青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と
元K-1ファイターの魔裟斗さんの、

格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

スポンサードリンク

① 格闘技への考え方

両者ともそのジャンルで
日本人70kgのトップといって過言ではない実力を持っていましたが、
格闘技に対しての考え方はかなり異なる印象を受けました。


青木さんは「夏休みの続きのような感覚」

青木さんは
「夏休みの続きをしているようで、なんか申し訳ない」
という旨の発言をしています。

簡単に言うと
「好きを仕事にしている」タイプの人ですね。

色んな責任を背負った上で闘ってらっしゃる訳ですから
好きを仕事にって言っても
決して気楽なものではないでしょう。

大変なことも多いと思います。


でも、半日ずっとトレーニングをしていて、
どうしたらもっと技術が向上するのかを考えながら日々過ごす時に
そのジャンルが心から好きって思えながらやれるのは
個人的にはうらやましく思います。

そのあくなき探究心が強さにもつながっているはずです。



魔裟斗「一番つらい道を行くのが成功への近道」

魔裟斗さんは、
格闘技は好きだけど、
それ以上に「苦しくても乗り越えてみせる」
というタイプの人。

「努力型」「目標達成型」と言い換えてもいいでしょう。

2008年の早い時期に
「今年は優勝するって決めちゃったんです」と発言し、
有言実行の美学で世界王者に返り咲いたのが印象的でした。


目標をはっきりと決めなくても
自然展開的に道が開けてしまうタイプの人もいますが、

彼はしっかりはっきりと目標を立て
それに対して人の何倍も努力をして頑張る
というやり方が性にあっているのだと思います。

スポンサードリンク

② 有名になりたいか

スポーツをしていても、
有名になりたい人、なりたくない人に分かれますよね。


「下の世代に夢を見て欲しい」と思う魔裟斗さん

世間的な認知度でいえば
青木さんより魔裟斗さんの方が知名度は高いでしょう。


別に魔裟斗さんは「とにかく有名になりたい」
というタイプの人ではないですが、

「K-1をメジャーにするためならなんだってやる!」
という確固たる決意の元、
ドラマやバラエティ番組に多く出演するように。


現在も新生K-1の解説などで活躍されていますが、
個人的には「彼の解説があると倍楽しめる」と思えるほど
素晴らしい的確な解説をされています。

格闘技に限らず、本当にこの人は努力の人なんだなーと感じます。


そうして成功されている彼ですが
「下の世代に夢を見て欲しい」という気持ちから
現役時代はオシャレな格好をしている場面が目立ちました。

現役を引退された今も
「体型が変わったらファンは悲しむ」という想いから
現役時代以上の筋肉のある体をキープされています。



青木「家族が生活できて、自分がやりたい事をやれればいい」

青木さんがおっしゃっていたのは

「家族が生活できて、子どもが学校行けて、
僕が好きなこと出来るだけのお金があればいいんです。」

ということ。

有名になりたいという願望は無く
試合の時だけ輝ければそれで十分という考え方。


格闘家としての強さだけで考えれば
魔裟斗さんくらい世間的な知名度があったって
なんら不思議じゃない実力がありますが、
ご本人はそれは望んでいない訳で、

ある意味で職人気質のような空気感を感じます。


いち格闘技好きの僕からすると
「こんなすごい選手をみんな知らないなんてもったいない!」
という気持ちもありますが、

そのコツコツと取り組んでいくスタイルもまた
青木選手らしい
と言えます。


彼の有名な試合と言えば
廣田選手や、コスプレファイターの長島☆自演乙☆雄一郎選手の
大晦日の試合だと思いますが、

「あくまでも自分のスタイルを貫く」という確固たる気持ちがなければ
少なくともあの2試合はああいった展開にはならなかったと思います。

スポンサードリンク

③ 引退後のプラン

選手時代よりも、その人の個性がより濃く現れるのが
引退後どういった生き方を選ぶのかということ。


魔裟斗「格闘技の発展に貢献していければ」

魔裟斗さんは引退後に
K-1エグゼクティブプロデューサーに就任。

それを辞任した際も

「広い意味で格闘技の発展に貢献していければと思います」

引退しても格闘技に関わろうとする姿勢を感じる発言をされています。


現在も解説者をされていますし、
彼が「この選手はすごい」と若い選手を称賛することで
「あの魔裟斗が認める選手なのか」と
1つの大きな基準としてその人を見ることができ、

そういう意味で、彼ほどの力と知名度を持った人が
今後もK-1に関わり続けてくれることは
本当に大きな財産
だと思います。



青木「引退したら格闘技には関わりたくない」

青木選手はインタビューの中で
「引退後は田舎でのんびり暮らしたい」という旨のことをおっしゃっています。

引退後も、格闘技に関わろうとする人は多く
ジム経営をしたり、解説をしたり、イベントを立ち上げたりする人もいる中で
彼はそうじゃない選択肢をするんだなーと思いました。


たしかに、プライヤーとして大きな才能があったとしても
指導者やプロモーターとしての才能は全く別のもの。

そして例えそこに才能があったとしても
「自分がやりたいことか」と言えばそうとも限らないでしょう。


引退後はスパッと切りかえるというのも
生き方の1つ
ですから。

     

終わりに

異なる部分を3点にまとめて書かせてもらいましたが
1つ大きく共通しているのは
「家族を大切にしている」
という点。

父親ですから当然と言えば当然なのかもしれませんが
彼らの発言や言動などから
家族への愛情がいつも伝わってきます。



ただ、教育論で異なるのは
青木さんは「子供にも格闘技をやらせる」とおっしゃっていて
魔裟斗さんは「絶対やらせない」とおっしゃっていること。


トップアスリート同士ですが
考え方が色々違うというのはとても面白いです。

それぞれかなり異なる考え方なのに
世界のトップクラスで戦えるというのは
あらためて正解は1つじゃないんだと思いました。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン 京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。さらに、K-1で活躍していた頃の 僕が思う彼

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。引退後も精力的な活動をされています。ジ

記事を読む

no image

把瑠都(バルト)選手、格闘技転身!相撲時代の功績をまとめました

元大相撲力士で 総合格闘家に転身されたバルトさんの関取時代の功績や幕内での優勝経験、 横綱白鵬関との戦績などについてまとめました

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む

no image

ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の 引退試合について・現在の活動・ それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さ

記事を読む

no image

ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績また、彼の握力がどれくらい規格外なのか

記事を読む

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手の 近年の活動をまとめました。2013年に行われた 高山選手とのリマッチについても書いています

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑