ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
ポケモン映画「水の都」を見て、
オシャレな街並み!」と思った人、
多いのではないでしょうか。

内容はもちろんですが、
映像の美しさに心打たれる映画でもありました。

スポンサードリンク

事実だけを見ると、
この映画が、歴代ポケモン映画で興行収入が一番低かったのですが、
(て言っても26億も売り上げたんだけど)


だからといって、
「一番つまらなかった映画」という声はほとんど聞こえませんし、
むしろ「一番好きなポケモン映画」という意見も多く見られます。


で、あれってどこか実際の場所がモデルになっているのか
映画の映像とどのくらいリンクしているのか
気になったのでまとめてみました。




モデルになった舞台

まず、モデルになっている場所は、

イタリアのベネチア(ヴェネツィア)で、


実際に、水上タクシーゴンドラに乗ることができ、
車やバイクは走っていません


また、映画の冒頭でサトシたちが
水上レースをするシーンがありますけど、
あれとは少し違いますが
ベネチアでも毎年ボートレースが行われています



監督をされている湯山邦彦さんは、
ベネチアを舞台に選んだことについて語られています。

ベネチア行ってみて思ったんですけども、

結局ベネチアって世界で唯一の都市なんですよ。

似たような街がなくて
ベネチアといろいろ変えてみようかと思ったんですけども、
やってみたら、
ベネチアの雰囲気がそのままそっくり出たかなと思います。

引用:http://www.d2.dion.ne.jp/~s_hashi/02butai.htm



5420558389_c717b424ec

路地を走り回るシーンで、
サトシとピカチュウを俯瞰で追うだけでなく、
サトシ・ピカチュウ目線で路地を行く演出がありましたけど、

あれはベネチアの街がモデルだからこそ映えるシーンだと思います。


子供の頃って、抜け道とか近道になんかワクワクしましたけど、
日本の住宅街でそういう道ってあんまりないですよね。


でも、ベネチアの街には、
実際に細く入り組んだ道が続いていて
こんなにこの映画にピッタリな街は他にないのかもしれません。


スポンサードリンク

「ヨーロッパ」を感じるBGMの演出

BGMを担当されているのは、
アコーディオン奏者のcobaさん。


だいぶ前の話題になっちゃいますが、
現在のおしゃれイズムの前番組、
おしゃれカンケイの「16小節のLOVE SONG」というコーナーで、

BGMのアコーディオンを弾いていた方でもあります。


個人的に、アコーディオンの外見とか音の感じとかって、
なんとなく洋風な感じがしていたんですが、

調べてみると、やはりアコーディオンはヨーロッパで生まれた楽器で、
cobaさん自身も、
ヨーロッパのイタリアでアコーディオンの修行をしていたそうです。



余談ですが、
この映画のサウンドトラックは今でも人気で、
アマゾンでは定価より高い値段が付いているにも関わらず、
ロングセラーで売れ続けています。

近所の中古CD屋さんで、
580円で購入した俺は勝ち組だぜ(プチ自慢)


スポンサードリンク

まとめ

以上を簡単にまとめると、

・モデルになっているのは、イタリアのベネチア

・ベネチアの雰囲気を、ほとんどそのまま映像化している

・実際に水上タクシーやゴンドラが走っていて、毎年ボートレースも行われる

・BGMで使われているアコーディオンも、ヨーロッパ生まれの楽器

という感じです。


ちなみにあの映画から、
ポケモン映画は海外を舞台にした作品が増えるのですが、
まさに「世界のポケモン」って感じですね。


日本が舞台ではないので、
なかなか気軽に聖地巡礼ってわけには行きませんけど、

イタリアに行く機会があったら、
この映画のサントラを聴きながら、
ベネチアの街を散策して歩きたいものです。



関連記事
ポケモン「水の都の護神」ラスト、キスしたのはカノン?ラティアス?

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想。美しさを感じる映画


その他ポケモンの関連記事一覧

以上です。
読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:ポケモン  [コメント:2]

コメントは2件です

  1. チキ より:

    確かに、良い曲が多いです。
    私もbook-offで500円でサウンドトラックを見つけて買いました(笑)。
    中古でもそんなに高いとは知りませんでした。
    これらの記事ですが、とても詳しく、面白くポケモン映画について考察されていて、読んでいてとても面白いです。
    いつも読ませていただいております。

    • サイト管理人 より:

      チキさん、コメントありがとうございます。

      ネットだと基本高いんですよね(^_^;)
      お互い安く購入できてラッキーでしたね!
      「謎の少女、再び」をはじめ、心地よいアコーディオン調の曲も多くて僕も好きです。

      ポケモン映画好きの人と感動を共有したいという想いがあるので、
      そう言ってもらえると嬉しい限りです!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ