ピーターアーツの現在の活動&ハイキックの3つの強さ・引退について

K-1全盛期に活躍をしていたピーター・アーツ選手の
引退試合について・現在の活動
それと、かれのトレードマークでもあるハイキックの強さの秘訣
3つにまとめました。

スポンサードリンク

引退試合

アーツは、「これが引退試合です!」という試合は行われておらず、
「体が続く限り闘う」というタイプの人。


なので、「事実上の引退試合」と言うことになりますが、
まず大きなイベントだと、
2014年5月にドバイで行われたグローバルFCでデューウィー・クーパーと対戦。

試合が始まって早々に右足にダメージを負ってしまい、
最後までキレのある攻めをすることができず、結果はドロー



そして日本のイベントだと、規模は少々小さかったのですが
2014年10月、『2014全日本空手道選手権大会』にて
あの往年のライバル、アーネストホーストと対戦。

ホースト選手はなんとこれが復帰試合でした。


そして結果はホーストの判定勝ち

僕も試合を見たのですが、
互いに40代、ピーク時の強さはお互いなかったかもしれませんが、
他の選手より数倍はあるであろう経験値と、
闘うことの素晴らしさを感じさせる熱い試合でした。



2014年以降は新生K-1が日本で復活し
新しい盛り上がりを見せているのですが、
90年代からK-1をメジャーなジャンルに引き上げてくれたアーツには、
イチ格闘技ファンとして頭が下がる想いです。



なお、2013年にGRORYという団体で
「引退試合」と銘打って行われたことがあった
のですが、

それはピーターサイドの意見ではなく、
プロモーターの方で「日本で最後の試合としてPRさせてほしい」
と言う打診があり、それを彼が承諾したという経緯があり、
本当の引退とは異なるということを付け加えておきます。

スポンサードリンク

現在は、アマチュア格闘家育成に励んでいる

近年の彼の活動ですが、
2015年より「PETER AERTS SPIRIT」という、
アマチュアの格闘家が出場する大会の主催者の1人として活動されています。

元k-1プロデューサーの谷川さんもメンバーの一人で、
今後の有望な若手の発掘が期待されます。



また、彼の娘さんもキックボクシングをやっていて
「将来的には自分がコーチをすることになるだろう」
という旨のコメントもしているので、
「親子での格闘技参戦」なんてのもありえますね!

あれだけ才能のかたまりのような存在だった彼の娘さんは
どれほどの選手になるのか、楽しみなところです。


アスリート全般に言えることですが、
そのジャンルの大変さと過酷さを知っているだけに
「子供にはこの競技をやらせたくない」という意見もよく聞きます。


魔裟斗さんはテレビ番組の中で
「娘には格闘技を絶対やらせない」
「顔が痛くてボコボコになるって、男でも嫌なのに!」
とおっしゃっていたのですが、

アーツ氏はその点肯定的なんですね。

考え方の違いって面白いものです。

     

アーツのハイキックの強さ

ピーターといえば戦慄のハイキック!ってイメージが強いのですが、
彼がなぜ強かったのか、3つのポイントを自分なりにまとめてみました。


① コンビネーション

今となっては常識的なことなのですが、
攻撃って単発で出しても中々当たることは無く、
コンビネーションを多用する事でガードがしにくくなるのです。

どんなに強い攻撃をしていても当たらなければ意味が無い。

流れの中で最後にハイキックを出す
という仕組みだからこそ、
蹴りでのKOを量産できた
のです。

スポンサードリンク

② 体のパワー

ミルコ・クロコップ選手も上段蹴りの素晴らしい選手ですが、
彼の場合は、スピードが速く、的確に急所をとらえるため
相手は見えないで当たることが多かったのですが、

アーツ選手の場合はそれとは違い、
接近戦でも力負けすることなく、相手の体を押しながら蹴るので
バランスを崩した相手は「見えてはいるけど避けられない」
状態になり、必然的にくらってしまうのです。


日本の澤屋敷選手がトーナメントで対戦した時は
彼はしっかりガードしていたにもかかわらず
ガードの上からのハイキックが効いてダウンを奪われましたし、


レミー・ボンヤスキー選手が戦った時も

解説の魔裟斗選手は
「さっきの試合(バダハリ戦)と違って、
アーツの攻撃が重くてレミーは攻撃を返せない」
と彼のパワーを認めていました。


そのくらいの圧倒的なパワーがあるのです。



③ ハイキック以外の攻撃の強さ

彼が上段蹴りでKOをしたのは、
KO決着の試合のうち、約4分の1程度。


つまり、大半はそれ以外の攻撃で倒しているのです。


もし彼が蹴りに重きを置きすぎて、
パンチや首相撲などを疎かにしている選手だったら
キックも読まれやすくなります。

「蹴りも強いけど、他の攻撃も強い」
と思われてるからこそなし得たこと
でもあるのです。




終わりに

こんなに長く闘っている人は、
おそらくほとんどいないでしょう。

入場曲も覚えていますし、
観客を惹きつけることを意識しているエンターテイナーでもあったので
印象はとても強いです。


彼のスポーツマンとしてのキャリアの終盤は
K-1全盛期の頃より知っている人は少ないと思いますが
こんな素晴らしい人を最後まで見届けないのはもったいないことでもあります。

この記事を通して、
少しでも興味を持ってくれる人がいたら嬉しい限りです。

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

把瑠都(バルト)選手、格闘技転身!相撲時代の功績をまとめました

元大相撲力士で 総合格闘家に転身されたバルトさんの関取時代の功績や幕内での優勝経験、 横綱白鵬関との戦績などについてまとめました

記事を読む

no image

京太郎選手のボクシング転向後の戦績&K-1時代の3つの強さ

元K-1ヘビー級のチャンピオン 京太郎選手のボクシングでの実績を簡単にまとめました。さらに、K-1で活躍していた頃の 僕が思う彼

記事を読む

no image

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の引退から復帰までをまとめてみた

RIZINで復帰を果たす エメリヤーエンコヒョードル選手の、引退した2つの理由・そして復帰の理由について 僕の意見感想も交えなが

記事を読む

no image

レミーボンヤスキー選手の現在&3つの強さと実力

元K-1世界王者、レミー・ボンヤスキー選手の 現在の活動、引退試合の詳細、そして彼が強かった理由について 3つにまとめました。

記事を読む

no image

ヒクソングレイシーのトレーニング&呼吸法。ヒョードル戦の裏話も

「400戦無敗の男」と言われたヒクソングレイシー氏の、 独自の呼吸法・3つのオリジナルなトレーニング法、 そしてヒョードル選手との対戦オ

記事を読む

no image

アーネストホースト選手の現在。復帰戦の相手はピーターアーツ!

K-1で4度の王者に輝いた アーネストホースト選手の現在の活動についてまとめました。引退後も精力的な活動をされています。ジ

記事を読む

no image

アンディフグさんの功績と、彼がくれた感動についてまとめました

K-1グランプリ96で世界チャンピオンに輝いた アンディフグ氏の功績について僕なりにまとめました。彼の最期についても敬意を込めて書

記事を読む

no image

RIZIN(大晦日格闘技)の5つの魅力をまとめてみた。旧PRIDEルールなど

僕が思う、格闘技イベント「RIZIN」の魅力を 5つのポイントにまとめました。コンセプトや特徴・提携のやり方などについて 紹介し

記事を読む

no image

ボブサップ氏の現在の活動と通算戦績&握力はどれくらいなの?

2000年代にK-1などで大活躍をしていた ボブサップ選手の現在の4つの活動やここ数年の戦績また、彼の握力がどれくらい規格外なのか

記事を読む

no image

青木真也さんと魔裟斗さんの3つの違い。自演乙戦の闘い方など

総合格闘家の、世界クラスのグラップラー青木真也選手と 元K-1ファイターの魔裟斗さんの、格闘技に関しての3つの違いをまとめました。

記事を読む

no image

那須川天心選手と武尊選手を3つ比較。高校生活の違いなど

立ち技55㎏を背負う 2人のアスリートについて、 「ファイトスタイル」「所属ジムの方針」「高校生活の違い」 等の観点から比較してみまし

記事を読む

no image

セームシュルト選手は最強だったのか?6度の負けから考察

K-1で4度の王者になり、 当時人類最強なのではないかと言われたセームシュルト選手の立ち技での3つの強み、 そして6回の敗戦のそ

記事を読む

no image

ドンフライ氏の現在。高山善廣氏と2013年に再戦していた!

男塾の塾長で知られるドンフライ選手の 近年の活動をまとめました。2013年に行われた 高山選手とのリマッチについても書いています

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑