「超速スピナー」最終回までの全あらすじまとめ。霧崎マイ・北条院等

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
コロコロコミックの作品って、
最後の結末を知らないものって多いです。

年齢が上がって途中で買わなくなったりしますし、
コミックも古本屋ではあまり売ってなかったりするので。


今回は、
1998年ごろから連載されていた
「超速スピナー」全7巻ラストまでのあらすじと、
印象に残っている名言などをまとめました。

スポンサードリンク

ストーリー

①ヨーヨーとの出会い

主人公の堂本瞬一は、
スポーツ万能の小学生。

ある時、
「ヨーヨー狩りをしてる奴を倒してほしい」と頼まれ、
そいつ(弁慶)と対戦して見事勝利。

しかし!
そこに通りかかった長髪の少年(北条院聖斗)に、
ロングスリーパー対決で完敗。


「ヨーヨーが上手くなりたい!」
と思った主人公は、
なるみ屋(おもちゃ屋)で偶然出会った中村名人に、
「ヘビーブレイン」なる重っっったいヨーヨーをもらい、

見事ヨーヨーの基礎力が劇的に向上。


北条院を倒すべく、
ジャパンチャンピオンカーニバル大会への
出場をもくろみます。



②ジャパン大会出場

当日参加枠をかけ、
ループザループの勝ち残り戦で参加枠ゲット。


2回戦では、
“ワープスピード”霧崎マイにスピードでボロ負けするも、
終盤で追い上げて勝利。


準決勝はサーカス団の息子、小暮宙太と対戦。
試合中に、車いすに乗っていた彼の弟が転倒。
それを見て動揺した小暮がトリックをミス。

堂本は自分に渇を入れ、決勝進出。


決勝はもちろん北条院。
瞬一が肘に大きなケガをしていたため、
急遽試合内容を「ロングスリーパー対決」に変更。
(北条院が変更を提案した。なんというイケメン)


しかし、結果は北条院が優勝

燃え尽きた堂本は、一時ヨーヨーから身を引く。



③日本代表メンバーに選出

主人公、身を引いてる間に肘のケガを完治。

中村名人から「ハイパードラゴン」を渡され、
再び練習再開。


そこで瞬一が覚醒します。
ループザループは1秒間に8.2回もでき、
伝説の「8の字ループ」もいつの間にかマスター。


晴れて、日本代表(THPジャパン)のメンバーに選ばれ、
合宿地でトロッコを動かしたり、
大衆の前でトリックをプレイしたり。

最終試験で、
自分達のアンドロイド「ポルックス」と対決して、
そこで「超フライホール効果」を起こし、
限界を超えて勝利。


しかし、研究員の一人「黒岩」が、
裏切り行為に出てポルックスを回収。

同じ代表メンバーの輪刃と桜庭も黒岩サイドに付いていきます。



④世界大会出場

ダンスダンスレボリューションをオマージュした
ダンスミュージック対決では、
小暮がセンターに立ちブラジルに勝ちます。


準決勝の1対1のフリースタイルは、
北条院がドイツ代表を挑発し、

普通のヨーヨーのストリングスを噛み切って
ヨーヨーをコマのように扱う「オフストリングスプレイ」を展開。
(言うまでもなく、現実では不可能)


そのまま勝利した決勝戦
現れたのは、メンバーだった輪刃と桜庭。

両手で8の字ループもできるようになってて
ほとんど無双状態。


さらに!
悪者の大将が現れて、
ポルックスを使って世界征服をしようと企んでいました。

しかし、そのポルックスを造った博士がやってきて、
電磁パルスでアンドロイド達の動作を停止させます。


そして、堂本と北条院は完全にヨーヨーとシンクロを起こし、
「8の字ループ」の軌道をさらに横に傾け
「∞(無限大)ループ」を披露。

見事勝利!


その大会が行われていた島ごと破壊されますが、
主人公たちはみんな脱出成功。


一番ラストの場面は、
なるみ屋で弁慶が弱いものをいびっているところに
日本代表メンバー達が現れ、

「その勝負おれが買おうか?」
と主人公が成敗して終了。



コロコロ作品ではお約束の
「現実離れした技の数々」
を随所で堪能できましたww


スポンサードリンク

印象的な名言5個

スピナーはストーリーも去ることながら、
言葉のカッコ良さも目立ちました。

個人的に印象に残っているセリフを5つほど。


1.北条院聖斗

なるみ屋の前で、
初めて瞬一とロングスリーパーの対決をして、
彼が勝った後のセリフ。

これが真のスピナーとの実力の差です。

中盤からは完全にいい奴なんですけど、
第1話ではなぜか超イヤミな奴という設定でした(^_^;)



2.霧崎マイ

主人公と霧崎が戦った際、
余裕を見せてる堂本に対しての彼女の言葉。

笑わせないで。

あの不敵な表情が怖かわいかった(@_@)//



3.夢宮りあん

ジャパン大会が終わって、
ブランクを取り戻すため学校休んで練習に励む瞬一。

学校で、
「なんであいつ3日も来ないんだ!?」
という空気になってる時に、
彼女が言った言葉。

わたしは知ってるよ。
タイムマシン造ってんのよ、アイツ。

なんという良き理解者(@_@。


霧崎が変化球な魅力なのに対し、
りあんは正統派ヒロインって感じです。



4.堂本瞬一

日本代表メンバーの前で
あの「8の字ループ」をやってのけた後、
彼が名称を訂正してこう言いました。

ドラゴンループ!!そう、ドラゴンループだ!!

なぜカッコ良く改名したし。


余談ですけど、
一見「8の字」って難しくなさそうなので
僕も何度かチャレンジしてみたんですけど、
当然のようにできませんでした。

…そりゃ伝説の技なんだから当たり前か。


同じように挑戦してみたって人、
結構いるんじゃないでしょうかw



5.中村名人

物語最後のクライマックスシーン。

敵キャラの黒岩が彼に言います。

おれは、おまえのその瞳がきらいだ。
たかがヨーヨーごときに瞳をうるませ、奪われ、
よろこびに満ちたその瞳がな。

まるでガキだ!


それに対し、名人はこう言いました。

そういうおまえはどうなんだ?
なぜ、サングラスで瞳をおおった?


おたがい、大人になりきれてないようだな。


カッコいい!

やっぱりコロコロ漫画は
これくらいイキったこと言ってくれなくちゃね!


スポンサードリンク

作者のその後は?

原作者は「橋口たかし」さん。

スピナー終了後は、
まず「週刊少年サンデーS」にて、
1997年より4年間
「ウィンドミル」というソフトボールマンガを執筆。

その後、2002年から5年間
「週刊少年サンデー」で、
料理マンガ「焼きたて!! ジャぱん」を連載。

2004年から1年半アニメ化もしていました。


その後は、2008年から
同じく「週刊少年サンデー」で、
医療漫画「最上の命医」を長期連載。

2011年には、斎藤工や池内博之主演でドラマ化もされました。



コロコロコミック出身の作者さんで、
こんなに世間的に大出世される人も珍しいです。
(別に他の作家さんを批判してないですよ、念のため(^_^;))

スピナーは子供の頃本当に好きだった作品なので、
その漫画家さんが他のジャンルの物を描いたら
こんなにヒットするんだなーと思うと、
あの頃の僕の目に狂いはなかった訳です(上から目線)。



いわばコロコロマンガを卒業した作家さんなので、
もうヨーヨーの物語を描くことはないでしょうけど、
こうして今も第一線で活躍してくれるのは嬉しいですわ。


あと、完全な余談ですけど、
「学級王ヤマザキ」を描いていた樫本学ヴさんが、
2010年から2年間
「キメルのYOYO!」というヨーヨー漫画を連載していました。

少し読んだんですけど、
ヤマザキの絵でヨーヨーって
ちょっと不思議な感じでした(^_^;)




おわりに

この作品が終わったのは世紀末の2000年。

随分と長い年月が経ちましたけど、
おもちゃ屋に行くとヨーヨー自体はまだまだ見かけます。


もちろん、当時ほどの大ブームはもう来ないと思いますけど、
これをたまに読み返すと、
またプレイしたい衝動に駆られますww


僕もまた、大人になりきれてないんだな(^_^;)



関連記事

学級王ヤマザキの最終回の話まとめ。おばば様やワタナベ、きさきなど

以上です。読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:作品  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ