算数クイズ難問4題。小学校6年生レベルの難しい問題

小学校で習う算数ですが、
問題によっては結構難しいものもあります。

算数の中で、
かなり難しい問題を、
全部で4つ紹介します。


中学入試に出るレベルのものですが、
普通の算数の知識があれば解けますので、チャレンジしてみてください。

※紙とペンをご用意ください。

スポンサードリンク

全4問

では行きますね。


Q1

1円玉・5円玉・10円玉が、合わせて20枚あります。

合計70円にするには、それぞれ何枚ずつになる?































答え
1円玉:10枚 
5円玉:8枚 
10円玉:2枚


1つずつ当てはめて考えていくしかありません。

ただ、ポイントとして
70円という数字は「0」が付いているので、
例えば「1円玉4枚」などとやってしまうと、
残りの5円と10円では「0」が付く数字を作れません。


全20枚ですから、
1円は、0枚・5枚・10枚・15枚・20枚
のどれか。

どう考えても0枚と20枚は無いので、
5・10・15の3択に絞れます。



もう1つヒントになるのは70円に対するバランス。

10円が20枚なら200円。
5円が20枚なら100円と、いずれも70円をオーバーするので、
1円玉が、4つのうちで一番多い枚数になるという予測が立てれます。


なので「1円玉5枚」も無くなり
10・15のどちらか。



試しに「1円玉15枚」で計算すると、
一番大きくなる数字で
1円×15枚、5円×1枚、10円×4枚で、
答えは60円。

つまり1円玉15枚だと70円に届かないので、15枚説も消えます。

「1円玉=10枚になる」
と分かったら、あとは当てはまりそうな数字を入れていくだけです。



中学入試で出るレベルの問題です。
小学生レベルといえど、そこまで簡単ではないですね。

スポンサードリンク

Q2

「1から7までの数字を1つずつ」使って、以下の空欄を埋めてください。
(1と7はすでに出ているものとして考えてください)


1□□÷7=□□あまり□
































答え
165÷7=23あまり4


いくつかの解き方がありますが、
その1つの解き方例です。


まず、□を記号に置き換えて、
「1AB÷7=CDあまりE」とすると

Aは4・5・6のどれかになります。
なぜなら、2・3を当てはめてしまうと
Cが1になってしまい、1が2つ使われてしまうので
最低でも答えの十の位が1にならない
つまり答えが20以上になる数字が必要なわけです。


なのでABは、
「40~67」のどれか。

そしてそのことから、答えの最初の数字である
Cが2以外入らないことも決定します。
(3以上だと、1ABが210以上じゃないといけないので)

2・8・9が入る数字は当然使えず、
1つしか数字が使えないので続き数字も使えず、
さらにあまりが出ているので、7で割り切れる数字でもいけません。


以上を踏まえると、
「43・45・50・53・56・60・63・64・65」
の9択にまでABを絞りこめました。



ここから1つずつ計算しても良いのですが、さらに考えてみると、
「1・2」はすでに使っているのでもう使えないため、
150~160の間を7で割ると、1の位の数字が1か2になってしまうんです。
(15・16を7で割ったら小さい数字が残るので)

なので、
ABが「43・45・63・64・65」
の5択から計算するのです。

数字が1つずつ使われているのは
65の時しかありません。



他にもやり方はありますが、
基本的には地道にどれが正解なのかを泥臭く探っていくしかありません。

ただ、闇雲にやるのはあまりにも大変なので、
ある程度の予想を立てれることがキーになります。

     

Q3

ジュース1本が120円で、1本に券が1枚付いてきて、
券8枚でそのジュースと交換できます。
(交換したジュースにも券が付いてきます)

最低300本のジュースを買うとすると、
安くていくらになりますか?






























答え
31560円


券なしでジュースを買うとすると
120円×300本=36000円。

最低でもこれ以下になります。


何かしらの数字を当てはめてみます。

30000円分だと
お金で買う分が250本、
券で買う分が31+3+1本。
合計285本。


足りていないので
答えは30000~36000円のどこかになり、
お金で買う本数は
250~300のどこかになります。



260本分買うと、
260+32+4+1=297

かなり近い数字なので
そこから計算していけば263本分が正解と分かり
(263+32+4+1)

263×120円=31560円となります。



注意すべきは、
券で買ったジュースがさらに県が付いているので、
32を足した後の「4+1」を忘れないこと。


「4」までは理解できている人も
「+1」をついつい飛ばして計算してしまいがち。

問題に隠されたひっかけを認識できるのも大切です。

スポンサードリンク

Q4

一郎・二郎・三郎の3人が競争をしました。
1回の競争につき、1位5点、2位3点、3位1点とし、全部で10回行いました。
結果、一郎は合計32点で3位が3回、二郎は合計34点で3位が3回、三郎は2位が5回ありました。

「一郎の1位は何回」ありましたか?





























答え
4回


まず、1回の点数の合計は5点+3点+1点=9点
それが10回ありましたから、
9点×10回=90点となり、

三郎の合計点は、一郎と次郎の点数を引けばわかるので
90点-32点-34点=24点
となります。


2位が5回なので
5点×□回 + 3点×5回 + 1点×□回 = 24点
となり、

当てはまる数字は
5点×1回 
1点×4回
しかありません。



さらに一郎二郎の「3位が3回ずつ」も入れて考えると

一郎:5点×□回 + 3点×□回 + 1点×3回 = 32点
二郎:5点×□回 + 3点×□回 + 1点×3回 = 34点
三郎:5点×1回 + 3点×5回 + 1点×4回 = 24点




ここから残りの数字を当てはめていけば答えも出るわけですが、
一郎と次郎は合計点が近く、若干二郎の方が点数が高いというバランスを考えると、
「二郎の方が1位になった回数が1回多いくらい?」
という見当がつけられます。


なので、
一郎:1位4回 二郎:1位5回と当てはめることができ、

一郎:5×4 + 3×3 + 1×3 = 32
二郎:5×5 + 3×2 + 1×3 = 34


それは合計地と矛盾しない答えになるので、
正解は4回になります。



いくつかの展開があるので
1つずつ鍵を開けていくような地道な気付きが必要です。

問題を穴埋めのように捉え、
何を埋めればよいのかを1つずつ見つけていけるかですね。




終わりに

いかがでしたでしょうか。


小学生でも、中学入試を視野に入れている子は、このくらい、あるいはこれ以上の難易度の問題にチャレンジしています。

子供の頃は算数が嫌いだった人も、
卒業してからやってみると、案外楽しく溶けるものです。


参考文献:「センスのよい脳をつくる 大人の算数パズル」河瀬厚著

スポンサードリンク

同カテゴリー関連記事

no image

暗号クイズ10問。子供から大人までできる面白い問題

暗号のあるクイズを 全部で10問用意しました。ヒント付きで、難易度は中級くらい。 大人から子供まで楽しめる難易度になっています。

記事を読む

no image

難問クイズ問題8つ。正解率8~10%の豆知識問題を紹介

正解率が8~10%の難問雑学クイズを 8題厳選しました。知識だけでなく 想像力が問われる問題ばかりですので 頭を柔らかくして考

記事を読む

no image

地理クイズ11問。小学生から大人まで楽しめる4択問題

小学生から大人まで楽しめるような 分かりやすいけど意外に知らない地理クイズを 全部で11問用意しました。基本は4択形式ですが

記事を読む

no image

あるなしクイズ難問10個。正解率10~30%のひっかけ問題

正解率10~30%の難しめのあるなしクイズを 全部で10問紹介します。ヒントもありますので、 分からない場合は見ながら解いてみて

記事を読む

no image

英語クイズ15問。中学生でも解ける、文章穴埋め問題

日常でよく使われる英語の穴埋めクイズを 15問用意しました。前半10問は4択形式 後半5問は選択なしの穴埋めです。単語自

記事を読む

no image

都道府県クイズ9個。ちょっとだけ難しめの問題です

どこの都道府県のことを言っているのかを ヒントから当ててもらうクイズです。問題は9問。 難易度は中級くらいです。全部で9

記事を読む

no image

ポケモンクイズ:初代ゲーム編10問。比較的簡単な4択問題

ポケットモンスター赤緑青ピカチュウバージョンに関する クイズを10問用意しました。すごく簡単な訳ではありませんが 超むずでもない

記事を読む

no image

「なぞなぞ」幼稚園児向け。簡単な15問+ちょっとだけ難しい10問

幼稚園や保育園くらいの年齢の子向けの 簡単ななぞなぞを計25問用意しました。前半は年少さんの子にも 後半は年長さんのちょっと頭の

記事を読む

no image

水平思考クイズの問題6つ。簡単な5問+難問1題を紹介

比較的簡単な水平思考クイズを5問、 かなりの難問を1つ用意しました。いずれも特殊な知識などが必要な問題ではありません。 中学生レ

記事を読む

no image

ハンターハンタークイズ8問。初級~中級の簡単な4択問題

ハンターハンターに関する比較的簡単な4択問題を 全部で8問用意しました。マニアックな知識は特に必要ありませんが 全問正解するのも

記事を読む

no image

日本史クイズ9問。やや難問の中級~上級の4択問題

日本史に関するやや難しめの雑学4択問題を 全部で9問用意しました。選択形式ですし、専門知識は必要ありませんので、 どなたでもチャ

記事を読む

no image

クイズ問題8個。正解率12~14%の難問雑学を出題

正答率12~14パーセントしかない雑学の難問を 全部で8つ紹介します。かなり難しめの問題ばかりですが、 専門知識は一切必要ないの

記事を読む

no image

ポケモン金銀クイズ9問。やや難しい中級~上級の4択問題

ゲーム、ポケットモンスター金銀バージョンに関するクイズを、 全部で9問、4択形式で出題します。やや簡単な問題もありますが、 かな

記事を読む

no image

国語の問題23個。小学校5~6年で習う、面白い漢字クイズ

小学校高学年で習う漢字に関するクイズを 全部で23問、6つのブロックに分けて出題します。数学や社会などとは違い、漢字は大人になって

記事を読む

no image

地理クイズ10問。やや難問の日本地理を4択形式で出題

中級~上級レベルのやや日本地理の問題を 9問、 おまけで世界地理に関するクイズを1問用意しました。4択形式ですので、 そこまで

記事を読む

no image

小学生高学年向けなぞなぞ20個。簡単な15問+かなり難しい5問

小学校の高学年レベルのなぞなぞを 20題紹介します。前半は比較的やさしめの問題ですが 後半の5問はけっこう難しめです。優

記事を読む

no image

10回ゲームの「逆ひっかけ」問題。ひねった難問を9題厳選 

10回クイズの 「逆ひっかけ」の問題や 「二重ひっかけ」の問題など を全部で 9問用意しました。逆ひっかけとは、 「あえて1

記事を読む

no image

都道府県クイズ10問。小学生から高齢者の方までゲーム感覚で!

全10問の「どこの都道府県か」を当てるクイズを用意しました。けっこう簡単な問題が多めなので 小学校高学年の人から、ご年配の方まで

記事を読む

no image

理科の問題10問。小学校5~6年レベルの面白いクイズ

理科は小学校から習う教科ですが、時間が経つと大半のことは忘れてしまうものです。今回は、小学校5~6年生までに習う理科の問題を、 4

記事を読む

no image

難読漢字クイズ50問。「動物・植物・鳥類・虫・国名」から出題

漢字検定1~2級クラスの漢字のクイズを 全部で50問紹介します。問題はすべて 「漢字の読み」を答えてもらう形式です。では

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑