「ご近所物語」7つの好きな場面。ツトムや実果子・バディ子など

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
久しぶりにご近所物語を読み返したんですけど、
もう連載から20年近く経つのに、
全然古さを感じない!

今回は、その感想と考察をしています。

スポンサードリンク


7つの好きなところ

好きな場面はたくさんあるんですけど、
個人的に、特に印象深いシーンを7つ挙げます。


①実果子が恋を自覚

序盤こそ「ツトムはただ隣に住んでる奴」
的な感じでしたけど、
自分の気持ちに気付いてからの彼女が好きでした。

カブに乗ってる勇介に、
「ツトムの本命って 誰?」
って聞いて、

「そんなのおまえに決まってんじゃん」
って言われた後の同様っぷりとか、
すごい可愛かったw



あたしの左の胸の奥は
ドキドキしたりズキズキしたり
そして時々キュンて鳴く
これが恋ってやつなんだね

矢沢マンガは、各話の締めに
ラブソングの歌詞みたいな心のセリフを入れますけど、
この言葉は特に染みました。



②歩の、勇介への片思い

普段は大人しそうな感じだけど、
勇介のことになると熱くなるところが好きでした。

そして、一人で抱え込むタイプでもあって、
悲しそうにしている彼女にも共感。


バディ子と勇介が元サヤに戻れたあと、
学校の屋上で泣きながら、

「よかったネ」「田代くん」

……だめだ…言えないや…
どうしよう…困ったな……
笑って言えるはずだったのにな…
どうしよう……
って言ってたのが印象的でした。


バディ子の別荘に泊まった時も、
勇介への気持ちが溢れて泣いていましたし。




③バディ子と勇介の別れ

他のキャラがしっかりしすぎているためか、
バディ子が浅はかな感じに見えてしまいましたが、

「学校辞めて彼氏とも別れて、自分の道を探す」
彼女は、すごく大人でした
ね。


辞めることを、弟と彼氏以外誰にも話さず、
立つ鳥跡をにごさず去っていく場面は、
読んでて悲しかったし、


勇介の、
てめぇの明日も見えねぇのに
おまえとの未来に保証なんかできない
幸せに…なって下さい
ってセリフにグッときました。


スポンサードリンク


④ツトムの愛情

ヒロインが父親のことを思い出して泣いている時も、

実果子……
会いに行こう

大丈夫だよ
居場所はおれが探し出してやるから!
おまえの親父だって会いたいに決まってる!
誰にも言わないから…
心配いらないから!
一緒に会いに行こうな……

と言ったり、


ママが倒れて病院にいる時も、

おれはその……まだ半人前だし
なんともしてやれない事もあるかもしんないけど
でも 1人で悩むよりは
2人のがいーじゃん?

と、もうすでに「家族の一員」かのような
優しい言葉をかけてます。


まあ、ある意味で、
物心ついた時から家族
ですからね。



⑤委員長との友情

番外編で、中学時代を描いた
「カラフル」という話の中に出てきた委員長。

目立たないタイプの彼女が、
実果子に対して

モノトーンの群からはぐれた
フルーツキャンディーみたいな女の子
いつも窓の外ばかり見てた
瞳の奥に七色の夢を宿して……

って言ったセリフが印象的でした。




⑥キラキラ星人の優しさ

イケメンアシスタント、如月星次(きさらぎせいじ)も
キャラが立ってましたねww

アシスタントというよりは、
「家政婦(家政夫?)」兼「心の癒し」みたいなキャラでしたが。


同じクリエイターとしての道を進むヒロインに対して、
一度はキツイことを言う彼でしたが、


今一番大切にしたいと思うものを
精一杯守ればいい
それもひとつの大きな勇気だよ
とアメとムチを使い分けてたあたり、
さすがキラキラ星人。



⑦ 実果子とパパママの家族愛

父親の写真展に「櫻田実果子」と書き残し、
それに気付いた父が
海に来て彼女と抱擁したシーンは大好きです。


その後、家族が絆を取り戻し、

パパとママの
『「ごめんください」じゃなくて「ただいま」かな』

『おかえりなさい』
って名言も良かった。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

ヒロイン実果子の特徴

やっぱり物語の顔であるヒロインがどんな人なのかで、
面白さも変わってきます。

彼女の特徴を4つほど挙げてみます。


①芸術家

奇抜なファッションで
我が道を行くタイプ。

これが一番基本にあるキャラだなーと思います。


ジュディアンドマリーが好きな設定ということもあり、
ファッションとか体の大きさとかYUKIさんにちょっと似てますね。

最近だと、きゃりーぱみゅぱみゅさんを見るたび、
「実果子っぽいなー」と思います。



②傷付いた少女

幼いころ両親の離婚があって、
頼りない母親の分まで頑張ってはいるんだけど、
「本当は誰かに支えてもらいたい」ような
弱い一面も持ってましたね。


ツトムに対しての気持ちもそうですけど、
父親へのファザコンも、
徳ちゃんへのブラコンも、

「女だけで頑張らないと」という気持ちの裏にある
「支えられたい」という繊細さを感じました。



③強がり

留学のことで星次にキツイこと言われた時も
「くやしい!」ってなってましたし、

自分を奮い立たせる時に
ファッションが奇抜になるというのも
良い意味で「強がってる」感じでした。


でも、この感じは
ツトムとの関わりの中で薄れていって、

リサに冷やかしで、
どうだった?オトナになった感想は
と訊かれた時、

オトナになったとゆーより
コドモに戻ったみたく素直な気分だよ
と「もう意地を張らなくていい」
という、肩の荷が降りたような柔和さがありました。



④恋する女子

本来は生粋のアーティストタイプなのに、
留学と恋愛で悩んでいた時に、

あたしの乙女モードは
全開になってしまった

浜田先生 校長先生 ごめんなさい
あたしやっぱり
ツトムのそばにいたい

と言った彼女は
完全に乙女ですね。

バディ子にも、その変貌ぶりを驚かれてましたし。


決断としては留学を選んだ訳ですけど、
別に「夢>恋」ってなった訳じゃなかったと思います。

夢を選んだ彼女が正しい訳でもないし、
恋を選んだリサが間違ってる訳でもない
ですから。



ツトムを
恋しいと思うのは当然なんだ
寂しさとか せつなさは
乗り越えてなんかいかなくていい
受け入れて 抱えながら
歩いていけるようになれればいい

留学している時、
泣きながら思うこの言葉も好きでした。




おわりに

矢沢あいのマンガと言えば
NANAと天ないが有名なので、
この作品は少々影に隠れてしまいがちですけど、

最後は明るい気持ちになれる
ポップな作品です。


しばらく読んでないという人は、
久しぶりに読み返すと、
きっとあったかい気持ちになれます
よ。


以上です。
読んでくれてありがとうございます。 


スポンサードリンク


  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:作品  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ