました。金銀シリーズでの設定を集めたので、 読んでみて下

記事を読む

no image

ホウオウとルギアの関係性は、ポケモン金銀の「昼と夜」をイメージ?

ポケモンの金銀や、 ハートゴールド・ソウルシルバーを象徴するポケモンの、 ホウオウとルギア。彼等2匹の「関係性」について 知っ

記事を読む

no image

ポケモン「コジロウ」声優について&女装のせいで海外で問題に?

ポケットモンスターのロケット団員の一人 コジロウの声優さんについてまとめました。また、コジロウの女装が原因で 海外で少々議論にな

記事を読む

no image

ポケモンサトシの父親は何をしている?過去の話も紹介

サトシのお父さんが何をしている人なのか それとゲームとの関連性も合わせて紹介します。また、サトシの過去のエピソードも書きました。

記事を読む

no image

タケシがポケモンを降板した理由・再登場シーン・ブリーダーについて

アニポケを見ていた人で、 タケシを知らない人ってまずいないです。一時的に抜けたりはしたものの、 1997年から2010年までの約

記事を読む

no image

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察。アイツーについてなど

僕がこの映画を観に行ったのは、 サトシと同い年の10才の時。以来、定期的に見返しては、 大切なものを再発見できる映画です。

記事を読む

no image

スーファミの名作のおすすめソフト5つ。アクション系など

スーパーファミコンの中で 「今やっても面白い」 と思うソフトを、厳選して5つ紹介します。紹介するのは ・アクション

記事を読む

no image

ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性。 この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて 印象が薄くなっ

記事を読む

no image

ポケモンタケシの年齢や手持ち・おねえさん好きの理由など

タケシに思い入れのある人って 地味に(?)多いでしょう。約13年という長い期間、 アニメシリーズを牽引してきたキャラクターですし

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑