ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースやサトシ・ボイジャーなど

歴代ポケモン映画の中でいまだに興業収入が破られていない、
ミュウツーの逆襲

今見返しても
シビれるセリフがいっぱいです。

スポンサードリンク

今回は、この映画の名言を23個厳選してまとめました。




23の映画中の言葉

ここはどこだ?私は誰だ?
私は記憶にないこの世界をいつも夢見ていた。
 __ミュウツー


私は、あの誰かが飛び立っていった世界を、忘れない。 __ミュウツー


僕は当時小学生で、映画を観に行った組ですが、
水の中で大きな泡がブクブクしている中でのこのセリフは、
「…これ、ポケモンのアニメ?」
みたいな、良くも悪くも違和感を感じたのを覚えています。


ちなみに、本来はこのシーンは入れる予定ではなく、
ミュウツーについて紹介を交えた物語を
アニメ本編の中で入れる予定
だったのが、

ポリゴンショック事件が起きたため、放送が一時休止となり、
「ミュウツーとは何者なのか」を本編の頭に差し込んだそうです。


なので、「意図的に重々しい出だしにしてやろう」
という気持ちはなかったんですね。



この世で別の命を作り出せるのは、神と人間だけだ。 __サカキ


お前は人間に作られたポケモンだ。
他に何の価値がある?
 __サカキ


サカキ様登場。
いかにも悪役って感じのセリフですね。


4のセリフの後、
ミュウツーがその言葉に怒って建物をバッコーンと破壊しちゃうんですけど、
初めて映画を見た時は、
「おお、サカキも爆発しちゃった~!」と驚きました。

その後の作品で、普通にサカキが登場したので、
「あの爆発受けて生きてたのか。どんだけ逃げ足速いんだ?」
と思いましたが。



誰が生めと頼んだ?誰が作ってくれと願った?
私は私を生んだ全てを恨む。
だからこれは、攻撃でもなく宣戦布告でもなく、
私を生んだお前達への、逆襲だ。
 __ミュウツー


前半で、一番印象深いセリフです。

子供の頃もそうでしたし、
今も、ここらへんをちゃんと理解するのは難しいです。

ピカチュウがR団に捕まった→ロケット団許せない
的なサトシの気持ちは分かりやすいですが、
「生んだことに対する逆襲」って、中々感覚として捉えにくいのでね。



ポケモンバトル、できるかな? __トレーナー


レイモンドきたああああああああああ
と心の中で叫んだシーン。

山ちゃんのミュウは声色変えてるので全然分かりませんでしたが、
レイモンドは、これで気付かないわけないだろ
というレベルでしたから。


完全版の方では、怪人ゾナーを演じていた森久保祥太郎さんも登場しますし、
ちびっこの人気者を起用してくれるポケモンスタッフは分かってるねー
と思いました。

当時はまだゲーム中に出てきてなかった
ドンファンを繰り出してきたのも印象的でしたし。



海を知りたきゃ、波止場のカモメに聞いてみな。 __ボイジャー


やっぱり止めても無駄ね。
あの子たちはポケモントレーナー。冒険者たち。
止めてやめるような子なら、ここに集まっては来ない。
 __ボイジャー


続いては小林幸子さん演じるボイジャー。

言葉では止めてるけど、
心では達観した感じで応援してるのがかっこいいっす。

ボイジャーさんって結構若くてキレイな人な印象でしたが、
「声だけ渋いな~」と思ったのって僕だけでしょうか。


あと余談ですけど、
ポケモンの世界は「動物は絶滅した」という設定なので、
カモメはいないはずなんですけどね(^_^;)



ちくしょう、このこの離せ!
離せよオレのピカチュウを、離せ!
 __サトシ


10許せない、お前なんか許さない。 __サトシ


11オレは、オレのポケモンを、オレの仲間を、守る! __サトシ


9は、ピカチュウがモンスターボールに入れられて捕まってしまうのを、
無理やり引き剥がそうとする時のセリフ。

10・11はミュウツーに殴りかかる直前の言葉です。


やっぱりサトシはカッコイイですわ。
いかにも主人公気質な真っ直ぐさ正義感と、
ピカチュウ愛を感じます。

9の引き剥がすシーンもそうですし、
ピカチュウを追いかけて
数十メートルの高さから飛び降りるシーンとか、
普通にミュウツーに素手で殴りかかるとか、

さすがはスーパーマサラ人!

スポンサードリンク

12本物は本物だ。
技など使わずに体と体でぶつかれば、本物はコピーに負けない。

 __ミュウ(翻訳ニャース)


この映画で、唯一ミュウが感情的になった(?)セリフ。

個人的には、ミュウは争いを避けながらクスクス笑ってるキャラだったので、
「真っ向から闘うぜ」的な発言をしたことが不思議でした。


それに関しては他の記事でも考察したのですが、
ミュウもまた、自分に似た存在(ミュウツー)を許せなかったのです。





13なんだかんだと言われたら、なんだかなー。
なんだか気の毒で気の毒で、自分で自分をいじめてる。
昔の自分を見るようで、今の自分を見るようで、
やな感じ~。
 __ムサシ・コジロウ・ニャース


14今夜の月は丸いだろうって?
そうだニャー。きっと満月だろニャー。
おみゃーこんな時にお月さまのことなんて、
風流で、哲学してるニャー。
 __ニャース


ロケット団のターン。
ムサシもコジロウもニャースも、こういう時いい意味で消極的ですね。


特に14のニャースとコピーニャースのやり取りは大好きです。

サトシのピカチュウの闘わない状態と違って、
「イタイだろうニャ~」って思って、
なんとなく争いを避ける感じとか、
なぜか見るたび切なくなります。

こういう感じを「侘び寂び」というのでしょう。



15なんなの、この戦い。本物だってコピーだって、今は生きている。
 __ジョーイ


16生き物は、同じ種類の生き物に、
同じ縄張りを渡そうとはしません。

相手を追い出すまで戦います、それが生き物です。 __ジョーイ




普通の子供向けアニメなら、
コピーをおもっきり悪い奴らにして、
「コピーなんかぶっ倒してやる!」的な展開になりそうですが、

「本物もコピーも生きてる、肯定も否定もできない」
という展開。


ここらへんで、小学生時代の僕は、
「う、よく分かんない」となりました。

悪い意味じゃなく、それだけ難しいテーマにぶつかったことは、
ラッキーだったと思いますけどね。



17バカな。人間が我々の戦いを止めた!? __ミュウツー


サトシが石化するシーン
ミュウツーにとっては計算外な出来事。

サトシが命がけで争いを止め、ポケモン達は涙を流していた中で、
ミュウがキョトンとした顔で首をかしげてる様子が印象的でした。



18「ピカチュウ!」「ピカピ!」 __サトシ・ピカチュウ


サトシが生き返るクライマックスシーン
何度見ても泣いてしまう人も多い場面でしょう。

映画館に行った時、
特にポケモン好きではない姉が、
隣で泣いていたのが印象的でした。



19たしかに、お前も私も、すでに存在しているポケモン同士だ。
この出来事は誰も知らない方がいいのかもしれない。
忘れた方がいいのかもしれない。
 __ミュウツー


20「みんな、どこへ行くの?」
「我々は生まれた、生きている、生き続ける、この世界のどこかで。」

 __サトシ・ミュウツー


ミュウツーとコピーのポケモン達が空の彼方に飛び立っていくシーン。
壮大なBGMも相まって、物悲しさのような気持ちが沸いてきます。

普段アニメで放送されてる、
ロケット団の「やな感じ~」で空に消えてくそれとは全然違うw



21「なんでオレ達、こんなところにいるんだ?」
「さあ、いるんだからいるんでしょうねー。」
「ま、いっか。」
「うん。」
 __サトシ・カスミ


22「ポケモンマスターを目指して旅立った日に、
幻のポケモンを見たんだ。そして、今も。」
「じゃあ、また会えるかもしれないね」
「幻のポケモン」
「うん、いつかききっとね」
 __サトシ・カスミ・タケシ


サトシ・カスミ・タケシ3人衆のラストの場面。
個人的に、一番好きなセリフと、二番目に好きなセリフです。

自己存在と差別という重いテーマに対して、
「いるんだからいるんでしょ」という、ライトな答え。

明確に「これが答えだよ」というものがないからこそ、
自分なりの答えを考えたくなるし、だから何度も見たくなります。



23「だけど、これだけなーんも無いと」
「きれいさっぱり」
「いつもと違って」
「いい感じ~~~~~~!」
 __ムサシ・コジロウ・ニャース


一番最後の締めの言葉。
重いテーマが題材でしたがすっきりした終わり方です。



以上、ミュウツーの逆襲の名言でした。

映画で放映されたのはここまでですが、
完全版でのセリフと、
続編の「ミュウツー 我ハココニ在リ」のセリフ集は、
こちらの記事でまとめました。

よかったら読んでね。

スポンサードリンク

終わりに

この映画が上映されたのは1998年

僕の友達はVHS版を買っていましたが、
劣化により再生できなくなったそう(^_^;)
それだけ随分長い時間が経ちました


あの頃は難しくてよく分からなかったけど、
大人になってから見返してみると理解できる部分もあったりします。

しばらく見ていない人は、
是非また見てみて下さい。
また新たな発見があるかもしれませんよ。



その他関連記事

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察、アイツーについてなど


その他ポケモンの関連記事一覧

以上です。
読んでくれてありがとうございます。


スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

ポケモン金銀とリメイク版の4つの違い&クリスタル版とも比較

ポケモンソフト金銀版と、 リメイク版である、ハートゴールド・ソウルシルバー(HGSS)の 違いを4つ紹介します。さらに、 金銀

記事を読む

no image

ポケモンサトシの父親は何をしている?過去の話も紹介

サトシのお父さんが何をしている人なのか それとゲームとの関連性も合わせて紹介します。また、サトシの過去のエピソードも書きました。

記事を読む

no image

ポケモン金銀クイズ9問。やや難しい中級~上級の4択問題

ゲーム、ポケットモンスター金銀バージョンに関するクイズを、 全部で9問、4択形式で出題します。やや簡単な問題もありますが、 かな

記事を読む

no image

「ミュウツーの逆襲完全版」の感想と考察。アイツーについてなど

僕がこの映画を観に行ったのは、 サトシと同い年の10才の時。以来、定期的に見返しては、 大切なものを再発見できる映画です。

記事を読む

no image

おはスタのレイモンドの現在。ゾナー・番長・ジムナスひかる等も

おはスタに出ていた人で 「あの人は今どうしてるんだろう?」 って方々が、何人かいらっしゃいます。特に印象的だったのがレイモンド。

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:初代ゲーム編10問。比較的簡単な4択問題

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウバージョンに関する クイズを10問用意しました。すごく簡単な訳ではありませんが 超むずでもない

記事を読む

no image

ミュウツーの逆襲完全版序盤のセリフ集、我ハココニ在リの名言も紹介

ミュウツーの逆襲、映画館で上映された本編も素晴らしいですが、完全版の序盤部分と 続編の「我ハココニ在リ」まで見ると、物語の

記事を読む

no image

ポケモンが外国でヒットした理由。キャラクターの魅力が鍵

今やポケモンはアメリカをはじめとして、 海外でも大人気ですが、その理由の1つは ポケモンたちの「キャラクター性」にあります。

記事を読む

no image

ホウオウとルギアは「昼と夜」がモチーフ?製作者の言葉から考察

ポケモンの金銀や、 ハートゴールド・ソウルシルバーを象徴するポケモンの、 ホウオウとルギア。彼等2匹の「関係性」について 知っ

記事を読む

no image

ポケモンの都市伝説5つ。ゲンガーの話など赤緑編から厳選

ポケットモンスター赤緑で言われている都市伝説を 5つ厳選してまとめました。メジャーな話からマイナーなものもありますよ。では

記事を読む

no image

ポケモン「ムサシ」の過去のエピソード4つ。母親についてなど

アニメポケットモンスターの敵役、 ムサシの過去のエピソードについて4つまとめました。原作脚本家の首藤さんのお話も合わせて紹介します

記事を読む

no image

ポケモン「コジロウ」過去のエピソード4つ。すごい家柄だった!?

ポケットモンスターの敵役、 コジロウの過去のエピソードについてまとめました。また、原作者の方のロケット団への想いも 合わせて紹介

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」キスはカノン?それとも?

ポケモン映画「水の都」のラストの キスシーン。あれはカノン?それともラティアス? って疑問に思いませんでしたか?公式に出

記事を読む

no image

ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ版 それぞれの違いと特徴

日本での累計売り上げ本数1300万本以上、 世界では4600万本以上という、 世界一売れたゲーム、初代ポケットモンスター。すごい

記事を読む

no image

カスミのポケモンの手持ち・年齢など。ジムリーダーの話も

ポケモンのヒロインといえばカスミ って思う人、結構多いんじゃないかと思います。無印時代のポケモンを見ていた人にとって、彼女は外すこ

記事を読む

no image

「水の都の護神ラティアスとラティオス」感想&6つの魅力

僕はこの映画をよく見るんですが、 何度も見返してる人は多い と思いますし、初見で見たばかりの人には、 いつか見返してほしい作品

記事を読む

no image

ポケモン「コジロウ」声優について&女装のせいで海外で問題に?

ポケットモンスターのロケット団員の一人 コジロウの声優さんについてまとめました。また、コジロウの女装が原因で 海外で少々議論にな

記事を読む

no image

ポケモン裏話4つ、金銀編より。サカキの息子についてなど

ポケモンの都市伝説や裏話などを4つ 個人的に特に良いと思ったものをまとめました。金銀シリーズでの設定を集めたので、 読んでみて下

記事を読む

no image

タケシがポケモンを降板した理由・再登場シーン・ブリーダーについて

アニポケを見ていた人で、 タケシを知らない人ってまずいないです。一時的に抜けたりはしたものの、 1997年から2010年までの約

記事を読む

no image

ルギア爆誕の感想。ロケット団やフルーラ・ミュウのカードについて

冒険活劇の中に見える哲学性。 この映画の魅力を一言で言うとそんな感じです。前作、ミュウツーの逆襲の存在感に隠れて 印象が薄くなっ

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑