ハロウィンクイズ8問。ちょっと難しいマルバツ問題

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
ハロウィンに関する、ちょっと難しめのマルバツクイズを、全部で8個用意しました。大人でも全問正解は難しいかも?大人も高齢者の方も、みんなで楽しんで解いてみてください。

スポンサードリンク

全8問

では行きます。


Q1

昔のハロウィンは、カボチャのお菓子を手作りして子供にあげていた。
○か×か?


























答え



近年のハロウィンは、市販のお菓子を配るのが主流になっていますが、昔はそうではなく、わざわざカボチャをパンプキンパイなどにしてあげていたんです。たが、ハロウィン用のカボチャは見た目の良さで選ばれていることもあり、すごくおいしいという訳ではないみたいです。

多くの子供は、カボチャより、チョコレートやクッキーの方が好きだと思うので、今はそこまで気を使う必要も無いでしょうね。



Q2

ハロウィンの変装のルールは「怖い恰好をしなきゃいけない」である。
○か×か?






















答え
×


あまり細かいルールは決まっていません。ただ「見る人を不快にさせるような仮装はやめよう」という決まりがあります。なので、あまりに怖すぎる格好とか、マナー違反に感じるような恰好はやめましょう。

最近はディズニーやUSJなどでもやりますから、ポップで明るい変装が増えているようです。



Q3

ハロウィンと言えば、カボチャの顔をしたキャラクターが有名ですが、実は最初は、野菜の「カブ」をかぶっていた。
○か×か?




















答え



言い伝えによると、とある男が、天国にも地獄にも行けずに暗闇をさまよっていて、明かりを灯すために、株をくりぬいて「ランタン」という明かりを作り、地上に戻ったんだそうです。

その物語のように、最初はカブを使ってイベントをやっていたそうですが、その後、アメリカに住んでいたアイルランド人によって、カボチャに変えたと言われています。
ハロウィンでカブの被り物なんて聞いたことないですよね。時代によって、色んな変化があるという事です。


スポンサードリンク

Q4

アメリカのハロウィンでは、手を使わないでパンを加える、パン食い競争が流行っている。
○か×か?





















答え
×


パン食い競争をやる文化はアメリカにはありません。しかし、水の入ったたらいにリンゴを浮かべ、それを手を使わないでとる「リンゴ食いゲーム」が行われています。

パン食い競争は知ってますけど、リンゴは日本ではあまり馴染みが無いですね。アガサ・クリスティの小説の中にも、そういったゲームをする様子が書かれています。



Q5

ハロウィンの言い伝えでは、夜にリンゴを食べて、そのまま鏡をのぞくと、未来の結婚相手が鏡に映ると言われている。
○か×か?

























答え



あくまでも都市伝説なので、本当に映るわけではありませんが、古くから世界中で言われてきた噂です。白雪姫が毒リンゴを食べて眠ってしまうお話がありますが、海外ではリンゴという食べ物は、何か魔法のような力があると信じられているそうです。

この噂の他にも、夢の中で未来の旦那さまに会える日、なんて言われてたりもするんですよ。



Q6

世界的に有名な曲、マイケルジャクソンの「スリラー」。あの曲のプロモーションビデオは、ハロウィンをイメージしてつくられた。
○か×か?





















答え
×


スリラーで登場するのは「ゾンビ」。幽霊や魔女をモチーフにしているハロウィンとは趣向が違います。

クリスマスソングは、世界的に有名な曲も沢山ありますが、ハロウィンで世界的な曲ってあんまり多くないんです。
日本でも、ハロウィンソングって少ないですからね。


スポンサードリンク

Q7

映画「アナと雪の女王」のモチーフになっているのは、ハロウィンである。
○か×か?























答え
×


音楽だけでなく、映画作品でも、ハロウィンをモチーフにしたものはすごく少ないんです。アナ雪も当然そうではありません。

ただ「キャスパー」というファンタジーコメディは、しっかりとハロウィンが描かれている有名な作品です。
日本でいうところの「ひな祭り」のようなイベントですから、やはりそういう話もちゃんと描かれているんですね。



Q8

ハロウィンの日に一番近い日本の祝日は、「文化の日」である。
○か×か?























答え



ハロウィンは10月31日。そして文化の日が11月3日。すごく近い日程ですね。
10月11月はあまり祝日が多くないので、おのずと文化の日が一番誓うことになります。

その他の近い祝日は、体育の日が10月の第二月曜日、勤労感謝の日が11月23日になっています。




終わりに

いかがだったでしょうか。

マルバツクイズなので何かしら正解はできたと思います。でも、ちゃんと知識として知っている問題ってそんなに無かったのでは?
日本ではしっかり定着しているわけではないイベントなので、今後日本中で広まっていくと良いですね。


その他「小学生向けクイズ」記事一覧

トモブログのクイズ記事でした。


スポンサードリンク

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ