ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手
近年の活動をまとめました。

2013年に行われた
高山選手とのリマッチについても書いています。

スポンサードリンク

2002年以降の活動

ドンフライ選手で一番人気のある試合は、
なんといっても2002年の高山戦!
あれはホントに熱かった!

さて、その後の彼の活動をまとめてみました。


・PRIDE・K-1などでの試合

その後は、プライドにて柔道家の吉田秀彦さんや
アームレスラーのゲーリーグッドリッジさん等と2003年に対戦。

K-1の総合ルールにて、
曙選手とも対戦し、見事勝利。

2008年には、ミノワマン選手に一本負けを喫しましたが、
安定の男気溢れる試合を見せてくれました。


総合格闘技での表立った活動は2011年で止まっていますが、
プロレスラーとしてはその後も活躍されています。


UFCというアメリカの総合格闘技の団体のトーナメントで優勝しているのですが、
彼が本当になりたかったのは総合格闘家ではなく、プロレスラー。

高山戦があまりにも熱かったので
総合の選手なイメージな相当強いのですが、
レスラーとしての彼もめちゃめちゃ活き活きしてます!



・タレント活動&牧場経営も

主な生活はハリウッド近郊で暮らしており、
CMや映画などに出演することもしばしば。

アリゾナ州で牧場経営も行っていて、
牛と馬を育て、食用肉として売っています。



彼のキャラクターで牧場経営って
めちゃめちゃイメージ通りだと感じるのって僕だけでしょうか(笑)

ワイルドな自然が映える男なイメージです。


CMなどのオファーがあるのもうなずけます。

あれだけ個性的な「男塾」キャラが定着しているわけですから
男らしさを売りにしたい商品だったら、
是非彼を起用したくなります
ね!

スポンサードリンク

2013年に高山善廣と再戦

多くの格闘技ファンの胸を熱くさせた高山戦ですが、
あまり知られていませんが
彼らは2013年にもう一度試合をしています。

あの時とはルールの違う「プロレスのタッグマッチ」という環境で、
「ドンフライ・武藤敬司」ペアと、「高山・河野真幸」というコンビで。

結果はドンフライペアの勝ち。
2002年のあの時と同じで、高山さんは負けてしまいました。



でも、プロレスの盛り上げ方なのでしょうが、
始まった直後には、プライドのあの試合を彷彿とさせる
2人のお互いの頭を押さえての打ち合いを見せてくれました。

試合から生き方を見せてくれた2人ですから
この再現は嬉しい限りでした。




終わりに

生き様を感じる試合をする選手というのは
そう多くはありません。


いたとしても、その団体をけん引するために
チャンピオンになるくらい強い選手が多いものです。


フライさんは、プライドでもK-1でも
特にチャンピオン戦線に加わっていた選手ではありませんでしたが、
それでも生き様を感じられるというのは
すごいことだと思います。


40を過ぎても、色々体の節々を痛めても
当然のように現役を続ける彼の生き方はやっぱりカッコいいですね。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。引退後も精力的な活動をされています。ジ

記事を読む

no image

京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン 京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。さらに、K-1で活躍していた頃の 僕が思う彼

記事を読む

no image

青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と 元K-1ファイターの魔裟斗さんの、格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の 引退試合について・現在の活動・ それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さ

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績また、彼の握力がどれくらい規格外なのか

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑