京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン
京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。

さらに、K-1で活躍していた頃の
僕が思う彼の強さを3つ紹介します。

スポンサードリンク

ボクシング日本王者に!

2010年の大晦日、ゲガールムサシ戦を最後に
彼はK-1での試合は行っていません。


その後の彼は、一時プロレスに参戦したものの
すぐに、本名の「藤本京太郎」名義でボクシングに転向

そこからしばらく連勝を重ね、
6戦目の東洋太平洋ヘビー級王座決定戦では敗れはしたものの
8戦目には日本タイトルを獲得。

見事ボクシングの日本王者になりました。


その後、幾度も日本王者のベストをかけた戦いをし
防衛しています。


2015年までの戦績は、12勝1敗。


人それぞれ意見はあると思いますが
個人的な感想を言えば、
K-1ヘビー級のチャンピオンって
ボクシングでも相当通用するんだな、すごいな!って気持ちです。

まだ彼は世界タイトルマッチをしているわけではないので
世界のトップ戦線に食い込めるかどうかは分かりませんが、
日本でトップクラスにいることは間違いないですね。


よく、「K-1選手がボクシングに転向しても通用しないだろう」
という声も聞きますが、
そりゃ世界チャンピオンになるのはすごく難しいかもしれませんが
こんなにも通用するものなんだなー!と。



日本タイトルがかかった試合を拝見させてもらって
なかなか僅差で甲乙つけがたいのような試合もありましたし、
キック時代の戦い方とは当然距離感から何から違うのに

それでもあのカウンターパンチは健在で戦っていて
見ていて嬉しくなりました。


彼の以前のインタビューで
「蹴りなしというのは、
今まで『ナイフとフォーク』を使っていたのが
『ナイフだけ』で戦え
と言われているような感じ」

という旨のことを表現されていて、
やっぱり似て非なるものなんだなーと感じていましたが
その、ナイフだけを使う戦いが
今は完全に身についてる様子でしたね。

スポンサードリンク

京太郎選手の3つの強み

K-1時代も含めてですが
彼のファイトスタイルの強みを3点挙げてみます。


① カウンターパンチ

相手が攻撃しようとした瞬間に
小さく放つパンチがよく当たっているなーという印象です。


素人目に見ると
そんな小さいパンチで効くの?ってくらい小さいパンチだったりしますが、

パンチが強いことで知られるメルヴィンマヌーフ選手相手でも
(当時彼は前田慶次郎という名前でした。そっちの方が覚えてる人もいるかも)
相手がきた瞬間にポンっと右ストレートを当てただけで
KOすることができた訳です。


そのタイミングと的確に急所をとらえる正確性は大きな武器でしたね。

上記でも書きましたが、これはボクシングでも健在でした。



② ディフェンス力

当時世界最強と目されたセームシュルト選手との対戦時


正直僕は、どこかで倒されてしまうかと思っていましたし、
リングを足を使ってヒットアンドウェイをするやり方も
あれだけ大きな相手では通用しないと思っていました。

しかし、判定で敗れこそしたものの
ほとんど大きな攻撃を3ラウンドとももらうことはなく
あのシュルト氏相手にすごいディフェンス力だな!
と感心させられました。


試合後のインタビューでおっしゃっていたのですが
まともに効いたのは三日月蹴り一発くらいだったそう。


僕の印象ですが、
ボクシングはキックより間合いが近いので
あのリングを右に左に足を使う感じは
今は見られない
ですね。

スポンサードリンク

③ タイミングを合わせたローキック

ダイナマイトでのゲガールムサシ戦。

パンチで勝負をしてきたムサシ選手相手に
そのパンチに合わせて左のインローを蹴っていく
そのタイミングの良さにビックリしたのを覚えています。


解説の魔裟斗さんも
1ラウンドの最初の30秒くらいで
「もう京太郎選手のインロー効いてますよ」
と言っていたのが印象的
でした。

その試合は2ラウンドの後半でダウンをとられ
惜しくも負けてしまいましたが、
「順当に行けば勝てた試合だったのにもったいない!」
と画面の向こうですごく悔しかったのを覚えています。


その他、マイティモー戦でもローを徹底的に効かせ
判定勝ちしていましたし。


当然ですが、
ボクシングで蹴りは無いので
きっともうこれは見られないのでしょうね(^_^;)




終わりに

ヘビー級ではないのですが、
日本のクルーザー級(約90キロくらい)の選手で
西島洋介さんというボクサーがいました。

彼もK-1などで活躍していたので
K-1好きの方ならご存知の方も多いと思います。


西島選手と京太郎選手、どっちの方が強いかという議論をネットで目にしました。


完全な素人意見ですが
階級は違えど、世界レベルで戦っていた西島選手の方が
ボクシングテクニックはあるのでしょう。


そしてK-1ルールなら京太郎選手の方が実績がある訳で、
日本人だとなかなか勝てないとされる重量級で
実績を上げることは本当にすごいこと
だと思います。


是非いつか、西島選手を超えるようなボクサーになってもらいたいものです。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。引退後も精力的な活動をされています。ジ

記事を読む

no image

把瑠都(バルト)選手、格闘技転身!相撲時代の功績をまとめました

元大相撲力士で 総合格闘家に転身されたバルトさんの関取時代の功績や幕内での優勝経験、 横綱白鵬関との戦績などについてまとめました

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の 引退試合について・現在の活動・ それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さ

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手の 近年の活動をまとめました。2013年に行われた 高山選手とのリマッチについても書いています

記事を読む

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む

no image

ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績また、彼の握力がどれくらい規格外なのか

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と 元K-1ファイターの魔裟斗さんの、格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑