貿易摩擦とは?わかりやすくアメリカと日本の関係を解説

先生の説明聞いても、教科書読んでも、
言ってる意味がよくわかんない!
ってこと、結構ありますよね。

教科書に関しては、
正直「分かりづらっ…」と思う事ばかりでしょう。

スポンサードリンク

今回は、「貿易摩擦とは何か?」について、
塾で8割以上の生徒の点数をアップさせてきたこの僕が、
(うさんくせえw)
少なくとも教科書よりも分かりやすく解説します。


とはいえ、
あなたに「理解しよう」という気持ちがなければ、
ていねいに説明したところで分からないので、
そのつもりで読んで下さいね。




輸出・輸入のバランスの悪さが原因

まず、貿易摩擦とは、
輸出と輸入のバランスが悪くなることで起こる、
経済的な問題のこと
です。



実際に、日本とアメリカで起こったケースで説明します。


1980年代、日本は安くて性能の良い自動車や、
コンピュータ・航空機・さらにオレンジや牛肉などを、
アメリカに輸出していました。


→を使って表すと、
日本 →たくさん輸出→ アメリカ

という感じ。


当然そうなると、
アメリカは、輸出したもらった物の分のお金
日本に渡します。

日本 ←たくさんのお金← アメリカ




しかし、米国は当時、
あんまり外国に輸出できるようなものが無かったので、
ニッポンには少ししかアメリカからの輸入品がきませんでした

日本 ←ちょっぴり輸入← アメリカ



ニッポンはちょっとしか輸入品をもらっていないので、
当然その分、払うお金も少なくすみます。

日本 →ちょっぴりのお金→ アメリカ




そうなると、
貿易を通して、日本にはたくさんお金が入ってきますが、
アメリカはお金が出ていく一方
です。


繰り返しになりますが、
この輸出と輸入のバランスが取れていない状態を、

貿易摩擦といいます。



日本からしたら、
お金がいっぱい入ってきてハッピーですが、
アメリカ側はお金が無くなって行くので、
不満が爆発。


サッカーで例えると、
前半で日本が10対0で有利に立ち、
後半は日本が11人全員で守りを固め、
1点もアメリカに入れさせないような状態です。

サッカーなら、別に反則ではありませんが、
「貿易」の場合だと、
お金が無くて生活に困る米国人がたくさん出てきてしまうので、
なかなか問題なのです(まあ反則ではないけど)。

スポンサードリンク

おこなった3つの対策

さてでは、このバランスを元に戻すためにはどうすれば良いでしょうか?


生徒にこの質問をしてみた答え。

「そんなの無視すればいい」
ダメです。もっとアメリカ人に優しくして。

「とりあえずお金をあげる」
それはやりすぎ。日本に得がない。

「なぐさめてあげよう」
心のバランスはとらんでいい。

当然ですがどれも違います。



正解:主な対策な3つです。


① 日本からの輸出量を少なくする

アメリカ側からの輸入の量をいきなり多くするのは難しい。
なのでアメリカは「日本からの輸出減らしてよ」
とお願いする訳です。

日本からしたらちょっとイヤな交渉かもですね。
「こっちは良い物作ってるのになんでさ!」
的な不満も出ました。



② アメリカが、自分の国で物を作る

ニッポンの車は安くていい物ばかりでしたが、
アメ車だってニッポンにはない良さがあります。

だから、自分の国での生産も頑張ろうととしました。

① に比べて、これは積極的で良い対策ですね。


また、
日本の商品を、アメリカの工場で作る
ということもしました。

そうすることで、仕事がなくて困っていたアメリカ人の仕事場が増え、
結果として経済が良くなるわけです。



③ 輸入をしやすくする

関税といって、
輸出したり輸入したりする時にかかるお金があるのですが、
そのお金を安くして輸入をしやすくしたり、

アメリカ側の「もっとウチの物輸入してよ!」
というリクエストに答えたりして、
できるだけ輸入の量を増やしてあげようと努力しました。


もちろん、全然いらないものを売りつけられても買いはしませんけどね。


現在までに、アメリカが貢献してくれた輸入品の1つは
医薬品。

普通では治せないような難病の薬などを始め、
僕やあなたが普段飲んでいる風邪薬なんかも、
元をたどればアメリカが作った物だったりします。


「ザ・世界が仰天」ってテレビ番組で、
たまに難病を持った人の話を特集してたりしますが、
あのVTRってたいてい海外が舞台ですしね。

スポンサードリンク

まとめ

以上を簡単にまとめると、

・貿易摩擦とは、輸出と輸入のバランスが悪くなることで起こる、
経済的な問題のこと


・日本は輸出を減らしたりして、バランスをとった

・アメリカは、日本への輸出を増やしてバランスをとった

・その他、日本の商品をアメリカで作った

という感じです。



今現在は、
ニッポンとアメリカの間に、
目立った貿易摩擦は起きていません。
つまり、解消されています。

これも、一昔前の年代の人達が、
バランスを取ろうと努力した結果です。


というか、今は
米国人の方が日本よりもお金持っているイメージですよね(^_^;)

日本が苦しくなったら、
きっと今度はアメリカがニッポンを助けてくれることでしょう。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

本州四国連絡橋の覚え方、テストに出やすいポイントも紹介

テスト前の暗記ってキツイですよね。最初はちょっとやる気でもどんどん頭に入らなくなるし、 睡眠不足で試験にのぞむのもあんまり良くない

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑