ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性
この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。

前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて
印象が薄くなってしまいがちな作品ですが、
やっぱり見返してみると、
ジーンとくる場面がいくつかありました

スポンサードリンク

「自己存在」から「共存」がメインテーマに

前作では、コピーポケモンのミュウツー達が、
「自分とは何か?」を問う内容の作品でしたが、

ルギア爆誕は
「共存」がテーマになっています。



脚本家の首藤剛志さんのコラムを読むと、
ミュウツーの逆襲では出ていなかった
「自分とは何か?」という問いかけを、

ルギア爆誕で「共存」という形で
2作を繋げて描いたということを知りました。


また、コラムには
首藤氏が思う「共存のあり方」も
書かれていました。

僕の考える共存とは

自分の自己存在を尊重し、
自分の思い通りの生き方をして、
なおかつ、気がつけば他の人(生物)も、
一緒に生きている
ということなのである。


引用:http://style.fm/as/05_column/shudo197.shtml


さすが脚本家というか、
アーティストっぽい考え方です。

僕も、気質としてはアーティスト的な考え方をするので、
ここはとても共感しました。


この映画で出てくるキャラクターのほとんどは、
そういう意味での「自己主張」の強い人達でしたし。



深層海流をベースに、
火の神(ファイヤー)・雷の神(サンダー)・氷の神(フリーザー)と、
海の神(ルギア)を「自然のバランス」と比喩して、
世界規模での「共存」を入れてくる演出、

見事です。




キャラクターみんなを主役級に

さらにこの作品で首藤氏は、
「ロケット団を主役にしたかった」
と言っています。


しかし、サトシとピカチュウの活躍を
見に来ているであろう観客を前に、
悪役を主人公に台本を書くわけにはいかないので、
結果「登場キャラクターみんなを主役級に描こう」
と思ったそう。



たしかに、どのキャラクターも個性的で際立っています。


唯一、ケンジだけは、
大人の事情でのタケシとのトレードだったので
(そこら辺についてはこっちの記事に書きました)
あんまり引き立つ書かれ方をしてない感じがしましたが、

カスミ・フルーラ・サトシママ・
そしてロケット団などは、
みんなサトシピカチュウと同等の見どころシーンがありましたから。


相手に「あんたが主役だ」と口にする台詞は、
裏で「実は私が主役だ」という意味を持つ場合がある。

だからこそ、
どこから見ても主役に見えるサトシに、
「あんたが主役!」というロケット団トリオは切ない。

引用:http://style.fm/as/05_column/shudo205.shtml



ドラえもんだと、
なぜか映画の時だけジャイアンがいい奴になりますが、
ポケモンでもロケット団に対して同じことが言えそうです。


とくにこの作品は、
中盤の彼等のカッコ良さが目立ちますし。
ルギアの体から手を放して、
氷の地に落ちていく場面は、

サトシと一緒に
「ロケット団~~!」
ってなりましたもの(@_@。




カスミとフルーラの関係

アニメヒロインのカスミと、
映画ヒロインのフルーラの関係も、
見ていて良かった(^o^)丿


最初のフルーラのサトシにキスするシーンと、
それを「はっ!?」みたいに見るカスミ。

2人とも、
サトシに恋愛感情は無いんだけど、
なぜか女の戦いが始まっちゃう感じは、
すごいいい演出でした。



特に劇中で良かったのは、
フルーラがカスミに、自分の(大切な?)オカリナを渡そうとし、
サトシを助けに行こうとする場面で、


カスミが、

これはあなたの笛。
あなたの役目。

あいつは私の厄介者。ね? 


と言って、
固い握手を交わすシーン。

「姉さん達、カッコいいっす!」
と思わせてくれました


また、フルーラとサトシが、
「フルーラさん」
「サトシくん」
と、さん付けくん付けで呼び合ってたのに対し、

カスミは終盤のシーンで、
「フルーラ!」
呼び捨てで呼んでいたのが印象的でした。


今回の危機を通して、
2人は何かを超えたんだなー(変な意味じゃないよ(^_^;))
としみじみ思いましたし。




サトシママの最後の言葉

首藤氏のイメージでは、作っていくうちに
「ルギア=女」というイメージになっていったそう。


「女にした方が良かった」とはっきり思ったのは、
声当てが山ちゃん(山寺宏一)に決まってからだったので、
結局は男っぽい声になりましたが、

たしかに、「海の神=男」より、
「海の神=母」という方がしっくりきます。


そしてラストのサトシママのセリフ。

サトシが世界を救うために無理をしたことに対し、

それがなんなの!
あなたはまだ子供なんだから無茶はダメ!

世界を救う?
命がけでする事?

サトシがいなくなったら、
サトシの世界はもう無いの。

私の息子はもういないの。

あなたがいるから、世界はあるの。



「自己存在」と「共存」というテーマの答えが、
このセリフに込められてる気がします。

スポンサードリンク

飛行艇が壊れたあとのジラルダン

これを見ていた当時、
ちょっと謎だったのが、
ラストシーンのジラルダンと、
彼の足もとに落ちたミュウのカード


この意味は一体??
と思っていたんですが、
それもコラムの中に書かれていました。

ジラルダンは、
一回手に入れたコレクションには、
もう興味が無いという設定で、

ジラルダンは自分の登場する最後のシーンに幻のポケモン、
ミューのカードを見て微笑みすら漏らす。

おそらく彼は、
次のポケモンのコレクションの対象を
ミューにしたのだろう。


地球が壊れようと宇宙が消えようと、
彼の自分本位な欲望には関係がないのである。


引用:
http://style.fm/as/05_column/shudo199.shtml


とのこと。


僕はてっきり、
最後のシーンのジラルダンのほほ笑みは、
「やっとコレクターの重圧から解放された」
的な、毒が抜ける表情かと思っていたのですが、

実際描きたかった演出は真逆だったんですね(^_^;)



その3年後の映画
「水の都の護神ラティアスとラティオス」
のエンディングシーンでは、

刑務所に入っている
悪役2人(ザンナーとリオン)が、
図書室でジラルダンの飛行艇の絵を見て、
何やら悪だくみしている場面があったのですが、

「わがままな奴はどこまで行ってもわがまま」
って書き方なんですね。


「俺は間違っていたよ」
と安易にならないことは、
僕にとっては魅力的な演出です。




おわりに

公開されたのは1999年。

当時小6だった僕は、「共存」がテーマの
この2作目の劇場版ポケットモンスターを、
一人で観に行ったのを覚えています(@_@。


前作の「ミュウツーの逆襲」も観に行きましたが、
それは2回上映を見たのですが、
「ルギア」に関しては1回見たら満足って感じでした。


それは自分の中で、
「ミュウツー>ルギア」
って感じだったんだろうと思っていたのですが、

あらためて見返してみると、
ちょっとその気持ちは変わり、


ミュウツー:自己存在への答えが分からない→もっかい見なきゃ
だったのに対し、

ルギア:自己存在の答えがなんか分かった気がした→満足
という事だったのだと思いました。


物語的には、
「ミュウのカードが出てくる」というくらいしか、
繋がりは無いのですが、

深い所にあるテーマと、その答えは、
2作は繋がっている
と言えます。
(厳密に言えば3作目のエンテイも)


なので、
ミュウツー→ルギアと続けてみてみると、
またちょっと違う感動を味わえました。



その他ポケモンの関連記事一覧

以上です。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

「ポケモン無印編」を視聴できるAmazonビデオの、料金や利用方法など

サトシ・カスミ・タケシが旅をしていた 279話までの無印編がAmazonビデオにて配信開始!その料金や視聴方法、 また神回と言わ

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:初代ゲーム編10問。比較的簡単な4択問題

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウバージョンに関する クイズを10問用意しました。すごく簡単な訳ではありませんが 超むずでもない

記事を読む

no image

ポケモン初代の最強パーティ6匹はこれ&ミュウツーが強い3つの理由

初代ポケットモンスター151匹の中で 最強だと思う6匹のパーティを紹介します。また、伝説のモンスターである ミュウツーの3つの強

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲完全版序盤のセリフ集、我ハココニ在リの名言も紹介

ミュウツーの逆襲、映画館で上映された本編も素晴らしいですが、完全版の序盤部分と 続編の「我ハココニ在リ」まで見ると、物語の

記事を読む

no image

ポケモン裏設定6つをアニメから厳選。サトシのママ・父親の話など

アニメ版ポケットモンスターの裏設定を6個まとめました。個人的に「へえ、そうだったんだ」と 思えるものだけを厳選しました。で

記事を読む

no image

ポケモンがアメリカで人気の理由とは?アニメの変更点は?

ポケモンの海外人気は もはや言わずもがなだと思いますが、「ゲーム」だけではなく 「アニメ」も一大人気ですよね。今回は、

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想&6つの魅力

僕はこの映画をよく見るんですが、 何度も見返してる人は多い と思いますし、初見で見たばかりの人には、 いつか見返してほしい作品

記事を読む

no image

ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

日本での累計売り上げ本数1300万本以上、 世界では4600万本以上という、 世界一売れたゲーム、初代ポケットモンスター。すごい

記事を読む

no image

ポケモンタケシの年齢や手持ち・おねえさん好きの理由など

タケシに思い入れのある人って 地味に(?)多いでしょう。約13年という長い期間、 アニメシリーズを牽引してきたキャラクターですし

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、 ミュウツーの逆襲。今見返しても シビれるセリフがいっぱいです。

記事を読む

no image

ポケモン「ムサシ」の過去のエピソード4つ。母親についてなど

アニメポケットモンスターの敵役、 ムサシの過去のエピソードについて4つまとめました。原作脚本家の首藤さんのお話も合わせて紹介します

記事を読む

no image

ポケモン映画の「水の都の護神」、モデルの場所・BGMについて

ポケモン映画「水の都」を見て、 「オシャレな街並み!」と思った人、 多いのではないでしょうか。内容はもちろんですが、 映像の美

記事を読む

no image

ポケモン「コジロウ」過去のエピソード4つ。すごい家柄だった!?

ポケットモンスターの敵役、 コジロウの過去のエピソードについてまとめました。また、原作者の方のロケット団への想いも 合わせて紹介

記事を読む

no image

ポケモン赤緑、リメイク版とGB版の4つの違い。技の増加など

「ポケモン赤緑シリーズをもう一回やりたい!」 って衝動に駆られた人、 多いんじゃないかと思います。僕もその一人です!ミュ

記事を読む

no image

ポケモンショック事件の原因について&ポリゴンのアニメでのその後 

ポケモンショック(ポリゴンショック)と言われる騒動の その原因、その後のポリゴンのアニメとの関わり方 についてまとめました。また

記事を読む

no image

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察。アイツーについてなど

僕がこの映画を観に行ったのは、 サトシと同い年の10才の時。以来、定期的に見返しては、 大切なものを再発見できる映画です。

記事を読む

no image

「おはスタ」山ちゃんが卒業。その19年の歴史をまとめました

約19年間、山寺宏一さんが司会を務めたおはスタの歴史を 僕の感想を交えながら簡潔にまとめました。また、番組をやる上で掲げていた山寺

記事を読む

no image

おはスタのレイモンドの事件の噂と、その信憑性についてまとめてみた

ネット上で、 「レイモンドが事件を起こした」的な噂が流れてますね。どんな噂か知らない方もいると思うので、 その内容と、信ぴょう性

記事を読む

no image

ホウオウとルギアの関係性は、ポケモン金銀の「昼と夜」をイメージ?

ポケモンの金銀や、 ハートゴールド・ソウルシルバーを象徴するポケモンの、 ホウオウとルギア。彼等2匹の「関係性」について 知っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑