あの花の龍勢祭りとは?埼玉県秩父市で開催、豪華声優陣も参加

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の
第10話「花火」で、
超平和バスターズが作った花火が打ち上げられていました。

「龍勢祭り」はそのモデルになっているお祭りです。

スポンサードリンク

めんまを成仏させるため、
みんなでバイトしてお金を貯め、
花火職人の人に頭を下げ、
そこから色んなことがあって、
 
戸惑いの気持ちを抱えながら打ち上げた花火
 
 
あのシーンは、何度見ても切ない気持ちになります。

 
あの花は、
埼玉県秩父(ちちぶ)市がモデルになっているアニメですが、
 
その花火の場面は、
龍勢祭り(龍勢祭)
というお祭りがモデルになっているんです。

 


龍勢とは?

龍勢祭り(りゅうせいまつり)は、
埼玉県秩父市で、
毎年十月の第二日曜日に行われているお祭りです。
 
 
そこで毎年打ち上げられているのが、
龍勢」という名前の花火です。
 
 
実際にその花火を打ち上げている様子。

秩父吉田龍勢祭りより
 
 
あの花で打ち上げられた花火そっくりです。
(これがモデルなんだから当たり前ですけど)
 
そして、いわゆる「普通の打ち上げ花火」とは
だいぶ見た目も違いますね。
 
 
龍勢は、「花火」でもありますが
手作りロケット」でもあります。
 
 
毎年、秩父市の吉田地区の地域の人々を中心に、
手作りでロケット構造の花火を作っているのです。
 
 
 
名前の由来ですが、
昔は夜に龍勢を打ち上げられており、
その様子がのようだったことから
流星と名付けられ、
 
 
また、そのロケットの勢いが速く、
空高く上がる様がのような勢いだったことから、
龍勢という文字になりました。
 
 
 
龍勢作りには、現在27もの流派(団体)があり、
毎年30本もの龍勢が打ち上げられます
 
 
龍勢の大きさは約15~18m
重さは約30~40kgにも及び、
それを、各流派の人たちが1年越しで作っていくのです。
 
 
製作期間自体は1年と長いですが、
本格的に作り出すのは約1か月前から
 
 
超平和バスターズは、ひと夏で花火を作っていましたが、
花火職人さんの協力もあれば、
現実的にも可能な期間なのかもしれません。
スポンサードリンク

地域活性化のために再開された花火作り

龍勢祭りは、
400年以上の伝統があると伝えられており、
毎年のように行われてきたお祭りですが、
昭和37年~46年の数年間は中止していたそうです。
 
 
理由としては、
時代の変化により、
農業を営んでいた人々会社勤めをするようになり、
龍勢を作るのが難しくなったことが大きいようです。
 
 
元々龍勢は、農民によって伝えられてきたもの
時間がとれないという問題だけでなく、
農家から離れてしまっては、
やる意味を見出すことも難しかったのかもしれません。
 
 
結果として、
龍勢祭りが無くなっていた期間は、地域の活気が減少。
 
 
そして、地域の活性化のため、
もう一度龍勢が見たいという意見が出始めました。
 
その結果、龍勢保存会が立ち上げられ、
再び龍勢祭りが開かれることになり、現在に至っています。
 
 
 
個人的な意見ですが、
この話は、「あの花にちょっとだけ似てるなー」
って思いました。
 
 
あの花では、少年時代は仲が良かったのに、
めんまとの別れを機に自然消滅してしまった超平和バスターズが、
めんまのお願いを叶えよう」という想いから、
再び結束を深めていきます。
 
 
そこで行ったのは、
みんなで花火を作ること
 
 
「花火作ろう」と張り切っていたけど、
結局作ることができなかった小学生時代。
 
 
その願いを叶えるために、
もう一度花火を作ろう」と立ち上がった超平和バスターズの姿と、
 
地域の活気を取り戻すため龍勢祭りを再開した方々に、
どこか近しいものを感じます。
 
 
 

近年は、超平和バスターズの声優陣も毎年参加

アニメの放映が始まった2011年からは、
毎年あの花の声優さんが龍勢祭りにゲスト出演しており、
 
龍勢点火前に、
そのお祭り伝統の口上(観客への挨拶)を語ってくれます。
 
 
2011年は、めんま役の茅野愛衣さん、
2012年は、つるこ役の早見沙織さん、
2013年は、茅野さんとぽっぽ役の近藤孝行さんが来てくれました。
 
 
いちあの花ファンとしては、
そんなコラボレーションがあることが感無量です。
 
 
じんたん役の入野自由さん、
あなる役の戸松遥さん、
ゆきあつ役の櫻井孝宏さんも、
どこかのタイミングで来てくれるかもしれませんね。



以上です。

具体的な開催場所や交通手段などは、
こちらの記事にまとめました。



以上です。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

あの花小説(上下巻)ノべライズでの4つの変更点、手紙の内容など

アニメでも映画でもドラマでも、 「原作と全然違う」と思った経験、ありませんか?それが良い方向に転がる場合もありますし、 「そのオ

記事を読む

no image

「あの花」じんたんの父親についてのまとめ。職業についてなど

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」こと、 あの花の主人公の宿海仁太のお父さん(宿海篤)、 個人的には大好きです。僕

記事を読む

no image

あの花の小説版、アニメとの4つの違い、めんまのお願いなど

媒体が変わると、内容も大きく変わる作品ってありますよね。僕はあの花のアニメと小説、両方に触れてみて、 結構アニメと異なる部分も多い

記事を読む

no image

あの花のじんたん父の髪型の設定についてなど

じんたんパパ(宿海篤)で印象的なシーンといえば、物語中盤で、 初めて帽子をとる場面を浮かべる人も多いでしょう(^_^;)ゆ

記事を読む

no image

唐津くんち2015の日程、囃子の動画や、宿泊先のオススメも紹介

南日本の8大祭りの1つと称される、 唐津くんち。秋の少し涼しくなってきた時期に、 日本の風流なお祭りの空気を感じられるというのは

記事を読む

no image

笑点の観覧の倍率や宛先など。応募はハガキの方が当選しやすいです

サザエさんやちびまる子ちゃん同様、 2014年現在も日本の日曜の顔、笑点。一度は観に行ってみたいですよね。でも、いざ送

記事を読む

no image

佐賀のバルーンフェスタ2015の日程は?宿泊ホテルのオススメなど

子供と一緒にでも楽しめる大イベント、 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ。大きな気球がたくさん飛んでいくその姿は、 大人が見

記事を読む

no image

「あの花」龍勢祭りの開催住所や時間・交通手段など

深夜アニメって、 なかなか一般の人は馴染まないことが多いですが、   あの花は、老若男女問わず人気の、 色んな人が見られる

記事を読む

no image

長崎くんち2015の日程は?宿泊先や観光地のオススメも紹介

西日本の8大祭りの1つである 長崎くんち。西に住んでいる人はもちろんのこと、 日本人なら一度は生で見たいお祭りです。長崎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑