ポケモンがアメリカで人気の理由とは?アニメの変更点は?

ポケモンの海外人気は
もはや言わずもがなだと思いますが、

「ゲーム」だけではなく
「アニメ」も一大人気ですよね。


今回は、
ポケモンがアメリカでヒットした背景を、
アニメ、ポケットモンスターを主軸に
まとめてみました。

スポンサードリンク

アメリカ人向けに改変を加えた


「ゲーム」より先に「アニメ」を放映

日本では、
まず赤緑シリーズのゲームがヒットし、
その後、アニメ等の様々な媒体にも進出しましたが、


アメリカではその順番を変えて、
ゲームをアニメ放送の後に出しました。



理由としては、
ゲームの内容がアメリカ人に受け入れられるかが分からず、
売れるかどうかも分からない在庫を
大量に作るわけにもいかなかったため。


そして、
アメリカの子供たちにアニメを見せたところ、
とても評判がよかった

というのが決め手になりました。




たしかに、8ビットのゲームから入るより、
アニメの映像を使ったほうがキャッチーな感じがします。

アニメなら、
ゲームにはないスピード感みたいなのも出せますし、
より受け入れられるのが早かったというのも納得です。



そして、
アニメ放送を開始した3週間後に、
ゲームが発売
になりました。




ソフトの色は「赤・緑」ではなく「赤・青」

日本では、最初に「赤・緑」が発売されましたが、
アメリカではそれが

「赤・青」
に変更されています。



これを知った時、
僕はてっきり「フシギバナに人気が無かったのか……」
と、最初に緑バージョンをプレイした者として、
若干ブルーな気持ちになったのですが、


そうではなく、本当の理由は、
アメリカに敬意を評すため、

星条旗の色に変えた
ということです。



イキな計らいじゃねえかあああああヽ(`Д´)ノ


じゃ、イタリアで発売するなら、
赤・緑のままだったのかな?

スポンサードリンク

「ミュウツーの逆襲」のセリフも改変

映画「ミュウツーの逆襲」を見た方は
一部共感してくれる人もいると思いますが、

あれなんかはまさに、
「分かりづらいからこそ良い」みたいな感じも受けます。
(そう思うのって僕だけ?)


その点においても、
アメリカ向けに変えたようで、

アン・アリスン氏が書いた
「菊とポケモン グローバル化する日本の文化力」
では、

日本でのポケモン全体のイメージは、
「やさしさ」だ。

一方、米国ではもっと鮮やかで、
輪郭をくっきり出し、

またより大規模に、よりにぎやかに行われた。


とあります。

アメリカの場合は、
日本のような絶妙な侘び寂びの空気感より、
分かりやすさや、ダイナミックさが欲しいのでしょうね。



さらに、

戦いをやめるミュウツー側の理由と結末をはっきりさせるだけでなく、
「道徳的メッセージ」も加えた。

ミュウツーが自分がやったことは間違っていたと認め
少年がほかのものたちの幸せのために進んで自分を犠牲にしたことを
道徳的によいとする点が強調された。


なるほど。


僕が日本人だからなのでしょうが、

個人的には、
ミュウツーを完全な悪役にはせず、
戸惑いながらも愛に目覚めていく過程が好きなんですけど、
たしかにそれじゃあ分かりやすくはないですよね。



小学生の時に、
この映画を見に行ったんですが、

たしかにその時は、哲学的すぎて
「……深い話だった……よく分かんなかったけど」
みたいな感想しか言えませんでしたしw


なので、善悪をハッキリさせた方が、
分かりやすさは上がるでしょうし、
アメリカ映画を見ていても、
きっとアメリカ人の多くは、ヒーローが大好きなんだろうな
って印象も受けますので。



ちなみに、劇中のBGMも、
アメリカ用に作り直されています。


スポンサードリンク

まとめ

以上を簡単にまとめると、

・ゲーム発売より先にアニメを放映した

・ソフトは星条旗の色にちなんで「赤・青」を発売した

・映画のセリフを、より善悪がはっきり分かるように改変した

という感じです。


大きな部分は変わっていませんが、
細かい部分で、しっかり国民性を理解している、
という印象を受けます。


アメリカでも、
「ポケモンと一緒に青春を過ごした」という人がいっぱいいるのでしょうね。



以上、アニメの変更点等についてでした。


他にも、
アメリカで大流行した理由について、

「ポケモンカードの一大ブーム」に関してと、

「ポケモンのキャラクターの魅力」
の記事も書きました。
よければ読んでください。


以上です。
読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ポケモンショック事件の原因について&ポリゴンのアニメでのその後 

ポケモンショック(ポリゴンショック)と言われる騒動の その原因、その後のポリゴンのアニメとの関わり方 についてまとめました。また

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

「おはスタ」山ちゃんが卒業。その19年の歴史をまとめました

約19年間、山寺宏一さんが司会を務めたおはスタの歴史を 僕の感想を交えながら簡潔にまとめました。また、番組をやる上で掲げていた山寺

記事を読む

no image

「ニャースのあいうえお」でしゃべるようになった由来があった

アニメのポケモンのニャースが 言葉を話せるようになった理由についてまとめました。アニメでの展開上の理由と 脚本家の立場からの理由

記事を読む

no image

ポケモン初代の最強パーティ6匹はこれ&ミュウツーが強い3つの理由

初代ポケットモンスター151匹の中で 最強だと思う6匹のパーティを紹介します。また、伝説のモンスターである ミュウツーの3つの強

記事を読む

no image

ポケモン「ムサシ」の声優について。7回だけ別の人が声当てをしてた

ポケットモンスターの敵役、 ムサシの声優さんについてまとめました。また別の声優さんが代役として起用された話も紹介します。声

記事を読む

no image

ポケモンのカラカラとガラガラの泣ける話。骨のお面やお墓について

シオンタウンのイベントにあった、 カラカラとガラガラの悲しい話、 覚えているでしょうか?初代ポケモンで 一番怖い部分かもしれま

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:アニメ無印編9問。比較的簡単な4択問題

アニメポケットモンスターの無印編に関するクイズを 9問用意しました。4択問題なのでそこまで難しくはありませんが そこまで簡単でも

記事を読む

no image

ポケモンのリメイクレッド・グリーンの4つの変更点、バグの改善など

ゲームのリメイクって結構出ていると思いますが、 いろいろな点が変更するので、 ためらうことってありませんか?その逆に、変更してく

記事を読む

no image

ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

日本での累計売り上げ本数1300万本以上、 世界では4600万本以上という、 世界一売れたゲーム、初代ポケットモンスター。すごい

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲完全版序盤のセリフ集、我ハココニ在リの名言も紹介

ミュウツーの逆襲、映画館で上映された本編も素晴らしいですが、完全版の序盤部分と 続編の「我ハココニ在リ」まで見ると、物語の

記事を読む

no image

ポケモン「ムサシ」の過去のエピソード4つ。母親についてなど

アニメポケットモンスターの敵役、 ムサシの過去のエピソードについて4つまとめました。原作脚本家の首藤さんのお話も合わせて紹介します

記事を読む

no image

ポケモン「コジロウ」過去のエピソード4つ。すごい家柄だった!?

ポケットモンスターの敵役、 コジロウの過去のエピソードについてまとめました。また、原作者の方のロケット団への想いも 合わせて紹介

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想&6つの魅力

僕はこの映画をよく見るんですが、 何度も見返してる人は多い と思いますし、初見で見たばかりの人には、 いつか見返してほしい作品

記事を読む

no image

カスミのポケモンの手持ち・年齢など。ジムリーダーの話も

ポケモンのヒロインといえばカスミ って思う人、結構多いんじゃないかと思います。無印時代のポケモンを見ていた人にとって、彼女は外すこ

記事を読む

no image

タケシがポケモンを降板した理由・再登場シーン・ブリーダーについて

アニポケを見ていた人で、 タケシを知らない人ってまずいないです。一時的に抜けたりはしたものの、 1997年から2010年までの約

記事を読む

no image

ポケモン金銀クイズ9問。やや難しい中級~上級の4択問題

ゲーム、ポケットモンスター金銀バージョンに関するクイズを、 全部で9問、4択形式で出題します。やや簡単な問題もありますが、 かな

記事を読む

no image

ポケモン金銀2つの違いと特徴&ホウオウとルギアの技も解説

ポケモン金・銀バージョンの それぞれの違いや特徴を2つ紹介します。さらに、ホウオウ・ルギア、 最初の御三家の、チコリータ・ヒノア

記事を読む

no image

ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性。 この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて 印象が薄くなっ

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、 ミュウツーの逆襲。今見返しても シビれるセリフがいっぱいです。

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑